百円銀貨が発行された日。昔の百円の価値はどれぐらいなの?

画像
★歴史★
問題:昭和32年(1957年)の今日、12月11日。初めて100円硬貨が発行されたそうです。片面が鳳凰、もう片面はなんだかよくわからないゴチャゴチャした意匠のものでした(口絵参照)。
■そのころ、100円札も発行されており、板垣退助の絵柄でした。100円はなかなか値打ちのあるお金でしたね。昭和32年(1957年)当時の大卒初任給は8000円前後だったらしい。初任給だけで比較すると現在とは25倍ぐらい貨幣価値が異なるのかな。当時の100円硬貨や紙幣は、現在の2500円ぐらいの使いでがあったかもしれません。
■最初の100円硬貨は、銀貨だったそうです。60%の銀、30%の銅、10%の亜鉛で4.8gあったとのこと。2年後に昭和34年(1959年)にデザインが変わります。表は稲穂、裏はすっきりと100という数字が書いてありました。材料や重さは変わりません。当時7歳ぐらいでしたが、この銀貨は覚えていますね。
■昭和42年(1967年)にも変更がありました。今度は白銅が75%、ニッケルが25%です。重さは変わりません。自販機の都合で変えられないのかな。いま我々の財布やポケットに入っている硬貨です。もう43年間も現役をつとめているようです。
■時代とともに貨幣価値は下がるもののようですが、平成に入ってからはほとんど変わっていません。大卒の初任給も1~2割ぐらいしか上がらない。昭和後半のインフレを経験してきた者にすると、なんだか気味が悪いぐらいです。
■では100円硬貨発行の日にちなみ、本日のクイズです。つぎのうちで、ほぼ100円だったものはどれでしょうか?(正解は複数かも)
[い]明治11年(1878年)、御雇い外国人教師フェノロサの月給
[ろ]明治29年(1896年)、夏目漱石の第五高等学校(熊本)での初任給
[は]大正9年(1920年)、教員の初任給
[に]昭和2年(1927年)、三菱合資帝大工学部出身者の初任給
[ほ]昭和10年(1935年)、高等文官試験を合格した公務員の初任給
(答えはずっと下↓ スクロールして下さい)

























★歴史★
正解:[ろ]と[に]が100円に近い
説明:[い]明治11年(1878年)、御雇い外国人教師フェノロサの月給(×)
■御雇い外国人の給与はかなり高いものだったようです。満25歳ぐらいのフェノロサ氏は月給370円をもらっていたらしい。明治18年(1885年)ごろの民間工場の職工の月給は6円前後だったとのこと*1。60倍以上です。格差社会ですね。
□報じられるところによると、日産自動車のカルロス・ゴーン社長兼最高経営責任者は約8億9000万円の年俸らしい。かりに日産の社員の年俸平均が890万円としても100倍の差があります。明治時代よりも格差が大きいかな。
[ろ]明治29年(1896年)、夏目漱石の第五高等学校(熊本)での初任給(○)
■参考資料*2を含めたいくつかのサイトでは100円という説でまとまっていました。おなじころ、仙台の東北学院の講師をつとめていた島崎藤村の月給は25円だったようです。例によって白米の価格で比べると、明治29年は10kgが64銭です*3。計算を楽にするために現在を3200円にすると、当時の貨幣価値は約5000倍かな。29歳の夏目漱石は月給50万円。24歳の島崎藤村は12万5000円。東京帝国大学卒の肩書きがあると、だいぶ待遇がよかったようです。島崎藤村は私学らしい。
□明治31年には、白米10kgが98銭にまで高騰しています。漱石はともかく、藤村の生活はちょっと苦しかったのかな。
□なお、盛岡中学を中退した石川啄木が、明治39年(1906年)に渋民(しぶたみ)尋常高等小学校の代用教員に採用されたときの月給は8円。同年、函館の弥生尋常小学校の代用教員では12円だったとのこと*2。じっと手を見たくなる安月給なんでしょうね。
[は]大正9年(1920年)、教員の初任給(×)
■大正9年の教員の初任給は、月給45円ぐらいだったようです*3。ただし、その2年前はわずかに15円。第一次大戦の影響もあったのでしょうか。激しくインフレ気味だったのかな。大正5年(1916年)に1円20銭だった白米10kgが大正8年(1919年)には3円86銭に値上がりしています。大正7年(1918年)には米騒動が起きているようです*4。
[に]昭和2年(1927年)、三菱合資帝大工学部出身者の初任給(○)
■前田一(まえだ はじめ)という戦前戦後の企業人の「サラリーマン物語」という本があるらしい。そこには、次のようなことが記されているそうです。「(三菱合資)帝大工90円。帝大法80円。商大(東京商大、神戸商大)80円。商大専門部と早慶、神戸高商75円。地方高等商業と中央、法政、明治65~70円。私大専門部50~60円。中学程度35円」*5*6。当時、私学の専門学校を卒業し、大蔵省に採用された人が45円だったとのこと*7。
□ちなみに三菱合資は三菱財閥の持ち株会社だったらしい。明治26年(1893年)の設立当初は、1社でしたが、三菱商事、三菱地所、三菱造船、三菱銀行などなどが次々に分割されていったそうです。持ち株会社で工学部の出身者が優遇される理由はわかりませんでした。
[ほ]昭和10年(1935年)、高等文官試験を合格した公務員の初任給(×)
■高等文官試験に合格した公務員は、高等官と呼ばれたそうです。75円ほどの初任給だったそうです。昭和20年までは、月給取りは100円もらうのがちょっとした夢だったらしい。現在でいえば年俸1000万円越えかな。フェノロサ氏は明治の初めごろに、夏目漱石は明治の半ば過ぎには実現していたようです。
◆参考*1:書籍「データが語る日本の歴史」初版156頁、歴史教育者協議会、ほるぷ出版
◇*2HP「坊っちゃん」
http://homepage3.nifty.com/~sirakawa/Coin/J045.htm
◇*3HP「いまならいくら?(明治、大正、昭和の消費者物価)」
http://chigasakioows.cool.ne.jp/ima-ikura.shtml
◇*4HP「みんな怒り出した米の暴騰ってどのくらいのもの? 」
http://blog.q-q.jp/200607/article_32.html
◇*5HP「医師の給料 戦前はどうだったのだろう? - OSSANPOWERのバリュー投資 - 楽天ブログ(Blog)」
http://plaza.rakuten.co.jp/ossanpower/diary/?act=reswrite&res_title=%E5%8C%BB%E5%B8%AB%E3%81%AE%E7%B5%A6%E6%96%99%E3%80%80%E6%88%A6%E5%89%8D%E3%81%AF%E3%81%A9%E3%81%86%E3%81%A0%E3%81%A3%E3%81%9F%E3%81%AE%E3%81%A0%E3%82%8D%E3%81%86%EF%BC%9F&d_date=2010-05-24&theme_id=0&d_seq=1
◇*6HP「どこまで続けられるか?」
http://2.suk2.tok2.com/user/68bi51/?y=2006&m=12&all=0
◇*7HP「おしゃべり広場」
http://www.onakama-net.jp/asp/view.asp?Menu=Mes&GroupID=4&MesID=264
◇*8HP「大佛次郎「白い姉」に描かれたモダンライフ 03 クーペ coupe: camarade」
http://goodfeeling.cocolog-nifty.com/camarade/2007/10/03_coup_6ab7.html
◇*9HP「三菱財閥 - Wikipedia」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%89%E8%8F%B1%E8%B2%A1%E9%96%A5

ぬけられます→歴史雑学クイズ一覧

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 13

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 中世ヨーロッパの「針刺し」という仕事は何のために行なわれたの?

    Excerpt: ●●●●●★歴史★● 問題:日本にはあまりなかったようですが、中世のヨーロッパには「針刺し」という不思議な職業が存在したそうです。イングランドやドイツに専門の針刺し師がいたそうですし、スコットランド.. Weblog: 町人思案橋・クイズ集 racked: 2013-11-02 09:08