明治4年には日本の人口はどのぐらいだったの?

画像
★歴史★
問題:昨年は西暦2010年で5で割り切れる年でした。秋に国勢調査がありました。東京ではインターネットでの記入も可能になっていました。かつては個別訪問での聞き取り。最近では封印した書類の収集。今後は電子的な情報収集になっていくのかな。
■参考資料*1によれば、国勢調査は大正9年(1920年)に第1回が行なわれたようです。このときの人口は7700万5500人だそうです。ゾロメがきいて覚えやすい数字ですね。「外地も含めて」の数値らしい。台湾や朝鮮に在住した日本人だけを含めたのか。あるいは現地住民も含めたのか。よくわかりませんでしたけど。
■国勢調査というほどおおがかりではありませんが、139年前の今日、西暦1872年1月29日(和暦明治4年12月20日)にも戸籍の調査が行なわれ、戸籍に載っている人の数が勘定されたそうです。では、そのときの人口は次のどれに近いでしょうか?
[い]約2200万人
[ろ]約3300万人
[は]約4400万人
[に]約5500万人
[ほ]約6600万人
(答えはずっと下↓ スクロールして下さい)

























★歴史★
正解:[ろ]約3300万人
説明:細かくいうと、3311万825人だったそうです*2。
■国勢調査と戸籍調査とはどう違うのか。はっきりはわかりません。国勢調査では戸籍とは無関係に住んでいる人全員の情報を確認するような気もします。戸籍調査では、そのときに管理されている台帳を調べ、戸籍に掲載されている人を対象にするのかな。戸籍調査のほうが小規模であり、かつ手間もかからない雰囲気はあります。
■それでも作業は大変だったと推測されます。明治初年ですから電話がありません。電信も限られた都市の間だけだったようです。郵便制度は明治4年3月1日(西暦1871年4月20日)に始まったばかり。情報をやりとりするのにも時間と手間がかかったことでしょう。
■日本の人口は明治時代から大正時代にかけて倍増しているようです。その後、さらに増加を続けました。素町人が子供のころ、昭和38年(1963年)には、小島正雄(まさお)の司会で「9500万人のポピュラーリクエスト」というラジオ番組が人気でした。小島正雄はたしか「11PM」の初期の司会もつとめていましたね。このころにはまだ人口は1億人に到達していなかったようです。
■現在は減少しはじめたという噂はあるものの1億2500万人を越えています。1億人を切るのは2050年ぐらいの予想だとか。「9500万人のポピュラーリクエスト」の頃も十分に日本は元気でした。高度経済成長のまっただなかだったかな。現在でも米国を除く欧米各国、英仏独伊西蘭加豪等はすべて日本より人口が少ないようです。これらの国が不幸かというと、そうでもなさそうです。人口減少社会を極度に恐れる人たちがいますが、素人にはその理由がいまひとつわかりにくい。
■なお、大宝律令が出来た700年ごろは468万人ぐらい、鎌倉幕府が誕生した12世紀末は684万人ぐらい、関ヶ原の戦いがあった1600年ごろは1227万人という推定があるようです*3。
◆参考*1:HP「国勢調査が始まったのはいつ? 」
http://blog.q-q.jp/200606/article_1.html
◇*2HP「1月29日 - Wikipedia」
http://ja.wikipedia.org/wiki/1%E6%9C%8829%E6%97%A5
◇*3HP「図録▽人口の超長期推移(縄文時代から2100年まで)」
http://www2.ttcn.ne.jp/~honkawa/1150.html
◇*4HP「郵便 - Wikipedia」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%83%B5%E4%BE%BF#.E6.97.A5.E6.9C.AC.E3.81.AE.E9.83.B5.E4.BE.BF.E3.81.AE.E6.AD.B4.E5.8F.B2

ぬけられます→歴史雑学クイズ一覧

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

驚いた
面白い

この記事へのコメント

ねこのひげ
2011年01月29日 09:09
人口が、あの頃に戻れば就職難も解消?と思うのは我々だけでしょうかね?
国民から搾取できなくて役人や政治家が困るのかな?
(^_^.)
ねこのひげ様<素町人
2011年01月29日 09:40
コメントをありがとうございます。

 人口が減ると通勤電車の混雑は緩和されるかもしれません。交通渋滞も解消するかな。馬鹿みたいに高い土地の価格も低価格で安定したりして。
 日本における炭酸ガスの総排出量は減り、温暖化にも少しだけブレーキがかかります。新卒・中途採用の就職難もおさまったりして。国民1人あたりの公園面積とか森林面積は少し増えるはずですし。
 素人はついつい楽天的な想像をふくらませてしまいますよね。
(^^;)

この記事へのトラックバック