町人思案橋・クイズ集

アクセスカウンタ

zoom RSS 新しく採用される常用漢字・食欲系。「ショウチュウのお湯割り」はどう書くんだっけ?

<<   作成日時 : 2010/09/27 08:05   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
★日本語★
問題:先週に引き続き、常用漢字表の新メンバーのご紹介です。今回は食欲にまつわる漢字です。
■文部科学省の案では、改定される最新の常用漢字表には196字が追加されます。5字が削除されます。191字の増加で、2136字になるらしい。平成24年(2012年)度から中学と高校で指導を始め、平成27年(2015年)度から高校・大学の入試に出題を解禁するとのこと*4。「出題を解禁」という言葉に驚かされます。学校の入試問題に禁じられている漢字が使われたら、「オイ、コラ」と叱責するのかしらん。
■196字の新採用の漢字の中には、「鍋(なべ)」とか「釜(かま)」、「膳(ゼン)」、「箸(はし)」、「丼(どんぶり)」、「串(くし)」などの漢字が含まれます。う〜ん。気のせいか鰻丼(うなどん)の匂いがしてきましたね。そうそう、嗅覚の「嗅(キュウ、かぐ)」も常用漢字の新メンバーだそうです。
■では、本日の漢字クイズです。次のカタカナを漢字に直してください。
[い]「秋の果物ではカキやナシが好きだ」
[ろ]「ありきたりのセンベイだけど妙に旨い」
[は]「国産のハチミツは高価である」
[に]「お湯割りのショウチュウでくつろいでください」
[ほ]「昼はさっぱりとソウメンにしよう」
(答えはずっと下↓ スクロールして下さい)


























★日本語★
正解:各項目を参照してください
説明:[い]「秋の果物ではカキやナシが好きだ」のカキとナシは柿、梨と書く
■「柿」も「梨」も常用漢字の新メンバーだそうです。
□「柿」という漢字は、漢和辞書「字通」によれば「シ、かき」という字音・字訓があります。「熟柿(ジュクシ)」という熟語をつくります。文字通り、熟した柿ですね。二日酔いを和らげるのに効果があるともいわれます。
□「柿」という漢字と字の形が99%一緒の漢字に「杮(こけら)」があります。旁(つくり)が微妙に違うそうです。詳しくは参考資料*5をご覧下さい。
□「梨」という漢字は、漢和辞書「字通」によれば「リ、なし」という字音・字訓があります。「梨園(リエン)」という熟語をつくります。梨畑という意味もありますが、俳優社会、とくに歌舞伎界をさす言葉だそうです。唐の玄宗皇帝が梨の木のある庭で音楽や舞踊を教えた故事から出ているとのこと。
□余談です。玄宗皇帝は天下の美女楊貴妃を寵愛しすぎて国を傾けたオジサンですね。我が国の阿倍仲麻呂(あべのなかまろ)は玄宗皇帝に高級官僚として重用されたと聞きます。阿部仲麻呂氏は楊貴妃を目撃しているんでしょうね。感想や人物評価は書き残されていないのかな。
□最近話題になったアナウンサー嬢が嫁いだ先は梨園のプリンスだそうです。不吉な同音異義語にならぬよう、お祈り申し上げます。
[ろ]「ありきたりのセンベイだけど妙に旨い」のセンベイは煎餅と書く
■「煎餅」は「煎」も「餅」も常用漢字の新メンバーだそうです。
□「煎」という漢字は、漢和辞書「字通」によれば、「セン、いる、につめる」という字音・字訓があります。「煎茶」、「煎薬(センヤク、煎じ薬のこと)」などの熟語をつくります。
□「餅」という漢字は、漢和辞書「字通」によれば、「ヘイ、もち」という字音・字訓があります。「焼き餅」などの熟語をつくります。「絵に描いた餅」はむずかしくいえば「画餅(ガベイ)」だそうです。「画餅に帰す」で「水の泡になる」という意味になるとのこと。
[は]「国産のハチミツは高価である」のハチミツは蜂蜜と書く
■「蜂蜜」も「蜂」と「蜜」の両方が常用漢字の新メンバーです。
□「蜂」という漢字は、漢和辞書「字通」によれば、「ホウ、はち」という字音・字訓があります。「蜂起(ホウキ)」という熟語をつくります。ちりとりとコンビで使う昔の掃除用具です。違うか。「蜂の群れが飛び立つように、いっせいに立ち上がること」だそうです。
□蜜蜂はたしかに群れで行動しますね。オオスズメバチに襲われたニホンミツバチは蜂球(ホウキュウ)を作ってオオスズメバチを殺すらしい。300匹以上のニホンミツバチが球のような形をつくり、1匹のオオスズメバチを閉じ込めて、必死で翅をふるわせるそうです。内部は47度Cぐらいになるとのこと。オオスズメバチは熱で死んでしまうそうです*6。
□「蜜」という漢字は、漢和辞書「字通」によれば、「ミツ、はちみつ」という字音・字訓があります。「蜜柑(ミカン)」は蜜のように甘い柑橘類という意味でしょうか。
□花の蜜は砂糖とおなじ成分だそうです。蜂蜜は蜜蜂の唾液の酵素によってブドウ糖と果糖に分解されているらしい。とても吸収しやすいようです*7*8。
[に]「お湯割りのショウチュウでくつろいでください」のショウチュウは焼酎と書く
■焼酎の「酎」は、常用漢字の新メンバーだそうです。
□「酎」という漢字は、漢和辞書「字通」によれば、「チュウ、こいさけ、さけ、かもす」という字音・字訓があります。「三度かもした酒」だそうです。アルコール度数の高い、早く酔える酒のようです。
□「清酎(せいちゅう)」は清酒のことだそうです。濁りがなく、強い酒なんでしょうか。「酎杯(チュウハイ)」という熟語は、「炭酸水で割った焼酎」だそうです。これは嘘です。そんな熟語はありません。
[ほ]「昼はさっぱりとソウメンにしよう」のソウメンは素麺と書く
■素麺の「麺」は、常用漢字の新メンバーだそうです。
□「麺」という漢字は、漢和辞書「字通」によれば、「メン、むぎこ」という字音・字訓があります。といっても「麺」という漢字自体は「字通」には掲載されていません。「麵」とか「麪」というむずかしい漢字が昔は使われていたようです。この2字はユニコードという新式のコード体系でないと表示できないという噂があります。パソコンの環境によっては表示されないかも。念のため、下に掲げておきます。
▼「麺」の異体字、昔の字
画像

□夏は素麺に限ります。刻んだ茗荷や生姜、紫蘇の葉をたっぷり入れるとまことに旨い。う〜ん。日本人に生まれてよかったと感じる瞬間ですね。
◆参考*1:HP「常用漢字表:文部科学省」
http://www.mext.go.jp/b_menu/hakusho/nc/k19811001001/k19811001001.html
◇*2新聞「新常用漢字表を国語分科会了承」100519読売新聞東京夕刊10頁
◇*3HP「新常用漢字(常用漢字に追加される196字)の読み方などの一覧:漢字辞典ネット」
http://www.kanjijiten.net/joyo/newjoyo.html
◇*4HP「新常用漢字、12年度導入…入試は15年度から (読売新聞) - Yahoo!ニュース」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100925-00000040-yom-soci
◇*5HP「意地悪漢字クイズ。「柿落とし」はなんと読むの?」
http://blog.q-q.jp/201008/article_10.html
◇*6HP「オオスズメバチ - Wikipedia」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%82%AA%E3%82%B9%E3%82%BA%E3%83%A1%E3%83%90%E3%83%81
◇*7HP「蜂蜜 - Wikipedia」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%AF%E3%81%A1%E3%81%BF%E3%81%A4
◇*8HP「蜂蜜1kgを作るのに必要な蜜蜂の数は何匹ぐらいなの?」
http://blog.q-q.jp/201009/article_12.html

ぬけられます→日本語雑学クイズ一覧

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
新しく採用される常用漢字・食欲系。「ショウチュウのお湯割り」はどう書くんだっけ? 町人思案橋・クイズ集/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる