町人思案橋・クイズ集

アクセスカウンタ

zoom RSS 「あの部署では頑張るだけ無駄。出る釘は打たれるのさ」。何が間違いなの?

<<   作成日時 : 2011/03/31 07:04   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

画像
★日本語★
問題:「出る釘は打たれる」が間違いだそうです。「出る杭(くい)は打たれる」と「釘を打つ」がまざりあった表現になってしまっているらしい。以前にも何回かご紹介しました。混交表現と呼ばれる種類の言葉の誤用だそうです*3。2つの言いかたがまざりあってしまう失敗ですね。
■本日は、表現の誤りを探すクイズです。混交表現による誤りを含め、次の5つの文は間違いを含んでいるようです。誤用部分を指摘し、正しい表現に直してください。
[い]「そういった事情があることは、私の胸先三寸に納めておくよ」
[ろ]「万事遺漏がないように目配せしておいてくれ」
[は]「若いが潜在能力があるとみて白羽の矢を当てたんだよ」
[に]「あの野郎、ヤバイとみるや、手の裏を返すように専務派に寝返りやがった」
[ほ]「いくら頼んでもけんもほろろ。とりつく暇もない」
(答えはずっと下↓ スクロールして下さい)

























★日本語★
正解:各項目を参照してください
説明:[い]「そういった事情があることは、私の胸先三寸に納めておくよ」は胸先三寸が誤り
■正しくは、「胸三寸」だそうです。「胸三寸に納める」は、「心の中にしまい込んで、顔にも言葉にも出さないでいる」という意味です。「胸三寸に畳む」ともいいます。
□「胸先三寸」は、おそらくは「胸三寸」と「舌先三寸」との混交表現でしょう。「舌先三寸」は、「口先だけでうまく相手をあしらうこと」だそうです。「胸先三寸に納めておく」と言われた人は、「こいつは信頼できるのかな」と不安を感じるでしょうね。
□なお「舌先三寸」は、「口先三寸」と誤用されることも多いようです。ATOKでは、「くちさきさんずん」を変換しようとすると、「舌先三寸の誤り」と指摘されてしまいます。
[ろ]「万事遺漏がないように目配せしておいてくれ」は目配せが誤り
■正しくは、「目配り」だそうです。「いろいろな所に注意を行き届かせること」ですね。「気配り」といいかえることもできます。
□「目配せ」のほうは、ご存じのように、「目を動かして、意思を伝えたり合図をしたりすること」です。3人以上の人がいる場面で行ないます。たとえば救出に来た人、隠れて待ち伏せする犯人、人質の3人がいるとき、人質は救出者に目配せで知らせようとします。犯罪ドラマではよくある場面です。まぶたを動かして合図するウインクはほとんどの人が簡単にできます。目玉だけを動かすのは、ちょっとむずかしいですね。
□なお、「遺漏(いろう)」は、「大切な事が抜け落ちていること」です。「手抜かり、手落ち」といいかえることができます。
[は]「若いが潜在能力があるとみて白羽の矢を当てたんだよ」は白羽の矢を当てるが誤り
■正しくは、「白羽の矢を立てる」ですね。「多くのなかから特に指定して選び出す」ことだそうです。「抜擢する」といういい意味で使われる例が多いようです。まれには、「多くの中から犠牲者として選び出す」という意味でも使われるらしい。
□おそらくは「矢を的に当てる」という言葉と混同したものと思われます。
□余談です。江戸時代の屋台の蕎麦屋は、行灯(あんどん)という照明器具に、店の屋号・商標・家紋といった字や絵を描き、目印にしたそうです。落語の「時そば」にも出てくるように、矢が的に当たっている絵は少なくなかったらしい。縁起がいいので喜ばれたようです。
[に]「あの野郎、ヤバイとみるや、手の裏を返すように専務派に寝返りやがった」は手の裏が誤り
■正しくは、「手の平を返すように」ですね。「言葉や態度などが、それまでとがらりと変わる」ことだそうです。辞書によっては、「手の裏を返す」という表現でもかまわないとしているものがあるようです。グーグルで調べると、「手の平を返す」が29万1000件。「手の裏を返す」が1万2900件(110330現在)。どうも、「手の平」派のほうが優勢のようでありますが。
□なお、「手の平」は、「手のひら」でももちろんかまわないでしょうし、「掌を返す」という表記でもいいらしい。「掌」という漢字は、「たなごころ、つかさどる」といった訓読みがあります。「たなごころ」とは手の平のことです。常用漢字表の表外の読みではありますが、「掌」を「てのひら」と読むこともあるようです。
[ほ]「いくら頼んでもけんもほろろ。とりつく暇もない」はが誤り
■正しくは、「とりつく島もない」だそうです。「頼りとしてすがるところ」という意味らしい。「島」は、「縄張り、勢力範囲」というヤクザが使う用語ですね。転じて頼りにするものという意味が生まれたそうです。
□なお、「大辞泉」には、文化庁の世論調査の結果として、正しい言いかたである「取り付く島がない」を使う人が44.4%。誤った言いかたである「取り付く暇がない」を使う人が42.0%だったと記されていました。拮抗しています。言葉の世界においても、「正しい者がいつも勝つとは限らない」のでしょうかね。
◆参考*1:HP「NHK放送文化研究所」(ことばウラ・オモテ 混交表現)
http://www.nhk.or.jp/bunken/research/kotoba/ura/kotoba_ura_01030101.html
◇Yahoo! J Dictionaries 大辞泉
◇Yahoo! J Dictionaries 大辞林

ぬけられます→日本語雑学クイズ一覧

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
デルくい?んなもんない!思い込み!若いやつはちょっと言われたくらいでやりたいことを殺してやらない!弱い。しょうがない弱いんだから
たくま
2011/04/15 09:31
コメントをありがとうございます。
たくま様<素町人
2011/04/15 13:18

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
「あの部署では頑張るだけ無駄。出る釘は打たれるのさ」。何が間違いなの? 町人思案橋・クイズ集/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる