今日はボウリングの日。日本初のボウリング場はいつごろ開業したの?

画像
★歴史★
問題:年のせいもあって最近はあまりやりませんが、昔はよくボウリング場に行きました。ボウリング場もいまより多かったな。年配のかたの中には、若いころ、熱心に通われた人もいるでしょう。単純なスポーツですけどなぜか面白い。指先に力が入らなくなるぐらいにやったこともありました。
■本日、6月22日はボウリングの日だそうです。日本初のボウリング場が開業した日を記念しているそうです。では、そのボウリング場はいつごろ誕生したのでしょうか?
[い]江戸時代
[ろ]明治時代
[は]大正時代
[に]昭和初期
[ほ]戦後すぐ
(答えはずっと下↓ スクロールして下さい)

























★歴史★
正解:[い]江戸時代
説明:Wikipediaのボウリングの項によれば、1861年6月22日、和暦では文久(ぶんきゅう)元年5月15日。長崎の大浦居留地という場所に開業したらしい。当時の新聞に広告が掲載されているそうです。「OBC(大浦ボウリング・センター) でっかくオープン!」なんて記されていたのかな。まぁ、実際には店の名前はインターナショナル・ボウリング・サロンだったようですが。
■当時、長崎で稼いでいた英国人貿易商グラバーと親交があったことから、ひょっとしたら坂本龍馬が日本人客の第1号という可能性もあるそうです。新しい物が大好きな坂本龍馬です。やってみたかもしれませんね。ただし、証拠はいっさいないそうですけど。
■もともとは、ピンを災いや悪魔に見立て、沢山倒せたら不幸から逃れるという意味があったとか。歴史はメチャメチャ古いらしい。紀元前5000年といいますから今から7000年も前の古代エジプトの墓から木製のピンとボールが発掘されているそうです。のちのファラオたちも棒倒しに興じていたのでしょうか。7000年前といえば、日本では縄文時代。竪穴式住居に人が住み、貝塚が作られていたころだそうです。海面は現在よりも3~5m高かったらしい。東京でいえば中央区はほぼ全部水没していたのかな*2。
■ボウリングが競技としての完成をみたのは、宗教改革の指導者であるマルチン・ルターによるところが大きいらしい。意外ですね。倒すピンを9本にし、並べ方も菱形に統一したとのこと。宗教家の間ではナイン・ピンズ・ボウリングは人気のあるスポーツだったそうです。やがて清教徒がアメリカに移住すると、アメリカでも楽しまれたそうです。そういえば、「リップ・ヴァン・ウィンクル」というアメリカ人の小説で九柱戯という言葉を見たことがあります。
■アメリカではボウリングをより面白くするためにピンの数を10本にして正三角形に並べたそうです。われわれが知っている形になったらしい。最初は人間がピンを並べていましたがやがて機械で揃えられるようになります。30年ぐらい前からはスコアを自動で記録・計算・表示してくれるようになったとのこと。
■日本最初のボウリング場で並べられたのが菱形の九柱戯だったのか、それとも正三角形の10本ピンだったのかはわかりませんでした。いずれにせよ、ピンを並べたり得点を勘定したりするのは、人力だったのでしょう。
■余談です。ボウリングはボ「ー」リングとは表記しないらしい。bowlingだからだそうです。アメリカン・フットボールの優勝決定戦であるSuper Bowlをスーパー・ボウルと表記するのとおなじ伝らしい。
■ボーリングと書くと一般にはboringを意味し、物に穴を開けること、また地面に穴を掘る意味になるらしい。で、ボウリングのボールはbowling ballだそうです。bowlingのballにドリルで指の穴を開けるのはboringなのかな。ハハハ、お退屈さま。そういえば、boringは「退屈な」という意味で使われることもあるそうです。
◆参考*1:HP「ボウリング - Wikipedia」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9C%E3%82%A6%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%B0
◇*2HP「中央区 地盤標高拡大図」
http://suii.ara.go.jp/suimen/html/kakudai/kg_cyuou.html
◇*3HP「マルチン・ルターが宗教改革のため戦った日。ところで、17歳の年の差結婚をしたってホント?」
http://blog.q-q.jp/200804/article_19.html

ぬけられます→歴史雑学クイズ一覧

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック