世界遺産「古都京都の文化財」には、平等院や桂離宮は含まれないの?

画像
★歴史★
問題:平成6年(1994年)の今日、世界遺産として「古都京都の文化財」が登録されたそうです。
■金閣寺や銀閣寺が登録されたそうです。その他にも全部で20件近くの神社仏閣その他が登録されました。では、次の観光名所のうち、世界遺産として「まだ登録されていない」のはどれでしょうか?
[い]清水寺
[ろ]二条城
[は]京都御所
[に]桂離宮
[ほ]詩仙堂
(答えはずっと下↓ スクロールして下さい)

























★歴史★
正解:[は]と[に]、[ほ]が登録されていない
説明:101215現在、「古都京都の文化財」としてユネスコの世界遺産に登録されているのは、次の神社仏閣などだそうです。
---賀茂別雷神社 (上賀茂神社)
---賀茂御祖神社 (下鴨神社)
---教王護国寺 (東寺)
---清水寺(含地主神社)
---延暦寺(滋賀県にある)
---醍醐寺
---仁和寺
---平等院
---宇治上神社
---高山寺
---西芳寺 (苔寺)
---天龍寺
---鹿苑寺 (金閣寺)
---慈照寺 (銀閣寺)
---龍安寺
---西本願寺
---二条城
(参考資料*1による)
■宇治の平等院は含まれているようですね。意外ですが、京都御所の紫宸殿や桂離宮、詩仙堂は含まれないようです。三十三間堂も修学院離宮も含まれないらしい。
■現在のところ、知恩院、大徳寺、永観堂禅林寺、京都御所、嵯峨嵐山一帯、東山一帯、桂離宮、修学院離宮などについて追加登録を検討しているようです。
■京都にはこぢんまりとしたいい飲み屋も何軒かあって、個人としては追加登録を検討してほしいのですが、実現はむずかしそう。残念です。
■日本でいちばん最初に世界文化遺産として登録されたのは、平成5年(1993年)12月、「法隆寺地域の仏教建造物」と「姫路城」だったそうです。奈良については、平成10年(1998年)には、東大寺や興福寺など「古都奈良の文化財」も登録されました。法隆寺近辺と他の奈良の地域の両方で登録されているようです。
■現在のところ、11箇所の文化遺産が日本国内で登録されているらしい。いちばん最近では、平成19年(2007年)6月に「石見銀山遺跡とその文化的背景」というのが登録されたそうです。これから登録されるかもしれないのは、群馬県にある「富岡製糸場と絹産業遺産群」らしい*2。
■世界遺産に登録されれば観光客は誘致できます。ただし、維持管理のための費用は、未登録時よりもあがることが多いらしい。6年に1回は登録更新のための調査があるとのこと。余分な出費が増えるようです。震災や火災による消失に対していままで以上に対策を強化する必要があるともききます。地元にとっては、いいことづくめではないという話も耳にしますね。
◆参考*1:HP「古都京都の文化財 - Wikipedia」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8F%A4%E9%83%BD%E4%BA%AC%E9%83%BD%E3%81%AE%E6%96%87%E5%8C%96%E8%B2%A1
◇*2HP「富岡製糸場 - Wikipedia」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AF%8C%E5%B2%A1%E8%A3%BD%E7%B3%B8%E5%A0%B4

ぬけられます→歴史雑学クイズ一覧

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック