町人思案橋・クイズ集

アクセスカウンタ

zoom RSS 混交表現の問題。「チャンスの芽をつかむ」はどんな表現がまざりあった誤りなの?

<<   作成日時 : 2010/11/25 07:13   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
★日本語★
問題:混交表現という言葉があるそうです。NHK放送文化研究所によれば、「類似表現が混ざってしまい一見もっともらしい表現になること」だそうです*1。もっともらしいけど誤りです。
■たとえば「チャンスの芽をつかむ」は、「チャンスの芽を摘む(つむ)」と「チャンスをつかむ」がごっちゃになった混交表現らしい。本来、「チャンスの芽をつかむ」という表現はありません。
■参考資料*1には混交表現が十数種あげられていました。本日はそのうち、間違えやすそうな5種類をクイズでご紹介しましょう。次の混交表現の元の表現をあげてください。
[い]「微に入り細にわたって」
[ろ]「怒り心頭に達する」
[は]「議論が伯仲する」
[に]「喧々諤々(ケンケンガクガク)」
[ほ]「酒を飲み交わす」
(答えはずっと下↓ スクロールして下さい)
























★日本語★
正解:各項目を参照してください
説明:[い]「微に入り細にわたって」
■「微に入り細にわたる」は、正しくは、「微に入り細を穿(うが)つ」だそうです。「穿つ」は「穴をあける、掘る、突き通す、貫く」といった意味があります。全体では、「きわめて細かなところまで気を配る」という意味になるようです。ゴッチャになったのはおそらく「細部にわたる」という表現なのでしょう。
□参考資料*2の辞書は「微に入り細にわたって」という項目を立てています。ただし、これは和英辞書です。大変失礼ですが、英語が得意な人たちの中には日本語が苦手な人もいるのかな。「大辞泉」や「大辞林」、「日本国語大辞典(小学館)」などには、「微に入り細にわたって(細にわたる)」は見られませんでした。「微に入り細を穿つ」のみが掲載されています。
[ろ]「怒り心頭に達する」
■「怒り心頭に達する」は、「怒り心頭に発する」の間違いだそうです。「頭に来た!」という表現とゴッチャになったと思われます。
□文化庁が発表した平成17年(2005年)度「国語に関する世論調査」では、「怒り心頭に発する」を使う人が14.0%、間違った言い方「怒り心頭に達する」を使う人が74.2%だそうです。間違っているほうがこれだけ多いと、そのうち日本語の辞書でも「達する」を掲載するようになるのかな。
[は]「議論が伯仲する」
■「議論が伯仲する」は、「議論が白熱する」と「実力が伯仲する」のアイノコのようです。「伯仲」は「長兄と次兄」を意味するらしい。昔は避妊法が確立していません。1番目のすぐあとに2番目が生まれることが多かったらしい。多くの場合、たくさんの兄弟姉妹がいます。1番目と7番目では喧嘩になりませんが、2番目ならさほどの年齢差がありません。対抗できます。そこから「伯仲」という言葉が生まれたそうです。
□もうひとつの遺伝子の組み合わせ、「実力が白熱する」もごくわずかではありますが存在するようです。ヤッホーで「”実力が白熱”」を調べたら4件が見つかりました(101124現在)。
[に]「喧々諤々(ケンケンガクガク)」
■「喧々諤々」は、「喧々囂々(ケンケンゴウゴウ)」と「侃々諤々(カンカンガクガク)」のアイノコですね。「喧々囂々」のほうは、「大勢の人がやかましく騒ぎたてるさま」だそうです。強行採決直後の委員会場や本会議場の様子なのでしょうか。
□ある有名な医学者の記した素人向けの解説書に、「…そして喧々諤々の議論を展開した結果、ひとつの結論が出ました…」という記述を見かけたことがあります。「侃々諤々の議論を展開した結果」と書きたかったのでしょう。著者の小さな恥であり、編集者の大きな恥かな。後者は言葉の専門家のはずですが。
□「侃々諤々」のほうは、「正しいと思うことを堂々と主張するさま」、あるいは「盛んに議論するさま」だそうです。委員会や本会議では、侃々諤々と議論してほしいものです。事後の「喧々囂々」を招かないで済みます。
□もうひとつの遺伝子の組み合わせ、「侃々囂々(カンカンゴウゴウ)」は、実際の使用例はなかなか見当たりません。フレンチ・カンカンとゴーゴー・ダンスみたいで、調子がよさそうなんですけどね。
[ほ]「酒を飲み交わす」
■「酒を飲み交わす」は、「酒を飲む」と「酒を酌み交わす」が合体した表現かもしれません。日本語の辞書では見当たりませんけど、「”飲み交わす”」を検索語としてヤッホーで調べると3万件を超える使用例があるらしい(101124現在)。
□「まぁ、一杯いきましょう」、「ではご返杯」という場を横から動画撮影し、早回しすると、徳利や酒瓶を持った腕が交叉します。だから「酌み交わす」ですね。
□「飲む」場面では腕が交叉しません。2人がビールのジョッキを持ち、腕をからめて飲むこともあります。あの場合だけは「飲み交わす」でも間違いではないのかな。
◆参考*1:HP「NHK放送文化研究所」(混交表現)
http://www.nhk.or.jp/bunken/research/kotoba/ura/kotoba_ura_01030101.html
◇*2HP「微 の英訳・英語訳 - 和英辞典 Weblio辞書」(100722現在)
http://ejje.weblio.jp/content/%E5%BE%AE

ぬけられます→日本語雑学クイズ一覧

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
混交表現の問題。「チャンスの芽をつかむ」はどんな表現がまざりあった誤りなの? 町人思案橋・クイズ集/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる