町人思案橋・クイズ集

アクセスカウンタ

zoom RSS 新採用される常用漢字・はぐれ者系第3弾。「サイ玉県」の「サイ」はどう書くんだっけ?

<<   作成日時 : 2011/02/07 07:33   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
★日本語★
問題:相変わらず、常用漢字表の新メンバーのご紹介です。
■文部科学省の案では、改定される最新の常用漢字表で196字が追加されます。5字が削除されます。191字の増加で、2136字になるらしい。平成24年(2012年)度から中学と高校で指導を始め、平成27年(2015年)度から高校・大学の入試に出題を解禁するとのこと*4。
■昨年6月末から人偏(にんべん)や草冠(くさかんむり)など、部首ごとに新しい漢字を紹介してきました。また、食欲系とか医療系など、使われる場面がおなじ漢字群を紹介してきました。ネタが尽きたようです。他の漢字と群れを作らない一匹狼・はぐれ者の漢字が残りました。これらもすべて紹介します。
■本日も互いにあまり関係のない5字の漢字をクイズにしました。次のカタカナ部分を漢字に直してください。
[い]「近藤勇は自分の握りコブシを口に入れた」
[ろ]「前門のトラ後門の狼」
[は]「大根に弾コンがある」
[に]「ウネ女(うねめ)は容姿端麗である」
[ほ]「サイ玉県は彩の国と呼ばれる」
(答えはずっと下↓ スクロールして下さい)



























★日本語★
正解:各項目を参照してください
説明:[い]「近藤勇は自分の握りコブシを口に入れた」は(握り)拳と書く
■握り拳はほとんどの人が所有する武器ですね。男性の喧嘩の際にはよく使われます。女性はどちらかというと爪で引っ掻くほうが得意かな。
□近藤勇の口は大きくて、握り拳が入ったといいます。剣道で鍛えた手ですから、並の人よりも大きかったかもしれません。それが入ったのですから、顎も発達していたんですね。Wikipediaなどの肖像写真によれば、おちょぼ口ではなさそうです*5。
□「拳」という漢字は、漢和辞書「字通」によれば、「ケン、カン、こぶし、にぎる、うつ」という字音・字訓があります。「徒手空拳(トシュクウケン)」という四字熟語をつくります。「裸一貫」とほぼおなじ意味ですね。「鉄拳制裁(テッケンセイサイ)」という四字熟語もありました。拳を私刑の処刑具として利用することらしい。
[ろ]「前門のトラ後門の狼」はと書く
■「虎」といえば阪神です。阪神ファンはようやく大手を振って「虎」という漢字が使えるようになったらしい。そういえば大阪や阪神の「阪」という漢字も今回ようやく常用漢字になったらしい。文部科学省にはいままで関西軽視の傾向があったのかな。
□「虎」という漢字は、漢和辞書「字通」によれば、「コ、とら」という字音・字訓があります。「虎穴(コケツ)」という熟語をつくります。「虎穴に入らずんば虎子(コジ、虎児とも)を得ず」という諺があります。危険を冒さなければ獲物は得られないという意味ですね。従来のサッカーの日本代表はときどき虎穴に入ることを恐れ、得点力不足と評されていました。ザックジャパンでは失点もありますが、得点もとれるようになってきたのかな。
□「虎口(ココウ)」という熟語もよく使われます。「危険な場所、状態のたとえ」だそうです。「同点の9回裏、無死満塁を零点で乗り切った。あやうく虎口をのがれ、延長に持ち込む」などと使いますね。
[は]「大根に弾コンがある」は(弾)痕と書く
■「弾痕(ダンコン)」は弾のあとですね。同音異義語にタマの相棒があります。混同しないように。
□ヤクザの抗争では、よく事務所や幹部宅の玄関扉に弾痕がつけられたりします。政治家の事務所なんかにも稀にあるのかな。隣が八百屋さんだと、大根に弾痕があったりするのかな。
□「痕」という漢字は、漢和辞書「字通」では、「コン、あと、きずあと」という字音・字訓があります。「痕跡(こんせき)」という熟語をつくります。「過去に事物があったことを示すあとかた」という意味だそうです。「痕跡器官」というのがあります。人間でいえば盲腸、尾骨、耳を動かす筋肉だそうです。昔は意味があったけど、最近はほとんど無意味になっている器官ですね。オカマ諸姉の弾痕もまた、痕跡器官なのかな。失礼、混同してしまいました。
[に]「ウネ女(うねめ)は容姿端麗である」は采(女)と書く
■「采女(うねめ)」は、「天皇・皇后の側近に仕え、日常の雑事に従った者」だそうです。「諸国の郡司一族の子女のうちから容姿端麗な者を出仕させた」とのこと。采女に選ばれるということは、容姿端麗のお墨付きをもらったようなものなのかな。
□「采」という漢字は、漢和辞書「字通」によれば、「サイ、とる、いろ」という字音・字訓があります。「采配(さいはい)」という熟語をつくります。「采配を振るう」という慣用句で使われます。「指図をする、指揮をとる」という意味ですね。
□采配は、そもそもは手に持つ道具だそうです。厚紙を細長く切って束ねた房を木や竹の柄につけた物らしい。大将が戦場で指揮するために使ったとのこと。遠くからでもよく見えるように、房がついているらしい。そういえば相撲の行司が手に持つ道具は軍配です。こちらも、指し示している方向がはっきりするように団扇のようになっているのかな。
□昨今の不祥事により大相撲が完全に滅亡した場合、軍配は博物館でしか見られなくなるかもしれません。それはそれで淋しいですね。
[ほ]「サイ玉県は彩の国と呼ばれる」は埼(玉県)と書く
■「埼玉県」は、明治4年(1871年)に旧埼玉県が置かれた際、当時の埼玉郡岩槻町に県庁を設置する予定だったので「埼玉県」と命名されたらしい。郡の名前の埼玉の由来については諸説あって定説がないようです。たとえば多摩(現東京など)の先(奥)にあるから先多摩だったという説などがあるらしい*6。京都から見れば、岩槻周辺は多摩の先にあるわけですね。
□旧埼玉県は現在の埼玉県の東部地域に当たるそうです。周辺の県と合併や吸収を行ない、明治9年(1876年)に現在の埼玉県が誕生したらしい。
□「埼」という漢字は、漢和辞書「字通」によれば、「キ、さき、みさき」という字音・字訓があります。「埼玉」という地名以外には知られた熟語はありません。
□「埼」には、「崎」あるいは「碕」という異体字があります。読みと意味はおなじで形の異なる字ですね。犬吠崎とか石廊崎などで使われる「崎」とおなじ意味というのが不思議です。埼玉は海のない地形なのに。
□でもよく考えると、群馬県伊勢崎市・高崎市とか愛知県岡崎市なども内陸部です。「崎」は先端の意味があり、陸の先っぽとしては岬を表すようです。山の先っぽとしては内陸部の地名にも使われるらしい。
◆参考*1:HP「常用漢字表:文部科学省」
http://www.mext.go.jp/b_menu/hakusho/nc/k19811001001/k19811001001.html
◇*2新聞「新常用漢字表を国語分科会了承」100519読売新聞東京夕刊10頁
◇*3HP「新常用漢字(常用漢字に追加される196字)の読み方などの一覧:漢字辞典ネット」
http://www.kanjijiten.net/joyo/newjoyo.html
◇*4HP「新常用漢字、12年度導入…入試は15年度から (読売新聞) - Yahoo!ニュース」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100925-00000040-yom-soci
◇*5HP「近藤勇 - Wikipedia」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%BF%91%E8%97%A4%E5%8B%87
◇*6HP「埼玉県 - 地名由来辞典」
http://chimei-allguide.com/11/000.html

ぬけられます→日本語雑学クイズ一覧

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
新採用される常用漢字・はぐれ者系第3弾。「サイ玉県」の「サイ」はどう書くんだっけ? 町人思案橋・クイズ集/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる