地獄の風景を人々の心に焼き付けた僧侶は誰なの?

画像
★歴史★
問題:地獄という言葉から何を連想しますか。地獄の特訓のような厳しい体験でしょうか。「地獄の黙示録」のような映画かな。借金地獄のかたはいままさに生き地獄なのかもしれません。落語好きとしては、「地獄八景亡者戯(じごくばっけいもうじゃのたわむれ)」を思い出します。
■不思議なことに東洋と西洋、仏教にもキリスト教にも地獄という考えかたがあるそうです。Wikipediaによれば、イスラム教にもあるらしい*1。どちらかといえば仏教が早く広まっていますので、他の宗教は真似をしたのかもしれません。
■架空の恐怖を語り、信者になれば免れる・助かる・救われるとして営業活動を行なうのは、神様商売における基本のビジネススタイルらしい。入信するとこんなにいいことがあると勧誘するのと、しなければこんなに悪いことがあると勧誘するのでは、後者のほうが有効なのかもしれませんね。
■仏教の多くの経典には地獄についての紹介があるそうです。でも、日本人の地獄観を決めたのは、平安時代のある僧侶だそうです*2。この僧侶は地獄についてかなり詳細に語ったらしい。そのお話からさまざまな絵解きも生まれたらしい。地獄絵図と呼ばれる絵画だそうです。
■口絵は、幕末から明治にかけて活躍した画家河鍋暁斎(かわなべ ぎょうさい)の描いた地獄絵図とのこと。これ以外にも、多くの画家たちにより無数の地獄絵図が描かれているようです。
■では地獄のイメージを人々の心に焼き付けたといわれる平安時代の僧侶とは次の誰でしょうか? 
[い]行基(ぎょうき)
[ろ]空也(くうや)
[は]西行(さいぎょう)
[に]源信(げんしん)
[ほ]法然(ほうねん)
(答えはずっと下↓ スクロールして下さい)

























★歴史★
正解:[に]源信(げんしん)
説明:参考資料*2には、次のように記されてました。「『地獄とはこんなものだ』というイメージが広く人びとの心に定着したのは、九世紀に恵心僧都(えしんそうず)源信が八大地獄のありさまを詳述してからのこと」。
■Wikipediaその他多くの資料によれば、源信は、天慶(てんぎょう)5年(942年)に生まれ、寛仁(かんにん)元年(1017年)に死んでいます。参考資料*2では「九世紀」といっていますが誤植かも。10世紀~11世紀を生きた人のようです。亡くなったのは満75歳ぐらいだったのかな。昔としてはご長寿のかたですね。中級以下の貴族の出身とのこと。母親は清原氏の女性だったらしい。信仰心が篤く、その影響で9歳で入門、5年後には得度(とくど)しているそうです。得度というのは、出家して僧や尼になることらしい。
■15歳で「称讃浄土経(しょうさんじょうどきょう)」を講じたとのこと。時の村上天皇から名誉ある講師の1人に選ばれたそうです。褒美の品が下賜されたとのこと。15歳の少年は嬉しかったのでしょう。故郷で暮らす母親に、ご褒美の布などを宅急便で送ったらしい。
■母親は褒めずに諌めたようです。「後の世を 渡す橋とぞ 思ひしに 世渡る僧と なるぞ悲しき」という和歌に、「まことの求道者(ぐどうしゃ/きゅうどうしゃ)となり給へ」と書き添え、贈られた品と一緒に送り返したらしい。現世利益に浮かれるなということでしょうかね。
■これで目が覚めた源信は、以後延暦寺内の横川にある恵心院にこもって念仏三昧の求道の日々を過ごしたそうです。半世紀以上籠もっていたのでしょうかね。「恵心僧都」とは、比叡山の恵心院に隠遁していたことによる尊称だそうです。
■地獄について細かく書いたのは、寛和(かんな)元年(985年)ごろに書いた「往生要集(おうじょうようしゅう)」という本だったようです。満43歳ぐらい。働き盛りだったのかな。前年の秋に師が病に倒れたとのこと。それをきっかけに書き始め、師の死のあとで完成させたそうです。
■「往生要集」は、「多くの仏教の経典や論書などから、極楽往生に関する重要な文章を集めた仏教書」だそうです。ここに地獄が詳述され、「日本人の地獄の原風景」となったらしい*3。
■仏教ではこの世の中には三界(さんがい)があるそうです。「女三界に家なし」という慣用句にも採用されている考えかたですね。世界は三界しかないのですから、昔の女性には安住の地はなかったようです。
■三界は層をなしており、下から欲界(よっかい/よくかい)・色界(しきかい)・無色界(むしきかい)と命名されています。最下層の欲界は、性欲や食欲、物欲、名誉欲、独占欲などさまざまな欲がある世界です。我々の凡人の住んでいる世界らしい。色界は真ん中にあり、欲や煩悩はないけれど、物質や肉体の束縛から脱却出来ていない世界とのこと。性欲だけはここにあるのかなと思いましたけど、どうも違うようです。無色界は最上層で、肉体・物質から離脱して心の働きだけからなる世界だそうです。なお、似たような字面ですが、無職界という観念もあります。就職活動で悩む人たちの煩悩が渦巻く世界で、洋の東西を問わず、現代の地球上の多くで見られる地獄のようです。
■で、欲界の中に天道・人道・修羅道・畜生道・餓鬼道、地獄道があるらしい。地獄は人間世界の地下深くに存在しており、さらに8層に分かれているそうです。焦熱地獄、極寒地獄、賽の河原(さいのかわら)、阿鼻(あび)地獄、叫喚(きょうかん)地獄などがあるらしい。「地獄八景亡者戯」の八景は、ここから来ているのかしらん。
■8つの地獄は、それぞれ罪に応じて苦しみが決まっているようです。たとえば酒を飲んだ者は飲酒(おんじゅ)の罪で叫喚地獄で釜で煎られるとのこと。石川五右衛門みたいですね*5。さらに熱い銅を口にそそがれて叫び声をあげることになるそうです。熱燗の酒を口にそそがれるのなら我慢しますけどね。
◆参考*1:HP「地獄 - Wikipedia」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9C%B0%E7%8D%84
◇*2HP「続々 日本史こぼれ話古代・中世」新書初版85~88頁、笠原一男/児玉幸多編、ISBN4-634-59310-6、山川出版社
◇*3HP「地獄誕生の物語」
http://www.josephandleon.co.jp/hellsbirth/chapter03/01.html
◇*4HP「地獄 (仏教) - Wikipedia」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9C%B0%E7%8D%84_(%E4%BB%8F%E6%95%99)
◇*5HP「釜ゆでの刑にされたのは石川五右衛門ではなくその母親だったってホント?」
http://blog.q-q.jp/200611/article_97.html

ぬけられます→歴史雑学クイズ一覧

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

この記事へのコメント

ねこのひげ
2011年05月21日 08:35
ねこのひげは天国も地獄も信じてませんが、あるとすれば、○○学会の5重顎の会長や○○の○○のバカボンそっくり会長が一番最初に落ちそうですけどね。
信長に代わってその首を刎ねてやるわい。(^_-)-☆
ねこのひげ様<素町人
2011年05月21日 09:48
コメントをありがとうございます。

 つい最近、有名な宇宙物理学者のホーキング博士は、「脳は、諸部品が壊れれば動かなくなるコンピューターのようなものだと考えている。壊れたコンピューターにとっては、天国も来世もない。それは闇を恐れる人々の架空の話だ」と語ったとか。

 不信心な者から見ればあたりまえの話ですけど、キリスト教徒の間では物議をかもしているそうです。とくに聖職者と呼ばれる立場の人々は営業妨害だと怒っているようです。日本の聖職者たちもそうかな。
(^^;)
sadakun_d
2011年05月23日 22:44
宇宙物理学のホーキング博士が出ちゃいましたね。博士は69歳。ノーベル物理賞はもうダメなのかな(笑)
天国も地獄もあらへん!

断定したけど理論的に計算したんでしょうかね

日本の宇宙物理は佐藤勝彦博士(東大大学院教授)はホーキング博士に賛同をしています
sadakun_d様<素町人
2011年05月24日 07:06
コメントをありがとうございます。

 科学雑誌によれば、我ら人類の肉体も、一度は超新星爆発だったそうです。「超新星爆発でなければ生成されない重い元素を含んでいる」という意味らしい。

 我らの肉体は滅んで土にかえりますが、この土、つまり地球もまた何十億年か先には寿命を迎えた太陽とともに宇宙にバラバラに拡散していき、再び恒星や惑星の原料となるそうです。

 宇宙そのものにも終わりがあるのかな。そういえば佐藤勝彦博士は宇宙の始まりを説明する理論で知られています。宇宙に誕生があるのでしたら、消滅するときも来るのかもしれませんね。
(^^;)
村石太ビーナス&エンマ大王
2011年06月24日 20:25
8つの地獄 怖いですね。宗教研究会(名前検討中
村石太ビーナス&エンマ大王様<素町人
2011年06月24日 21:00
コメントをありがとうございます。

この記事へのトラックバック

  • 口絵の角の生えたピエロのような絵。この人物は誰なの?

    Excerpt: ●●●●●★歴史★● 問題:口絵をごらんください。なんだかふざけたピエロのような、見方によっては悪魔のような変な人物が描かれています。この絵は歴史上わりと有名なものなんだそうですが、いったい何なので.. Weblog: 町人思案橋・クイズ集 racked: 2011-12-21 08:13
  • 西洋の大聖堂のステンドグラスに記されている図柄は?

    Excerpt: ●●●●●★歴史★● 問題:ゴシック建築の前に隆盛だったロマネスク建築では、壁が厚く、窓は小さくなっているそうです。天井の重量をほとんど壁だけで支えようとしていたらしい。建物が寺院の場合には当然なが.. Weblog: 町人思案橋・クイズ集 racked: 2013-04-20 09:07