町人思案橋・クイズ集

アクセスカウンタ

zoom RSS 太宰治の「斜陽」の読み問題。「合槌」はなんと読むの?

<<   作成日時 : 2010/06/28 07:47   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
★日本語★
問題:去年が生誕100年だったこともあり、映画「人間失格」が発表されるなど、太宰治の作品があらためて鑑賞されているようです。弊クイズも真似をしたくなり、「斜陽」からの漢字読み問題を出題いたします。「斜陽」は、「人間失格」、「走れメロス」と並んで、太宰治の三大作品と称えられているようです。
■次の漢字・熟語はなんと読むのでしょうか? 例により、青空文庫の振り仮名を正解とします。辞書や教科書の読みとは異なる可能性もあります。
[い]蝮
[ろ]剪る
[は]合槌
[に]衝立
[ほ]箴言
(答えはずっと下↓ スクロールして下さい)

























★日本語★
正解:各項目を参照してください
説明:
[い]「蝮」はまむしと読む
■「蝮」は、ご存じの毒蛇ですね。日本では年間約3000人が咬まれているそうです。亡くなるかたもいて、毎年5〜10人ぐらいだそうです。意外ですが、ハブの2〜3倍も強い毒を持っているらしい。
□毒蝮三太夫(どくまむし さんだゆう)という芸人がいますね。いまでもラジオの街頭中継番組で高齢者には絶大な人気があるらしい。昔は笑点で座布団運びをやっていました。いまの山田君のような役割ですね。
□牙が2本ですので、咬まれた跡はふつう2箇所になるらしい。自転車のパンクの症状にも「蛇に咬まれた跡(スネークバイト)」と呼ばれるものがあるとのこと。空気の不十分な状態で段差に強く当たったときなど、2箇所並んだ穴が開くらしい。毒は回りませんが、自転車を押して歩く羽目にはなるようです。
□「斜陽」では、「…私の胸に意地悪の蝮(まむし)が住み…」と使われていました。他者を傷つけたくなる気持ちのことを蝮にたとえているのかな。
[ろ]「剪る」はき(る)と読む
■「剪る」は、「切る」ことです。とくに庭木の枝などを切るときには、「剪る」を使うようです。
□「剪」という漢字は、常用漢字表にはありません。漢和辞書「字通」によれば、「セン、きる、さく、つくす」という字音・字訓があります。「剪定(せんてい)」はいまの日本では植木屋さんの仕事ですね。「樹木の生育や結実を調整したり、樹形を整えたりするため、枝の一部を切り取ること」という意味です。かつては、「平定する」という意味でも使われたらしい。軍隊の仕事です。
□「斜陽」では、「…私がお供えの花を剪(き)りに、お庭のお池のほうに歩いて行って…」と使われていました。
[は]「合槌」はあいづちと読む
■「合槌」は、「相槌、相鎚」とも表記します。「相手の話にうなずいて巧みに調子を合わせること」だそうです。元は鍛冶屋さんの仕事から出た言葉ですね。親方と弟子なのでしょうか、2人で調子をあわせながら交互に槌を打つようです。ふつうは「トンテンカン」と聞こえます。落語「紀州」では、次期将軍就任をもくろむ尾州藩の藩主様には「天下取る」と聞こえたらしい。
□「斜陽」では、「…と私も、お母さまの和田の叔父さまに対する信頼心の美しさに負けて、合槌(あいづち)を打ち…」と使われていました。
[に]「衝立」はついたてと読む
■「衝立」は、「室内に立てて、部屋を仕切ったり、目隠ししたりする家具」のことですね。家庭にも職場にもあります。
□「衝」という漢字は常用漢字表では、「ショウ」という音読みだけが掲載されています。漢和辞書「字通」によれば、「つく、あたる」という字訓もあります。昔習った漢詩に「易水(えきすい)送別」というのがあり、中に「壯士(そうし)の髪、冠を衝(つ)く」という表現がありました。これとは別に、「怒髪(どはつ)天を衝く」という表現もありますね。中国の人は、興奮すると毛髪が逆立つらしい。日本の人は、驚いたり恐怖を感じたときに髪が逆立つことが多いようです。
□余談です。満州族が漢民族を支配した清の時代、男性はみんな弁髪にさせられたらしい*3。前頭部などを剃り、残された部分は編んで垂らすというヘアースタイルです。これでは髪が逆立ちません。怒りを表現しにくいですね。それが支配者側の狙いだったりして。
□「斜陽」では、「夜中にお手洗いに起きて、お玄関の衝立(ついたて)の傍(そば)まで行くと、お風呂場(ふろば)のほうが明るい」と使われていました。
[ほ]「箴言」はしんげんと読む
■「箴言」は、「戒めの言葉。教訓の意味をもつ短い言葉」だそうです。また、「旧約聖書の中の一書。道徳上の格言や実践的教訓を主な内容とし、英知による格言・金言・勧告が集められたもの」という意味もあるそうです。
□「箴」という漢字は、常用漢字表には掲載がありません。漢和辞典「字通」によれば「シン、はり、いましめ」という字音・字訓があります。鍼灸(しんきゅう、はりときゅう)の「鍼」と似た意味があるようです。部首に注目すれば、竹製の箴(はり)、金属製の鍼(はり)なのかな。
□「斜陽」では、「機(おり)にかないて語る言(ことば)は銀の彫刻物に金の林檎を嵌(は)めたるが如し、という聖書の箴言(しんげん)を思い出し、こんな優しいお母さまを持っている自分の幸福を、つくづく神さまに感謝した」と使われていました。
◆参考*1:HP「図書カード:斜陽」(青空文庫)
http://www.aozora.gr.jp/cards/000035/card1565.html
◇*2書籍「新選唐詩鑑賞」初版45〜46頁、内田泉之助著、明治書院
◇Yahoo! J Dictionaries 大辞泉
◇Yahoo! J Dictionaries 大辞林
◇辞書「字通」白川静、平凡社
◇HP「常用漢字表」
http://www.bunka.go.jp/kokugo/main.asp?fl=list&id=1000003929&clc=1000000068
◇*3HP「清が滅亡した日。独特のヘアスタイルは政府が強要したものなの?
http://blog.q-q.jp/200902/article_19.html

ぬけられます→日本語雑学クイズ一覧

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
太宰治の「斜陽」の読み問題。「合槌」はなんと読むの? 町人思案橋・クイズ集/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる