太陽系のなかで太陽の存在はどのぐらい大きいの?

●●●●★科学★●● 問題:太陽の話です。 ■お天道さまと米の飯は、どこに行ってもついて回ります。あなたがたのお世話にはなりません。そう言い切ったのは落語「唐茄子屋政談(とうなすやせいだん)」の主人公、徳さんです。大きな商店の若旦那だったらしい。道楽が過ぎるので親戚一同が集まり、みんなで意見をすると、「お天道さまと…」の台詞を吐いて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新採用される常用漢字・肉月(にくづき)系。「ワキが甘い」の「ワキ」はどう書くんだっけ?

●●●★日本語★●●● 問題:相変わらず、常用漢字表の新メンバーのご紹介です。早ければ、平成22年(2010年)の11月から常用漢字表が新しくなるそうです。196字が追加されます。5字が削除されます。191字の増加で、2136字になるらしい。 ■196字の新採用の漢字の中には、「腫れる(はれる)」、「臆する(おくする)」、「脊椎(せ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

近代将棋の父、関根金次郎の一生の不覚とはどんなこと?

●●●●●★歴史★● 問題:誰にも大なり小なり一生の不覚があるものです。 ■歴史上の有名人でいえば、物理学者のニュートン先生の場合は、犬を飼ったことかもしれません。1694年(元禄(げんろく)7年)、ダイヤモンドと名付けられた愛犬は研究室に閉じ込められたことに腹を立てたのか、ロウソクをひっくり返し、火事を出してしまいます。ニュートン…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ギネス公認の「しゃっくり最長持続記録」はどのぐらいなの?

●●●●★科学★●● 問題:スペイン語でイポ。フランス語でオケ。なんだかわかりますか。フィンランド語やノルウェー語では「ヒッカ」、「ヒッケ」。日本語ではしゃっくりだそうです。 ■しゃっくりは、横隔膜(おうかくまく)の痙攣性の運動らしい。なぜ起こるのかは完全には分かっていないとのこと*2。 ■子供のころは、しょっちゅうしゃっくりが出…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

混交表現の問題。「チャンスの芽をつかむ」はどんな表現がまざりあった誤りなの?

●●●★日本語★●●● 問題:混交表現という言葉があるそうです。NHK放送文化研究所によれば、「類似表現が混ざってしまい一見もっともらしい表現になること」だそうです*1。もっともらしいけど誤りです。 ■たとえば「チャンスの芽をつかむ」は、「チャンスの芽を摘む(つむ)」と「チャンスをつかむ」がごっちゃになった混交表現らしい。本来、「チ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「宮さん宮さんお馬の前に…」で始まるトンヤレ節。作曲したのは誰なの?

●●●●●★歴史★● 問題:戊辰戦争のとき、官軍側のテーマソングとなったのが「〽宮さん宮さん お馬の前に ヒラヒラするもの なんじゃいな あれは朝敵 征伐せよとの 錦の御旗じゃ 知らないか トコトンヤレトンヤレナ」というトンヤレ節だそうです。作詞したのは品川弥二郎(やじろう)という長州藩士といわれています。吉田松陰(しょ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新採用される常用漢字・人偏(にんべん)系。「オレの話を聞け」の「オレ」はどう書くんだっけ?

●●●★日本語★●●● 問題:相変わらず、常用漢字表の新メンバーのご紹介です。早ければ、平成22年(2010年)の11月から常用漢字表が新しくなるそうです。196字が追加されます。5字が削除されます。191字の増加で、2136字になるらしい。 ■196字の新採用の漢字の中には、人偏の漢字が5字ほど含まれています。これをクイズにしまし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゑびす(えびす)講の日。そもそもゑびす様はなんの神様なの?

●●●●●★歴史★● 問題:今日11月20日はゑびす講だそうです。旧暦が使われていたころは10月20日でした。明治の初めに太陽暦に変わってからは今日が主流だそうです。でも太陽暦の10月20日に行なう地方、社寺もあるらしい。また、1月20日に行なう例もあるそうです。日本の神様はそのあたりは融通無碍(むげ、とらわれないこと)です。こだわり…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

お医者さんゴッコの必須アイテム。聴診器はいつごろ発明されたの?

●●●●★科学★●● 問題:体の調子についてお医者さんが質問し、患者が答えるのを問診というそうです。肌着を脱がせ、胸・腹や背中を叩いて音を聴くことは打診というらしい。肺や心臓の音を聴くことは聴診というのかな。 ■聴診器はとても単純な道具です。心臓の鼓動や肺の呼吸、あるいは指で腹腔や胸腔を叩いた反響をゴムの管を通して聴くだけらしい。ゴ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

六曜の意味。赤口(じゃくこう)ってどんな日なの?

●●●★日本語★●●● 問題:日めくりのカレンダーなどに記されている六曜をご存じだと思います。先勝・友引・先負・仏滅・大安・赤口の六種があります。日の吉凶占いだそうです。 ■「大辞泉」によれば、元々は時刻についての占いだったそうです。中国で生まれたらしい。日本では、江戸時代の中ごろまでは、記録が見られないという話があります。延享(え…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

奈良時代に貴族の階級を7階級特進した出世男は、どんな手柄を立てたの?

●●●●●★歴史★● 問題:西暦790年の今日、11月17日。和暦では 延暦9年10月3日に、佐伯今毛人(さえきのいまえみし)という人物が亡くなりました。奈良時代の貴族として生まれ、生きた人で、のちに遣唐使に任命されたりしています。エリート官僚だったようです。 ■佐伯今毛人は、奈良時代のなかごろに、30階級ほどある貴族の階段を一挙に…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

昔の石鹸は手を洗う目的以外にもつかわれていたの?

●●●●★科学★●● 問題:石鹸は紀元前3000年ごろ、つまり今から5000年ほど前に誕生した、と参考資料*1には書かれています。 ■羊を焼いて神に供える風習があったらしい。火であぶっているとき、したたり落ちた脂肪が木の灰に混ざって石鹸のようなものができたとのこと。原始的な石鹸がしみ込んだ土は、汚れを落とす不思議な土として珍重された…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

新採用される常用漢字・草冠(くさかんむり)系。「鉛筆のシン」の「シン」はどう書くんだっけ?

●●●★日本語★●●● 問題:相変わらず、常用漢字表の新メンバーのご紹介です。早ければ、平成22年(2010年)の11月から常用漢字表が新しくなるそうです。196字が追加されます。5字が削除されます。191字の増加で、2136字になるらしい。 ■196字の新採用の漢字の中には、「茨(いばら)」とか「萎える(なえる)」、「藤(ふじ)」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本初の五輪選手金栗四三(かなぐり しそう)の命日。樹立した不滅の五輪記録とはどんなもの?

●●●●●★歴史★● 問題:昭和59年(1984年)の今日、11月13日。日本のマラソンの父といわれた金栗四三が亡くなりました。満93歳でした。 ■金栗四三は明治24年(1891年)8月20日、熊本県玉名郡で生まれたそうです。明治43年(1910年)に東京高等師範学校に入学しています。いまの筑波大学だそうです。 ■明治44年(19…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

冬でも毎日コップ一杯以上の汗をかくの?

●●●●★科学★●● 問題:だんだん寒くなってきました。暑いのも苦手ですが、寒いのも苦手というわがままな者にとっては、秋が終わるのは辛いですね。 ■夏はベトベトと汗をかくから好きじゃないという人がいます。でも人間は1年中汗はかいているという説もあります。汗をかけば蒸発する際の気化熱で皮膚の温度が下がります。体温調節のための汗という目…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

狂歌師たちの辞世の歌。「こいつぁたまらん」とホンネを吐いたのは誰なの?

●●●★日本語★●●● 問題:題の質問の答えは蜀山人(しょくさんじん)です。四方赤良(よものあから)、大田南畝(おおたなんぽ)、大田直次郎(なおじろう)などとも呼ばれます。幕府の役人でありながら洒落本を書き、狂歌師として超一流の作品を残した人物ですね。 ■「今までは 他人が死ぬと 思いしが 俺が死ぬとは こいつぁたまらん」というのが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エレベーターの日。落下防止装置の開発者は自身で人体実験をしてみせたの?

●●●●●★歴史★● 問題:明治23年(1890年)の今日、11月10日。東京浅草の凌雲閣(りょううんかく)に日本初の電動式エレベーターが設置されたそうです。翌日に一般公開されたとのこと。記念して11月10日はエレベーターの日に制定されているそうです。 ■「エレベーター 上司が乗ると お葬式」。「エレベーター 異動の噂が 降りてくる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

究極のエコを追究するナマケモノ。毎日たった8gの食料で生き延びているの?

●●●●★科学★●● 問題:ナマケモノという哺乳類をご存じだと思います。南アメリカや中央アメリカの密林に生息しているそうです。体長は41~74cmほど。体重は4~9kgほどらしい。 ■長い四肢には長い鍵爪があり、これを木の枝にひっかけると体重を支えられるとのこと。生涯のほとんどの時間は、樹木にぶらさがって過ごしているそうです。毛並が…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

新採用される常用漢字・三水偏(さんずいへん)系。「情報のハン濫」の「ハン」はどう書くんだっけ?

●●●★日本語★●●● 問題:相変わらず、常用漢字表の新メンバーのご紹介です。早ければ、平成22年(2010年)の11月から常用漢字表が新しくなるそうです。196字が追加されます。5字が削除されます。191字の増加で、2136字になるらしい。 ■196字の新採用の漢字の中には、「沙汰(さた)」とか「溺れる(おぼれる)」、「潰す(つぶ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「平凡だな」と言われ、「神は凡人が好き。だから沢山作っている」と言い返した大統領は誰なの?

●●●●●★歴史★● 問題:アメリカの大統領についての逸話です。町なかで大きな声で、「平凡な感じの男だな」と声をかけられたそうです。大統領は、「そうだよ。神様は平凡な人がお好きなのだ。だから凡人をたくさんおつくりになったのだよ」と返したらしい。支持率が上がりそうな発言ですね。 ■面白い発言がたくさん残されているこの大統領は次の誰でし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

不妊の原因は男にあるほうが多いの?

●●●●★科学★●● 問題:昔は、結婚した女性に対して、「三年子なきは去る」と失礼なことをいっていました。跡継ぎが生まれないのは女性側だけに原因及び責任があるという考えかただったようです。 ■嫡子がぜひとも必要だからなのか。あるいは単なる助平なのか。権力者たちのなかには、正室のほかに側室をたくさんもうけ、子供のほうもたくさんつくると…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

「前」という漢字が末尾につく言葉。「当たり前」はもとは「当然」の当て字だったの?

●●●★日本語★●●● 問題:「前」という漢字が末尾につく言葉は「大辞泉」で調べると200語弱ありました。一丁前、腕前、男前、御前(おまえ、おめえ)などは、よく耳にしますね。 ■昔の地名にもよく使われました。肥前(佐賀、長崎)、備前(岡山)、羽前(山形)、越前(福井北部)、陸前(宮城、岩手)などですね。千日前(せんにちまえ)、蔵前(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大昔の人がピラミッドの高さを測った方法はどんなものなの?

●●●●★科学★●● 問題:紀元前624年~紀元前546年ごろに生きていたギリシャの哲学者にターレス、あるいはタレスと呼ばれる人がいます。ソクラテス(紀元前469年頃~紀元前399年4月27日)が生まれる80年前ぐらいまで生きていたらしい。日本でいえば弥生時代のまっただなかでしょうか。 ■ターレスは「万物の源は水である」と言い切った…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新採用される常用漢字・口偏(くちへん)系。「天にツバする」の「ツバ」はどう書くんだっけ?

●●●★日本語★●●● 問題:相変わらず、常用漢字表の新メンバーのご紹介です。早ければ、平成22年(2010年)の11月から常用漢字表が新しくなるそうです。196字が追加されます。5字が削除されます。191字の増加で、2136字になるらしい。 ■196字の新採用の漢字の中には、「咽(のど)」とか「喉(のど)」、「唄(うた)」、「呪う…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more