エレベーターの日。落下防止装置の開発者は自身で人体実験をしてみせたの?

画像
★歴史★
問題:明治23年(1890年)の今日、11月10日。東京浅草の凌雲閣(りょううんかく)に日本初の電動式エレベーターが設置されたそうです。翌日に一般公開されたとのこと。記念して11月10日はエレベーターの日に制定されているそうです。
■「エレベーター 上司が乗ると お葬式」。「エレベーター 異動の噂が 降りてくる」。前の作品は「よみびとしらず」さん、後のは「ハゲ丸」さんのサラリーマン川柳だそうです*5*6。もちろんサラリーマンだけでなく、人々の生活になくてはならない設備となっていますね。最近では個人のお宅にエレベーターをつける例も増えているようです。
■本日はエレベーターの歴史についての雑学クイズです。次のうち正しい記述はどれでしょうか?(正解は複数かも)
[い]古代ギリシャでもエレベーターは存在した。神殿の自動ドアとともにヘロンが発明した
[ろ]釣り合い錘(おもり)を用いた人力エレベーターは17世紀に発明された
[は]蒸気機関によるエレベーターは18世紀の末に実用化された
[に]安全装置を開発したのはオーチスという技術者で、自ら人体実験で安全性を証明してみせた
[ほ]エレベーターガールは、日本橋三越が初めて採用し、昇降機娘と呼ばれていた
(答えはずっと下↓ スクロールして下さい)

























★歴史★
正解:[ろ]と[に]が正しい
説明:[い]古代ギリシャでもエレベーターは存在した。神殿の自動ドアとともにヘロンが発明した(×)
■正しくは、「アルキメデスが発明した」だそうです。紀元前287年にシシリー島で生まれた人だそうです。「流体の中で静止している物体は、それが押しのけた流体の重さだけ軽くなる」という浮力についての原理を発見したとされています。アルキメデスは滑車と綱を使ったエレベーターの原始形を開発したといわれます。動力は人力でしょうか。それとも牛とか馬かな。
□ヘロンは弊クイズでも紹介したことがあるギリシャの発明家ですね*3。三辺の長さから三角形の面積が求められるヘロンの公式を発見した人でもあります。自動で開く神殿の扉を開発したそうです。
[ろ]釣り合い錘(おもり)を用いた人力エレベーターは17世紀に発明された(○)
■エレベータは、強度のある重い箱に人や物を載せて昇降させねばなりません。滑車を使ったとしても、たいへんな力が必要です。釣り合い錘を使うと、重力を支える分の力が不要になるわけですね。エネルギーを節約できる画期的な発明でした。現在のエレベータでも使われています。最上階以上に巻き上げてしまったり、最下階以下に下ろしてしまうという事故が減るという効果もあるそうです。
□なお、参考資料*1には、釣り合い錘式は明治36年(1903年)に開発されたと受け取れる記述がありました。どちらが正しいのかわかりません。ここでは気まぐれでWikipediaの記述を採用しました(101110現在)。
[は]蒸気機関によるエレベーターは18世紀の末に実用化された(×)
■正しくは、「19世紀に実用化された」だそうです*1。蒸気機関は1776年(安永(あんえい)5年)ごろにジェームス・ワットによって実用化したとのこと。エレベーターへの応用もいろいろ研究されたようですが、さらに60年ぐらいかかり、1835年(天保(てんぽう)6年)ごろに実現したそうです。
□開発中、および初期のエレベーターは、人を乗せるには事故が多かったらしい。主に物を昇降させるための用途だったようです。
[に]安全装置を開発したのはオーチスという技術者で、自ら人体実験で安全性を証明してみせた(○)
■オーチス氏は、1853年(嘉永(かえい)6年)に開かれたニューヨーク万国博覧会で、落下防止装置を取り付けた蒸気機関のエレベーターを披露したらしい*2。集まった客が見ている前で、自分が乗ったエレベーターの綱を切って見せ、安全性を宣伝したそうです。
□オーチスという名前はどこかで見たことがあるなと思ったら、エレベーターに乗ると目にする「日本オーチス」という会社名だったようです。長く事業を継続しているらしい。そういえば、以前に事故を起こしたシンドラーという会社のエレベーターは、最近でも使われているのかな*7。
□なお、参考資料*1では、オーチス氏の落下防止装置付き蒸気エレベーターは1852年(嘉永(かえい)5年)に発表され、1854年(安政(あんせい)元年)に「ニューヨークのクリスタルパレス博覧会でデビューした」という意味のことが記述されていました。これも、どちらが正しいのかわかりません。ここでは気まぐれを統一してWikipediaの記述を採用しました(101110現在)。
[ほ]エレベーターガールは、日本橋三越が初めて採用し、昇降機娘と呼ばれていた(×)
■正しくは、「上野松坂屋が採用し、昇降機ガールという名前だった」だそうです*4。昭和4年(1929年)の4月1日に開店し、同時にエレベーターガールも登場しました。新聞では、「昇降機ガールが日本にも出来た 上野松坂屋の新館で初試み 婦人職業の新進出」という見出しで紹介したそうです。
◆参考*1:HP「社団法人 エレベータ協会:インフォメーションスクエア」
http://www.n-elekyo.or.jp/square/elevator_07.html
◇*2HP「エレベーター - Wikipedia」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%83%AC%E3%83%99%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%BC#.E6.AD.B4.E5.8F.B2
◇*3HP「紀元前の人が作った不思議なトリックはどれ?」
http://blog.q-q.jp/200708/article_38.html
◇*4HP「松坂屋「ひと・こと・もの」語り」
https://www.matsuzakaya.co.jp/corporate/history/honshi/syowa.shtml
◇*5書籍「平成サラリーマン川柳傑作選1」文庫初版184頁、山藤章二+尾藤三柳+第一生命選、ISBN4-06-256837-3、講談社
◇*6書籍「平成サラリーマン川柳傑作選2」文庫初版218頁、山藤章二+尾藤三柳+第一生命選、ISBN4-06-256855-1、講談社
◇*7HP「ジェットコースターとシンドラーのリフト。どちらのほうがスリルがあるの?」
http://blog.q-q.jp/200705/article_56.html

ぬけられます→歴史雑学クイズ一覧

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック