町人思案橋・クイズ集

アクセスカウンタ

zoom RSS 漢検準1級程度、かなりむずかしい四字熟語。「桂殿蘭宮」ってどんな意味なの?

<<   作成日時 : 2011/06/27 08:02   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2

画像
★日本語★
問題:漢検準1級程度のかなりむずかしい四字熟語の問題です。自慢じゃありませんが、出題者はひとつもわかりませんでした。あなたはどうでしょうか。次の5つの言葉の説明文のうち、正しいものを選んでください。 (正解は複数かも)
[い]「桂殿蘭宮」は「ケイデンランキュウ」と読み、美しい宮殿の意味である
[ろ]「梓匠輪輿」は「シショウリンコウ」と読み、苦労して本を出版するという意味である
[は]「屋梁落月」は「オクリョウラクゲツ」と読み、落ちぶれていても風流を忘れないさまをあらわす
[に]「欣求浄土」は「キンキュウジョウド」と読み、極楽浄土に行くために四六時中念仏をとなえることを意味する
[ほ]「磨穿鉄硯」は「マガテッチン」と読み、強い武器を持ってことにあたることを意味する
(答えはずっと下↓ スクロールして下さい)



























★日本語★
正解:各項目を参照してください
説明:[い]「桂殿蘭宮」は「ケイデンランキュウ」と読み、美しい宮殿の意味である(○)
■「桂殿」は、「美殿」の意味だそうです。美しいのは殿方ではなく、建物らしい。「桂」は香木でいい香りがするそうです。桂離宮もいい香りがするのでしょうかね。
□「蘭」はフジバカマという植物を意味するようです。秋の七草のひとつです。Wikipediaによると生のままでは無臭だそうですが、乾燥すると茎や葉にふくまれる物質からオルト・クマリン酸が生じて桜餅のような芳香が漂うらしい*2。
□「桂殿蘭宮」とあわせて美しい宮殿を意味するらしい。なぜか視覚ではなく嗅覚に訴える表現です。昔の宮殿は悪臭がするものだったのかな。ちょっと不思議ですね。
[ろ]「梓匠輪輿」は「シショウリンコウ」と読み、苦労して本を出版するという意味である(×)

■正しくは、「梓匠輪輿」は、「シショウリンヨ」と読み、職人の総称だそうです。梓は建具をつくる職人、匠は「木工」だそうです。大工さんかな。「輪」は車輪を作る職人。「輿」は台車をつくる職人とのこと。
□「梓」は木版刷りの版木に使われる木ですね。「上梓(本を出す)」という言葉にも使われます。建具にも用いられたのでしょうか。
□梓という木は枝を折ると独特の匂いがするそうです。正しい和名では「夜糞峰榛(よぐそみねばり)」と呼ばれるらしい。興味深い名前です。枝を折ったときに糞のような悪臭、インドール臭・スカトール臭・メタン臭がするのでしょうか。でもそれでは建具に使えないな。参考資料*7*8によると夜糞峰榛の枝にはサリチル酸メチルが含まれており、サロメチールのような臭いがするようです。筋肉疲労に有効なのかな。それがなぜ「夜糞」なのか。ついにわかりませんでした。ご存じのかた、こいねがわくはご教示を。
m(_ _)m
□「匠」は現在の日本でも使われます。落語でも「飛騨の匠(ひだのたくみ)」といえば左甚五郎を指します。一般には東照宮の「眠り猫」などの彫刻の作者として知られていますが、大工さんとしても超一流だったと落語では伝えています。
□「輪」と「輿」は交通・運輸の手段である馬車や牛車に関係した仕事ですね。中国では車輪と台車を作る人が職人として多かったのかな。日本では刀工や陶工の逸話は多く残されてますが、車輪や台車を作る職人の話はあまり聞きませんね。
□「輿」は、「神輿(みこし)」という熟語をつくる漢字です。「花嫁が輿入れ(こしいれ)する」というときにも使われます。漢和辞書「字通」によれば、「ヨ、こし、のせる、かつぐ、くるま」という字音・字訓があります。
[は]「屋梁落月」は「オクリョウラクゲツ」と読み、落ちぶれていても風流を忘れないさまをあらわす(×)

■読みは正しいようです。意味は、「遠方の親友を想う切なる気持ち」だそうです。前後をひっくりかえして「落月屋梁」とも書いても意味はおなじようです。
□唐の時代の中国の代表的な詩人、杜甫と李白は長安で友人だったらしい。杜甫が甘肅省に、李白が江南に去り、わかれわかれになります。李白は獄につながれていたという話もあります。杜甫は「夢李白」という五言古詩をつくり、友をきづかう心を詠んだらしい。遠距離友情の美しい詩だそうです。参考資料*4に詩と説明があります。
□その詩の中に、「落月満屋梁(落月が屋梁に満ち)」という一節があります。そこから遠隔地にいる親友を思う気持ちをあらわす言葉となったらしい。
[に]「欣求浄土」は「キンキュウジョウド」と読み、極楽浄土に行くために四六時中念仏をとなえることを意味する(×)
■正しくは、「ゴングジョウド」と読みます。KOゴングを聞きながら脳挫傷で死んでいったボクサーたちの鎮魂を希求した言葉です。ん、違うかな。
□ホントは「極楽浄土に往生することを心から願い求めること」だそうです。仏教の言葉ですね。「厭離穢土(エンリエド、オンリエドとも)」という言葉と対句で使われることが多いらしい。「厭離穢土」は、「煩悩にけがれた現世を嫌い離れること」だそうです。この対句は浄土教思想の基本的特質をあらわしているとのこと。
□永禄(えいろく)3年(1560年)、桶狭間の戦いのあと、松平元康(もとやす)は菩提寺である岡崎の大樹寺に逃げ込みます。先祖の墓の前で前途を悲観し、自ら腹を切ろうとしたそうです。住職があらわれ、「厭離穢土欣求浄土」と諭して松平元康に切腹を思いとどまらせたという伝説があります*5。たしかに今は武将たちの欲望で国土が汚れ、乱れている。そこに浄土を実現するのがお前さんのつとめではないのか。
□深い意図があっていった言葉かもしれません。主従十数人に墓地で切腹なんかされると後片付けがたいへんなので、ともかく口から出任せでいった言葉かもしれません。どちらにせよ、歴史を変えた一言のようです。徳川260年の平和は和尚さんのこの一言がなければなかったかも。
[ほ]「磨穿鉄硯」は「マガテッチン」と読み、強い武器を持ってことにあたることを意味する(×)
■正しくは、「マセンテッケン」と読み、「強い意志をもち続け、物事を達成するまで変えない」という意味だそうです。
□「鉄の硯(すずり)が磨かれて穿(あな)があくほどに勉強することだそうです。中国五代といいますから、唐滅亡のすぐあとぐらい、10世紀の前半でしょうか。桑維翰(そういかん)という人物が鉄の硯がすり切れるほどに勉強して科挙(カキョ、国家公務員採用試験)に合格したそうです。そこから生まれた言葉らしい。
□煤(すす)を糊で固めた一般の墨では、100年すりつづけたとしても鉄の硯に穴はあかないと思われます。桑維翰氏の墨は鑢(やすり)のように硬度の高いものだったのかな。中国風の誇張表現なのでしょうけれど、少し言い過ぎのような気もしますね。
◆参考*1:書籍「本試験型 漢字検定準1級試験問題集09年版」成美堂出版編集部編、ISBN978-4-415-20422-2、成美堂出版
◇*2HP「桜餅の関東風と関西風では、どちらが高カロリーなの?」
http://blog.q-q.jp/200903/article_47.html
◇*3HP「「梓匠輪輿」: 漢字検定で漢字能力を上げよう。準1級に1年で漢検合格できる!」
http://kanken07.seesaa.net/article/62827913.html
◇*4HP「落月屋梁 - 四字熟語の研究 Four-Character Idioms」
http://d.hatena.ne.jp/Cixous/20090209
◇*5HP「厭離穢土 - Wikipedia」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8E%AD%E9%9B%A2%E7%A9%A2%E5%9C%9F
◇*6HP「磨穿鉄硯(ませんてっけん):四字熟語データバンク」
http://www.sanabo.com/words/archives/2000/04/post_2288.html
◇*7HP「アズサ(梓)」
http://aoki2.si.gunma-u.ac.jp/BotanicalGarden/HTMLs/azusa.html
◇*8HP「サリチル酸メチル - Wikipedia」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B5%E3%83%AA%E3%83%81%E3%83%AB%E9%85%B8%E3%83%A1%E3%83%81%E3%83%AB

ぬけられます→日本語雑学クイズ一覧

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
平安時代あたりまでは、いまのようなお湯をはった風呂に入る習慣がなく、水浴びていどだったそうで、十二単を着た女官達も悪臭紛々だったそうで、そこから着物に御香を焚き染める習慣が生まれ、匂袋を懐に忍ばせるようになったそうです。
夜糞は、わかりませんでしたが、麝香(ムスク)はジャコウジカの腹部の袋から抽出されますが、そのままだと強烈なアンモニア臭がするそうで、薄めて使用するとあのよい匂いになるそうです。
マッコウクジラから取れる龍ザン香(アーバングリス)も同じで、マッコウクジラのウンコから見つかります。
夜糞というのは夜でもわかるほどの強烈な匂いという意味かもしれませんね。
ねこのひげ
2011/06/28 07:02
コメントをありがとうございます。

「麝香や龍涎香は薄めて香料として使う」という話はなるほどと思いました。
 人間の雲古に含まれるインドールの臭いも薄めると香水に使われていたりすると聞きます。特定悪臭物質と呼ばれる20種類余りの物質のうち、半分ほどは香料にも使われるとか。
 「夜糞」という名前の由来も、この方面から考えていくと、なにかしらの仮説にたどりつけるのかもしれませんね。
(^^;)
ねこのひげ様<素町人
2011/06/28 07:29

コメントする help

ニックネーム
本 文
漢検準1級程度、かなりむずかしい四字熟語。「桂殿蘭宮」ってどんな意味なの? 町人思案橋・クイズ集/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる