地味な6代将軍家宣(いえのぶ)の誕生日。とんでもない暗君だったの?

画像
★歴史★
問題:宝永(ほうえい)6年(1709年)に就任し、正徳(しょうとく)2年(1712年)に死去。徳川6代目の将軍家宣は、わずかに3年5か月ほどという短期政権でした。それでも現在の日本における首相交代とくらべれば少しは長いのですが。
■1662年6月11日。和暦では寛文(かんぶん)2年4月25日。今から349年前の今日、のちに6代将軍となる家宣が生まれています。幼名は虎松。のちに徳川綱豊(つなとよ)から家宣と改名しているとのこと。
■甲府藩主徳川綱重(つなしげ)の長男だそうです。綱吉の長男徳松が死んだ後で世継ぎ候補として江戸城に入ったとのこと。
■だいたい徳川将軍は1~3・5・8・11・15代ぐらいがよく知られています。家康秀忠家光綱吉吉宗家斉慶喜ですね。残りは知名度が低い。篤姫や皇女和宮のおかげで13代の家定(いえさだ)、14代の家茂(いえもち)も少し有名になってきたかな。残る4・6・7・9・10・12代将軍の影は薄いですね。
■短期政権という特徴でいえば、家宣氏は15人中下から4番目だそうです。いちばん短命だったのが15代慶喜の1年ちょうどぐらい。次に短いのが初代家康の2年2か月。7代家継が3年1か月で続き、その次が家宣だったらしい。
■本日は徳川歴代将軍の中でも地味さではひけをとらない6代将軍の誕生日を寿ぎ、家宣についての雑学クイズです。次のうちで正しい記述はどれでしょうか? (正解は複数かも)
[い]綱吉の臨終に立ち会い、遺言を聞いたが、就任後すぐにその遺言に正反対の政策をとった
[ろ]まれに見る暗君だったといわれる
[は]父方の祖父は秀忠である
[に]父方の祖母家からは、江戸時代最高といわれる遊び人が生まれた
[ほ]身長が130cm前後しかなかった
(答えはずっと下↓ スクロールして下さい)

























★歴史★
正解:[い]が正しい
説明:[い]綱吉の臨終に立ち会い、遺言を聞いたが、就任後すぐにその遺言に正反対の政策をとった(○)
■綱吉が臨終の際には、世継ぎの家宣、側近の柳沢吉保(よしやす)ら重臣に対し、 「余が年来、生類を大切にしてきたことは、たとえ筋道の立たぬ馬鹿げたことであったとしても、この事に限っては、百年ののちのちまでも、余が生きていた時のように沙汰することこそ孝行というものであろう。ここに控えている者たちも、よくよく聞いておくように」と言ったそうです。本人も生類憐れみの令については批判があることを承知していたらしい。そのうえで「続けてくれ」と、苦しい息のもとで語ったようです。
□6代将軍家宣は、就任後すぐに生類憐れみの令を廃止したといわれます。庶民からの人気は高まり、善政への期待もふくらんだようです。
[ろ]まれに見る暗君だったといわれる(×)
■むしろ名君と呼ばれているらしい。幕政改革に熱心であり、新井白石(はくせき)を登用するなど、人材の使い方もうまかったらしい。無類の学問好きでもあったようです。
□綱吉の嫡男が早世し、家宣は綱吉の次期将軍として名前が挙がったらしい。とくに水戸藩の徳川光圀(みつくに)、いわゆる黄門様から強い推挙を得て綱吉の養子となったようです。このとき、将来の見返りを期待した諸大名・旗本などが、賄賂に近い性質のお祝い品を持ち込んだらしい。それをことごとく突っぱね、政権につくや人事を刷新したといわれます。わずか3年余りで死んでしまったのは惜しむ人が多かったようです。
□なお、綱吉が死んだのは宝永(ほうえい)6年(1709年)の冬です。喪が明けたのは参考資料*2によれば正徳(しょうとく)元年(1711年)4月とのこと。このときには、各大名は競って活きた鯛を献上したらしい。4月は初鰹はあるでしょうけれど鯛は少ない季節だそうです。大和屋長兵衛という活鯛を扱う問屋は活鯛の在庫を独占していたらしく、利益が1日に現金で1万両にもなったといわれます。
□このころはすでに、大名には現金でしか売らないという強気の商人が増えていたようです。ツケにすると貸し倒れになる事例が多かったらしい。島津家から献上された二尺七寸(約81cm)の活鯛は3尾で180両だったとのこと。家宣はこれらも突き返したのかな。
[は]父方の祖父は秀忠である(×)
■父方の祖父は家光だったようです。元和(げんな)9年(1623年)に家光が正室の鷹司孝子(たかつかさ たかこ)を迎え入れた際です。女中として一緒についてきた京都の町人弥市郎(やいちろう)の娘お夏が、家光に見初められます。さっそく手をつけられ、生まれたのが長松(ちょうまつ)だったらしい。
□正室の鷹司孝子とは初めから不仲で夫婦関係は一切なかったといわれます。政治的な背景もいろいろ取りざたされています。それにしても正室はまるで無視、ついてきた美貌の女中には手をつけるというのは家光もずいぶん自由なお人です。
□長松は長じて甲府藩主徳川綱重(つなしげ)となります。その長男が家宣ですね。
[に]父方の祖母の家筋からは、江戸時代最高といわれる遊び人が生まれた(△)
■京都の町人弥市郎は、娘の七光りというのでしょうか、三百石の武士となったらしい。殿様の世継ぎを産んで家族がいい思いをするという点では、落語「妾馬(めかうま、「八五郎出世」とも)」にちょっと似た話ですね。
□長松が甲府藩主となったとき、三千石に加増され、藤枝摂津守重昌(しげまさ、重家(しげいえ)という説もあり)という名前の旗本になったようです。さらに家宣が将軍になったとき、四千石となったらしい。
□その五代目か六代目の子孫に藤枝外記教行(ふじえだ げき のりゆき)という人物がいます。宝暦(ほうれき)8年(1758年)に生まれ、天明(てんめい)5年(1785年)に死んでいます。満27歳ほどの若い死です。
□この人物のとき、藤枝家は四千五百石だったそうです。なかなかの大身です。教行は藤枝家のように変わった出自ではなく、ふつうの武士の血を引いており、養子として藤枝家に入ったらしい。ところがこれがとんだ見込み違いの人物であり、10代の幼妻がいながらおなじく10代の女郎綾衣(あやぎぬ?)にいれあげてしまったようです。吉原通いが続いた揚げ句、ついには綾衣とともに逐電し、最期は無理心中を遂げてしまいます。
□おかげで藤枝家は改易。残されたのは、「君と寝やるか 五千石取ろか 何の五千石 君と寝よ」という端唄だけだったとか。この事件は江戸市中で大きな話題にはなりました。ただし、吉原で真面目に恋愛をするという野暮な男です。遊び人の中では最低の人物かもしれません。
[ほ]身長が130cm前後しかなかった(×)
■これは家宣についての噂話ではなく、綱吉についての噂話のようです。愛知県岡崎市にある大樹寺(だいじゅじ/だいじゅうじ)という寺には、歴代将軍の位牌が置かれているそうです。大きさがそれぞれかなりちがっているらしい。たとえば家康は159.0cm、家宣は156.0cm、息子の7代将軍家継(いえつぐ)は135.0cmとのこと。
□遺骨が確認されている5人ほどの将軍は、位牌と身長の差が4cm程度しかないらしい。そこで、大樹寺にある位牌は、死んだときの身長にあわせてつくられたという説が生まれました。綱吉の位牌は、歴代でいちばん小さく124.0cmしかないようです。ということは、どんなに大きくても130cmほどだったのかもしれません。
□この説にはかすかな疑問もあります。たとえば家宣の息子、家継は7代将軍であり、満6歳と10か月ほどで死んでいます。位牌が135.0cmということは、どんなに小さくても130cmは越えていることになります。平成20年度の学校保健統計調査によれば、現代の栄養のいい子供たちでも130cmを越えるのは8歳から9歳ぐらいとのこと。男性の平均身長が150~160cmぐらいの時代ですから、家継は飛び抜けて大柄な子供だったことになります。
□それはともかく、家宣の遺骨は増上寺で見つかっているそうです。それによれば死亡時の身長は160cmぐらいらしい。現代でいえばタレントのタモリが161cmだそうですから、おなじぐらいなのかな。
◆参考*1:HP「徳川家宣 - Wikipedia」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BE%B3%E5%B7%9D%E5%AE%B6%E5%AE%A3
◇*2書籍「大江戸かくれ話事典」初版65~66頁、平田公(ひらた こう)著、ISBN4-7947-0288-4、叢文社
◇*3HP「徳川綱吉 - Wikipedia」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BE%B3%E5%B7%9D%E7%B6%B1%E5%90%89
◇*4HP「大樹寺 - Wikipedia」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E6%A8%B9%E5%AF%BA
◇*5HP「鷹司孝子 - Wikipedia」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%B7%B9%E5%8F%B8%E5%AD%9D%E5%AD%90

ぬけられます→歴史雑学クイズ一覧

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

この記事へのコメント

ねこのひげ
2011年06月11日 16:45
家光というのは、男のほうが好きだったようですね。衆道は戦国時代ではたしなみだったそうですけど、世継ぎのいる将軍家としては問題で男に見える女を次々に側室に推薦したそうですが。

動物保護の観点からいえば綱吉さんも今だったら褒められたかもしれませんね。
ねこのひげ様<素町人
2011年06月11日 17:13
コメントをありがとうございます。

 綱吉は動物を偏愛したようですが、家光は人間をあまねく愛したようですね。どちらかといえば、家光のほうが人間臭いのでしょうか。
(^^;)

この記事へのトラックバック