陸上にある水のうち、いちばん量が多いのは地下水? 川や湖? それとも氷河?

画像
★科学★
問題:海は広いな大きいな。これは童謡の文句というだけでなく、科学上の事実でもあるようです。地球表面の約70%は海が占めています。海の深さは平均で約3700mもあるらしい。海に貯まっている水の量は13.5億立方kmになるとのこと。地球上にある水の97.4%は海にあるようです。
■比べるのも変ですが、日本最大の湖、琵琶湖の水量は27.6立方kmとのこと。全海水量の4000万分の1だそうです。
■水の97.4%が海にあるわけですが、残りは陸上にあります。植物や動物に含まれている水分もあります。河川を流れている水もあります。その他土壌が含んでいる水、淡水湖や塩水湖が貯め込んでいる水もあります。では、陸の水の内訳で、いちばん多くを占めているのは次のどれでしょうか?
[い]塩水湖の水
[ろ]淡水湖の水
[は]地下水
[に]土壌に含まれる水
[ほ]氷河
(答えはずっと下↓ スクロールして下さい)

























★科学★
正解:[ほ]氷河
説明:参考資料*1によれば、陸上にある水の量は3598万7000立方km。その内訳は以下のようになります。
---氷河  2750万立方km
---地下水 820万立方km
---塩水湖 10万7000立方km
---淡水湖 10万3000立方km
---土壌水 7万4000立方km  
---河川 1700立方km
---動植物 1300立方km
■半分以上は氷河なんですね。残りのほとんどは地下水です。湖とか河川、土壌に含まれる水、動植物の体内にある水は微々たるものらしい。我が国には氷河がありません。そのためなのか、氷河がこれだけ大きな存在であるとは想像もつきませんでした。
■なお、地球上の氷の90%は南極大陸にあるそうです。南極の90%が氷で覆われ、その平均の厚みは2450m、いちばん厚いところでは4500mもあるとのこと。そもそも南極自体が平均標高の高い大陸です。2000m以上あるといわれています。そこに2000m以上の厚みの氷がのっているわけか。変な構造なんですね*2。
■地球上の氷の9%はグリーンランドにあるとのこと*2。アルプスとかエベレストなどの高い山に見られる氷河はあまり多くないようですね。
■余談です。全人類がその身体に保持する水はどのぐらいなのか。ざっと勘定してみました。全人類の平均体重を50kgと勝手に仮定します。水が6割を占めているとすると1人あたり30L(リットル)ですね。68億人いるとすると約2000億Lの水を保持していることになります。すなわち2億立方m=0.2立方kmかな。動植物全体の0.1%以下のようです。「人間なんてちっぽけな存在だ」という手垢のついた表現を思い出しますね。
◆参考*1:雑誌「よくわかる海と気象」Newton (ニュートン) 2010年 8月号16~49頁、担当編集者福田伊佐央、ニュートンプレス
◇*2HP「南極博士-科学-」
http://www.env.go.jp/earth/nankyoku/kankyohogo/kids/hakase/kagaku/toketara.html


ぬけられます→科学雑学クイズ一覧

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック