推理作家の元祖、エドガー・アラン・ポー氏が晩年に取り組んだのは何のパラドックスなの?

画像
★歴史★
問題:本日1月19日はアメリカの作家エドガー・アラン・ポーの誕生日だそうです。約2世紀前、1809年(文化(ぶんか)6年)に産まれたらしい。
■ポーは推理小説の元祖とされる作家だそうです。1841年(天保(てんぽう)12年)に発表された「モルグ街の殺人」がその記念碑らしい。デュパンという名前の探偵が登場し、あれこれ推理しながら犯人があいつであることを解明するわけですね。あいつは人でなしです。
■エドガー・アラン・ポーは、ホラー小説の分野でも有名です。「クロネコ」という宅急便を主題にした怪奇経済小説、違うな、「黒猫」という題名の短編小説もなかなか怖いですよね。
■小説に科学上の事実を取り入れることにより、物語に真実味を持たせた初期の人らしい。フランスの後輩、ジュール・ヴェルヌはポーの作品に関心を寄せます。のちに、SFと呼ばれる文芸の分野が発展する力にもなったとのこと。
■詩人としては「大鴉(おおがらす)」という詩などで知られます。「詩の原理」という作品では、「自分の詩を解説しながら詩の構築を説いた」とのこと。ボードレールやマラルメなどの象徴派詩人たちに大きな影響を与えたそうです。
■たった40年しか生きなかった人です。それにしては広い分野に大きな足跡を残しました。その人生の前半は、多くの人と同様、生きるための訓練に費やしたようです。ただし、バージニア大学は1年で放校されています。ウェスト・ポイントの陸軍士官学校は意図的な反抗により除籍されたそうです。温和でどんな環境にも適応する人、というわけではなかったようです。
■職業としては最初は銃を抱えています。大学を放校された直後、満18歳ぐらいのころから2年間陸軍で軍務につき、上級曹長という位にまで昇進したらしい。士官学校への入学を許可されますが、前述の結果となりました。あとは、ほとんどペンを持って暮らしを立てました。経営の危うい弱小媒体にかかわることが多かったようです。経済上の苦労はいつものことだったらしい。
■ポーの愛妻は、ポーが38歳のときに死にました。結婚生活は10年あまり。妻は24歳ぐらいで亡くなったようです。結婚したときには13歳9か月。いわゆる幼妻ですね。
■本日は、偉大な文学者の202回目の誕生日を祝し、エドガー・アラン・ポー氏についての雑学クイズです。ポーの晩年といいますから、愛妻を失った前後でしょうか。ポーはあるパラドックスの解明にとりつかれていたそうです。それは次のうちのどれでしょうか?
[い]ゼノンのパラドックス(アキレウスはなぜ亀に追いつけないのか)
[ろ]全能のパラドックス(全能者は自分が持てない石を作れるか)
[は]嘘つきのパラドックス(「この文章は嘘である」という文章は正しいのか間違っているのか)
[に]例外のパラドックス(「例外のない規則はない」という規則に例外はあるのか)
[ほ]オルバースのパラドックス(星は光っているのになぜ宇宙は暗いのか)
(答えはずっと下↓ スクロールして下さい)

























★歴史★
正解:[ほ]オルバースのパラドックス(星は光っているのになぜ宇宙は暗いのか)
説明:「星に満ちた宇宙が暗いのはなぜか」という疑問を最初に呈したのは、ハインリッヒ・ヴィルヘルム・オルバースという医者・天文学者だそうです。1758年(宝暦(ほうれき)8年)に生まれ、1840年(天保(てんぽう)11年)に死んでいます。エドガー・アラン・ポーと一緒の時代も生きた人のようです。
■参考資料*2によれば、エドガー・アラン・ポーは晩年、寝ても覚めてもオルバースのパラドックスが気になったらしい。で、ポーのたどりついたひとつの結論は、「もし、いまみることができる星の数が有限ならば、夜空が暗くても不思議ではない」というものだったとか。
■現在、正解と考えられているのも、ポーの結論に近いものだそうです。「宇宙の年齢が有限なことや、星の寿命に限りがあるため、夜空を輝かしきるだけの十分な数の星がないことが、夜空が暗い真の理由」だそうです。
■う~ん。夜空が明るくない理由は、素人にはよく理解できません。それより理解できないのは、そんなことに疑問を抱くことですね。夜は暗くなければ安眠できません。白夜だと睡眠不足になりそうです。だから暗くなっているのだ。素人としては、幼稚な目的原因論に逃げ込みたくなります。
◆参考*1:HP「エドガー・アラン・ポー - Wikipedia」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%83%89%E3%82%AC%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%82%A2%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%9D%E3%83%BC
◇*2書籍「よくわかる物理」初版138~139頁、福江純(ふくえ じゅん)著、ISBN 978-4-534-04335-1、日本実業出版社
◇*3HP「パラドックス - Wikipedia」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%91%E3%83%A9%E3%83%89%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9

ぬけられます→歴史雑学クイズ一覧

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック