町人思案橋・クイズ集

アクセスカウンタ

zoom RSS 新採用常用漢字・はぐれ者系第5弾。「試合でPKをケる」の「ケる」はどう書くんだっけ?

<<   作成日時 : 2011/02/21 07:06   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
★日本語★
問題:相変わらず、常用漢字表の新メンバーのご紹介です。
■文部科学省の案では、改定される最新の常用漢字表で196字が追加されます。5字が削除されます。191字の増加で、2136字になるらしい。平成24年(2012年)度から中学と高校で指導を始め、平成27年(2015年)度から高校・大学の入試に出題を解禁するとのこと*4。
■昨年6月末から人偏(にんべん)や草冠(くさかんむり)など、部首ごとに新しい漢字を紹介してきました。また、食欲系とか医療系など、使われる場面がおなじ漢字群を紹介してきました。ネタが尽きたようです。他の漢字と群れを作らない一匹狼・はぐれ者の漢字が残りました。これらもすべて紹介しています。
■本日も互いにあまり関係のない5字の漢字をクイズにしました。次のカタカナ部分を漢字に直してください。
[い]「カシマアントラーズはJリーグの強豪だ」のカシマ
[ろ]「アントラーズの選手をシッタ激励する」のシッタ
[は]「浦和をソデにしてアントラーズに行く」のソデ
[に]「敵側応援団のシュウチシンに欠ける野次」のシュウチシン
[ほ]「選ばれてPKをケる」のケる
(答えはずっと下↓ スクロールして下さい)



























★日本語★
正解:各項目を参照してください
説明:[い]「カシマアントラーズはJリーグの強豪だ」のカシマは鹿島と書く
■鹿島アントラーズは、Jリーグでいちばん多く優勝しているチームだそうです。強豪中の強豪ですね。でもなぜか内弁慶です。ACL(アジア・チャンピオンズ・リーグ)というアジア最強を決める大会に出場はするもののなかなか好成績があげられません。
□鹿島建設という総合建設会社があります。こちらは「かじま」と濁るようです。江戸時代には「大岩」という屋号の大工の店だったそうです。昨年まで鹿島アントラーズに所属した選手に元日本代表DF大岩剛(ごう)という人がいましたね。おそらく関係がないのでしょうけど。
□「鹿」という漢字は、漢和辞書「字通」によれば、「ロク、しか」という字音・字訓があります。象形文字だそうです。帝位をあらわすことがあるらしい。「中原に鹿を逐う(ちゅうげんにしかをおう)」という慣用句があります。「帝王の位や政権を得ようとして争う」という意味らしい。平成23年(2011年)2月下旬では、前原、岡田、野田その他の代議士が鹿を逐っているのかな。現首相の命脈は尽きた、と考えていいのかな。
[ろ]「アントラーズの選手をシッタ激励する」のシッタは叱咤と書く
■「叱咤激励」は、「大きな声で強く励ますこと」だそうです。球場や体育館での応援には無くてはならないものですね。FIFA(国際サッカー連盟)は、例のブブゼラという楽器を南アフリカ大会で認めました。あれも「大きな声」の一種なんでしょうか。
□「叱」という漢字は、漢和辞書「字通」によれば、「シツ、しかる」という字音・字訓があります。「叱咤」、「叱責(しっせき)」という熟語をつくります。前者は「激しく叱る」、後者は普通に「叱る」だそうです。
[は]「浦和をソデにしてアントラーズに行く」のソデはと書く
■「袖にする」は、「親しくしていた人をないがしろにする。冷淡にあしらう」という意味だそうです。「袖すり合う(振り合う)も他生(多生)の縁(たしょうのえん)」という慣用句もありますね。「道で人と袖を触れあうようなちょっとしたことでも、前世からの因縁によるものだ」という仏教の考えかたらしい。馳浩(はせ ひろし)という国会議員の先生によると、「腰振り合うも他生の縁」だそうです。
□「袖」という漢字は、漢和辞書「字通」によれば、「シュウ、そで」という字音・字訓があります。「袖珍(しゅうちん)」という熟語をつくります。袖やポケットに入る小型の本という意味があります。袖珍版とはつまり文庫とか新書版などの小型の書籍という意味かな。
[に]「敵側応援団のシュウチシンに欠ける野次」のシュウチシンは羞恥心と書く
■「羞恥心」という言葉は、最近では歌手グループの名前として知られていますが、本来は「恥ずかしく感じる気持ち」という意味です。「羞恥心に欠ける」は、「破廉恥(ハレンチ)」とよく似た言葉ですね。
□「羞」という漢字は、漢和辞書「字通」によれば、「シュウ、すすめる、たべもの、はじ、はじる」という字音・字訓があります。もともとは「神に羊牲(生け贄の羊)を供えすすめる」という意味だったらしい。たしかに「羊」という部品が含まれていますね。食べ物という意味もそこから生まれたらしい。なぜ「はじ」という意味が生まれたのかはわかりませんでした。
□「含羞(がんしゅう)」という熟語をつくります。「恥ずかしいと思う気持ち」だそうです。昔の小説ではよく使われました。「はじらい」とか「はにかみ」などと振り仮名が振られている例も少なくないようです。含羞草と書くと「おじぎそう」と読むらしい。御辞儀草という素直な漢字表記もあるとのこと。
[ほ]「選ばれてPKをケる」のケるはと書く
■「蹴」という漢字は、漢和辞書「字通」では、「シュク、シュウ、ける、ふむ、つつしむ」という字音・字訓があります。「蹴鞠(しゅうきく)、蹴毬(しゅうきゅう)」という熟語をつくります。「けまり」のことらしい。
□「蹴球」はご存じのとおりサッカーのことですね。日本サッカー協会は、大正10年(1921年)に創立された際には「大日本蹴球協会」と呼ばれていました。組織の誕生には妙ちきりんな逸話もあるようです*5。
□同年に開催された第1回の天皇杯は、「ア式蹴球全国優勝競技会」だったようです。1回目の優勝チームは東京蹴球団。FC東京の前身のチーム…というのは嘘です。
◆参考*1:HP「常用漢字表:文部科学省」
http://www.mext.go.jp/b_menu/hakusho/nc/k19811001001/k19811001001.html
◇*2新聞「新常用漢字表を国語分科会了承」100519読売新聞東京夕刊10頁
◇*3HP「新常用漢字(常用漢字に追加される196字)の読み方などの一覧:漢字辞典ネット」
http://www.kanjijiten.net/joyo/newjoyo.html
◇*4HP「新常用漢字、12年度導入…入試は15年度から (読売新聞) - Yahoo!ニュース」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100925-00000040-yom-soci
◇*5HP「日本サッカー協会が産声をあげた日。誕生のきっかけはまったくの誤解からなの?」
http://blog.q-q.jp/200809/article_19.html

ぬけられます→日本語雑学クイズ一覧

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
新採用常用漢字・はぐれ者系第5弾。「試合でPKをケる」の「ケる」はどう書くんだっけ? 町人思案橋・クイズ集/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる