人類が滅亡の危機に瀕した史上最大の火山噴火は、どの地方で起こったの?

画像
★科学★
問題:平成3年(1991年)6月3日午後4時ごろ。長崎県の雲仙岳で火砕流が発生し、死者行方不明者43名を出す惨事になりました。
■そのわずか6日後。6月9日午後3時ごろ、フィリピンのルソン島でピナツボ火山が噴火しました。この噴火は20世紀最大級だったそうです。このとき、5立方kmのマグマが噴出したとのこと。雲仙岳の噴火は0.2立方kmといわれますので、約25倍の噴出量です。世界中の平均気温を0.4度C下げるという大規模な噴火になりました。平成5年(1993年)に起こった米不足は、ピナツボ火山の噴火も影響しているという説があります。
■雲仙岳やピナツボ火山の噴火をはるかに越えた巨大噴火が日本で起きていたという話もあります。約7300年ほど前に、鹿児島県の南部で起こったらしい。このとき、鬼界カルデラと呼ばれるカルデラができました*2。カルデラは、ご存じのようにクレーターに似た窪地ですね。クレーターは隕石などがぶつかった衝撃で窪みができます。カルデラは火山の噴火でできる窪みです。鬼界カルデラが生まれた噴火では、54立方kmという大規模なマグマの噴出があったらしい。ピナツボ火山の噴火時の10倍以上と推定されています。
■人類史上では、さらにこれを上回る超巨大噴火があったと推定されています。学者によっては、このとき人類は極端にその数を減らし、絶滅の危機に見舞われたと主張する人もいるらしい。では、その超巨大噴火は、次のどの地域で起こったのでしょうか?
[い]日本
[ろ]アラスカ
[は]アイスランド
[に]ハワイ
[ほ]インドネシア
(答えはずっと下↓ スクロールして下さい)

























★科学★
正解:[ほ]インドネシア
説明:7万数千万年前。ネアンデルタール人が天下をとっていたころでしょうか。インドネシアのスマトラ島の北部で大規模な噴火が起こったそうです。マグマの噴出量は2800立方kmと推定されているとのこと*1。これはピナツボ火山の噴火の560倍ほどもあります。この噴火でトバ湖と呼ばれるカルデラ湖が誕生したとのこと。トバ湖は長さ約100km、幅は約30kmもあります。阿蘇のカルデラは東西約18km南北約25kmらしい。
■グリーンランドの氷床には、過去の気候の情報が閉じ込められているそうです。その氷床をくり抜いて分析した結果によると、7万数千年前に起きた噴火の影響で、北半球の年間平均気温は10度Cも下がったらしい。火山灰などが太陽からの照射をさまたげてしまうため、地球は一時的に冷え込むわけですね。しかもその状態が6年間も続いたとのこと。
■日本でいえば、鹿児島が北海道並の気温になったようなものらしい。現代でいえば稲作をはじめとして農作物は大打撃を受けるでしょう。米を輸入したくてもどこも不作でしょうからむずかしい。大混乱に陥りそうな気象現象ではあります。
■当時もおそらく大混乱があったと見られています。人類の細胞内にあるミトコンドリアの遺伝子の研究をもとにして、このとき、人類の総人口は3000人~1万人にまで落ち込んだとする説もあるらしい*1*3。絶滅危惧種に指定されそうな大ピンチだったのかな。このピンチの中で、ネアンデルタール→クロマニヨンの政権交代があったのかな
■日本では、鬼界カルデラだけでなく、さらにその上を行く姶良(あいら)カルデラ、阿蘇カルデラなどが作られた大きな噴火があったとされています。とくに9万年ほど前に発生した、阿蘇カルデラが生まれた噴火では、火砕流が九州の大部分から山口県・愛媛県にまで到達しているらしい。その地域では人も動物も植物も焼き尽くされ、ほぼ全滅したようです。マグマの噴出量は200立方km。ピナツボ火山の約40倍ほどです。火山灰の堆積は、遠く離れた北海道でも15cm。もし現代にこの規模の噴火が起きれば、日本という国は消滅するしかないとまでいわれています*1。
■幸いなことに、こうした大規模な噴火は、そう頻繁に起こるものではないらしい。マグマが溜まるまでに時間がかかるのかな。何万年~何十万年に1回というような間隔で起こるとのこと。当分のあいだ、起こらないでいて欲しいですね。
■なお、現在見つかっている限りでいちばん大きな噴火と見られているのは、アメリカ西部のラガリータ・カルデラで約2800万年ほど前に発生したものだそうです。マグマの噴出量は推定5000立方km。トバ湖で起きた噴火のさらに2倍ほどあったらしい。
■たいへんな環境の変化、とくに食料不足が起こったと考えられます。このときの人類はまだ小型の猿の姿で原始林を右往左往しており、直立もできていなかったと思われます。飢餓に対しては小型動物ほど生き延びる可能性が高いものだそうです。もしこの時、人類が現代並に大型化していたら、餌に窮して絶滅していたかもしれませんね。
◆参考*1:雑誌「」Newton (ニュートン) 2010年 11月号86~97頁、ニュートンプレス
◇*2HP「20世紀最大級の噴火ピナツボ火山をはるかに上回る超巨大噴火が昔の日本で起きていたの?」
http://blog.q-q.jp/200907/article_29.html
◇*3HP「トバ湖 - Wikipedia」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%88%E3%83%90%E6%B9%96
◇*4HP「阿蘇山 - Wikipedia」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%98%BF%E8%98%87%E5%B1%B1

ぬけられます→科学雑学クイズ一覧

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 11

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い
ナイス ナイス

この記事へのコメント

ねこのひげ
2011年05月20日 10:51
鹿児島湾を見たとき、これが噴火口とは信じられませんでしたが、東日本大震災のあと、富士山噴火が懸念されてますね。
東南海大地震でドミノ地震を起こしたら噴火しそうですね。(~_~;)
ねこのひげ様<素町人
2011年05月20日 15:09
コメントをありがとうございます。

 昨日の「サイエンスZERO」というテレビ番組でも、富士山の噴火が懸念されるというお話がありました。
 南関東(首都)直下型地震の心配もありますし、原発もまだ完全に収まったわけではありません。
 こうもいろいろ危険に取り囲まれていると、来るなら来やがれという気分になってきます。
(^^;)

この記事へのトラックバック