町人思案橋・クイズ集

アクセスカウンタ

zoom RSS 慣用句の問題。「おちる」、「しゃくる」、「だす」、「つかう」、「はずれる」のは、どんなもの?

<<   作成日時 : 2011/01/20 07:02   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
★日本語★
問題:慣用句の問題です。「名詞+助詞+動詞(あるいは形容詞)」という仕組みの慣用句で、動詞部分を複数提示します。名詞部分をあててください。なお、場合によっては用言の後に助動詞や助詞が続く場合もあります。
■たとえば、「はいる」、「たつ」、「まわる」、「つつしむ」、「たしなむ」という動詞が下にくる名詞といえばなんでしょうか。ちょっとむずかしいかもしれません。答は「酒」です。酒が入る。酒を断つ。酒が回る。酒を慎む。酒を嗜む、となります。
■では下の選択肢のような動詞を伴う上の名詞部分はなんでしょうか?
[い]おちる
[ろ]しゃくる
[は]だす
[に]つかう
[ほ]はずれる
(答えはずっと下↓ スクロールして下さい)

























★日本語★
正解:「顎(あご)」
説明:顎が落ちる。顎をしゃくる。顎を出す。顎で使う。顎が外れる、という表現になります。
■「顎が落ちる」は、「食物の味の非常によいことのたとえ」だそうです。「ほっぺたが落ちる」とおなじ意味ですね。現代風にいえば「まいう〜」なのかな。
■「顎をしゃくる」は、「顎を使って方角などを示す」ことだそうです。口や手を使わないわけですね。かなり無作法、かつ失礼な動作です。目上の人間が、軽視している部下に対してすることが多いのかな。
■昔聞いた啖呵に、「俺がちょいと顎をしゃくれば、10人や20人の命知らずはすぐに集まるんだぞ」というのがありました。ものすごく偉ぶっています。傲慢です。法的にはどうなのかな。脅迫罪とかにあたらないのでしょうかね。
■「顎を出す」は、「ひどく疲れて、足が動かず、あごだけが前に出る」という状態だそうです。転じて、「疲れ切ってどうにもならない状態」に使います。マラソンやサッカーなど激しい運動では顎を出すことがあります。ゴルフや卓球では、あまり顎は出しません。中学生のとき卓球部でしたが、ランニングでハァハァいってから試合したほうが結果のいいことがありました。疲労のせいで余計な力が抜けるんだと先輩は説明してくれました。
■「顎で使う」は、「高慢な態度で、意のままに人を使う」という意味だそうです。「ワンマン社長は部下を顎で使う」などといいます。「親を顎で使う」という親不孝な人もいるらしい。
■「顎が外れる」は、「大笑いをすること」だそうです。「顎を外す」ともいいます。「顎が落ちる」と混同する人がいるらしい。気をつけましょう。
■その他に、顎に関する慣用のいいかたとしては、「顎が干上がる」とか、「顎を撫でる」という表現があります。「顎が干上がる」は、「収入がなくなって、生活ができなくなる」という意味です。失業率がなかなか下がらない平成23年(2011年)においては、深刻な問題です。「顎を撫でる」は、「物事が思いどおりに進み、得意になる」ことだそうです。満足感のあらわれらしい。このときの表情は、いわゆる「どや顔」なのでしょうか。
■堅気とは呼ばれないさる業界の人々は、「顎が立つ」、「顎が軽い」といった表現もご利用になるらしい。前者は「弁が立つ、喋りが上手い」という意味、後者は「口が軽い」という意味だそうです*2。
◆参考*1:書籍「日本語コロケーション辞典」、金田一秀穂監修、ISBN4-05-302130-8、学習研究社
◇Yahoo! J Dictionaries 大辞泉
◇Yahoo! J Dictionaries 大辞林
◇*2HP「ヤクザ業界の符丁。「チンコロする」とは「金を持って逃げる」ことなの?」
http://blog.q-q.jp/200707/article_37.html

ぬけられます→日本語雑学クイズ一覧

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
慣用句の問題。「おちる」、「しゃくる」、「だす」、「つかう」、「はずれる」のは、どんなもの? 町人思案橋・クイズ集/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる