奈良時代に貴族の階級を7階級特進した出世男は、どんな手柄を立てたの?

●●●●●★歴史★● 問題:西暦790年の今日、11月17日。和暦では 延暦9年10月3日に、佐伯今毛人(さえきのいまえみし)という人物が亡くなりました。奈良時代の貴族として生まれ、生きた人で、のちに遣唐使に任命されたりしています。エリート官僚だったようです。 ■佐伯今毛人は、奈良時代のなかごろに、30階級ほどある貴族の階段を一挙に…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more