ほぼ100年前。誕生まもない飛行機を作品中で描いた有名な画家は誰なの?

画像
★歴史★
問題:昨日、平成23年3月11日(金)は、東北と関東で、史上最大級といわれる地震に見舞われてしまいました。被災されたかたに御見舞を申し上げるとともに、亡くなられた多くのかたの御冥福を心よりお祈り申し上げます。
m(_ _)m
■ご存じのように、明治36年(1903年)にライト兄弟は世界で初めて、飛行機で空を飛ぶことに成功したといわれます。アメリカや日本ではこの話が信じられていますが、所変われば品変わる。フランスやブラジルでは、サントス・デュモンという人物が世界初の飛行機の開発者であり、操縦士だと思われているという話があります。
■ライト兄弟の最初の飛行では5人の観客しかいなかったといわれます。これに対しサントス・デュモンは公開実験で成功したらしい。Wikipediaのサントス・デュモンの項によれば、同氏は明治39(1906)年に高さ6m距離220mを公開実験において飛行し、「100m以上の飛行」にかけられていたアルシュデック賞という賞を獲得したそうです*3。ライト兄弟は、その3年前に59秒・260mを成功させたといわれます*2。ただし公開実験ではなかったため、アメリカ国内の人たちですら、なかなか信じてくれなかったようです。
■Wikipediaのライト兄弟の項によれば、「(初飛行百周年を記念して兄弟のつくったライトフライヤー号をコンピュータで復元してみると)飛行のシミュレーションでは姿勢が安定せずに普通に飛べなかった」という意味のことが記されています。実物も復元してみたようですが、離陸すらできなかったとのこと。ライト兄弟は強い風を利用し、操縦技術にも優れていたのだろうという意見があるようです。
■余談です。アメリカやフランス、ブラジルでは「誰が1番か」ということを重要視するらしい。日本には「なぜ1番でなければいけないのか」というユニークな思想があり、特許や商標登録、意匠登録などの工業所有権も2番手以降に優先的に権利を与えることになっています。なっていないか。
■百年ほど前に誰が最初に飛んだのかという話はともかく、当時は、飛行機の話題が新聞を賑わし、噂話が飛び交っていたのは間違いないようです。そのころ、世界的に有名なある画家は、自分の作品のなかに飛行機の姿をとりいれているそうです。
■では、20世紀の初め、飛行機に関心を寄せ、作品中に描いた著名画家とは、次の誰でしょうか?
[い]ピカソ
[ろ]マチス
[は]ルソー
[に]セザンヌ
[ほ]ゴーギャン
(答えはずっと下↓ スクロールして下さい)

























★歴史★
正解:[は]ルソー
説明:ルソーといっても、フランス革命の前に生きていた思想家、ジャン・ジャック・ルソー氏ではありません。ジャン氏は「♪むすんでひらいて」の作曲家でもあり、「社会契約論」や「エミール」、「新エロイーズ」などの著作を残しました。でも人間が空を飛ぶ場面を目撃することはなく、1778年(安永(あんえい)7年)に満66歳で亡くなっています。
■飛行機を描いたルソー氏はアンリ・ルソー氏です。1844年(天保(てんぽう)15年)5月21日に生まれ、1910年(明治43年)9月2日に亡くなっています。おや。満66歳でなくなった点は共通するんですね。
■アンリ・ルソー氏にレッテルを貼るとすると「素朴派」という分類になるらしい。代表的な作品は「眠るジプシー女」などだそうです。たしかにこの図柄は目にしたことがあるな。どちらかというと超現実主義風に見えますね。
▼眠るジプシー女
画像

■で、飛行機を描いた絵は「糸を垂れる釣り人」といいます。題名は古い中国を連想させます。「江雪(こうせつ)」という柳宗元(りゅう そうげん)の漢詩を思い出します。「孤舟簑傘翁(こしゅうさりゅうのおきな) 獨釣寒江雪(ひとりつるかんこうのゆき)」という一節がありました。でも、アンリ・ルソー氏の江は、失礼、ルソー氏の絵は、水墨画のように枯れてはいません。なにしろ空には飛行機が飛んでいるのですから。
▼糸を垂れる釣り人
画像

■絵は参考資料*5にあったものです。説明によると、パリとおぼしき町の上空を飛んでいる飛行機は、ライト兄弟のフライヤーA号という飛行機に似ているそうです。描かれたのが最晩年の1908~1909年(明治42年)ぐらい。この直前に、ライト兄弟はフランスを訪問し、公開飛行を行なっているようです。
■余談です。参考資料*5には、もうひとつ面白い話がありました。滋野清武(しげの きよたけ)という日本の音楽家も、このころパリに留学していたそうです。彼もまた飛行機に関心を抱き、飛行機乗りになります。のちにはフランスの陸軍飛行隊に入り、第一次世界大戦ではドイツ軍と戦ったらしい。第一次世界大戦の空中戦では、敵機めがけて煉瓦(れんが)を投げつけたなんて話を聞きます。滋野氏も煉瓦投げに参加したのかな。
◆参考*1:HP「ライト兄弟 - Wikipedia」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%88%E5%85%84%E5%BC%9F
◇*2HP「ファーストフライト」
http://www.wetwing.com/wright/firstflight/firstflight.html
◇*3HP「アルベルト・サントス・デュモン - Wikipedia」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%83%99%E3%83%AB%E3%83%88%E3%83%BB%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%83%88%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%83%87%E3%83%A5%E3%83%A2%E3%83%B3
◇*4HP「アンリ・ルソー - Wikipedia」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%AA%E3%83%BB%E3%83%AB%E3%82%BD%E3%83%BC
◇*5雑誌「日本の航空事始め(3)」Newton (ニュートン) 2009年 7月号110~117頁、担当筆者水谷仁、ニュートンプレス

ぬけられます→歴史雑学クイズ一覧

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック