冷や酒はホントに身体に悪いの?

画像
★科学★
問題:父親はいわゆる下戸で、ビールをグラス半分飲むと真っ赤になりました。父親の父親は飲んべえで最後は胃潰瘍で亡くなりました。そのせいか下戸の父親は酒に対して警戒心を抱いていました。自分の息子が社会人になり、分別盛りになってからも、「どうしても飲まなければならないときは、絶対に冷や酒を飲むな。燗をして飲め」としつこく助言していました。
■ところが息子は、高校生のころからコップ1杯のジンを一気飲みするような親不孝者でした。もちろん内緒でしたけど。酒が好きなのは隔世遺伝のようです。
■ところで、冷や酒はホントに体に悪いのでしょうか? 次のうち正しいと思われるものを選んでください。
[い]燗をすると揮発する成分があり、それは悪酔いの原因物質と見られている。冷や酒は体に悪い
[ろ]冷や酒はつい飲みすぎる。冷や酒自体が悪いわけではない
[は]冷や酒は消化器系に負担をかけるので体に悪い
[に]冷や酒が体に悪いという証拠はひとつもない
(答えはずっと下↓ スクロールして下さい)

























★科学★
正解:[ろ]が正しい
説明:参考資料*1は酒造メーカーのHPです。「『冷やは、悪酔いする』といまだに信じている人がいます」と、かすかに嘲笑的な記述があります。
■フーゼル油という酒にごく微量含まれている成分があるそうです。燗をするとフーゼル油が飛ぶので悪酔いしなくなるというのが巷間いわれている。でもそれは俗説だと参考資料*1は断言しています。Wikipediaのフーゼル油の項でも悪酔いとの直接の関係は見られないとしているようです*2。
■悪酔いのホントの原因は量を過ごすからだといわれます。冷や酒はなかなか酔いがまわりません。消化が遅いようです。
■ビールにせよ、冷や酒にせよ、水割りにせよ、アイスクリームにせよ、冷たいものはそのままでは消化吸収されないらしい。まずは体温とおなじぐらいまで温められて、それからいろいろな成分に分解され、消化器系の壁から吸収されるとのこと。
■燗酒のように人肌に温められていたものは、胃袋ですぐに消化吸収が始まるそうです。冷たい酒は温める分だけ時間がかかるとのこと。調子に乗ってグビグビやって悪酔いすることが多いらしい。たしかに身に覚えがあります。
■冷たいものを温めるために消化器に負担がかかるのではと心配になります。でも、病院の食事ではアイスクリームが出されたりします。たいした負担ではないようですね。
■なお、日本では現在、悪酔いの原因はエチルアルコールが分解された結果アセトアルデヒドが生成され、体に悪さをするという意見が強いようです。過ごすからこその悪酔いというわけですね。西洋ではアルコールそのものよりも、酒に含まれているさまざまな微量不純物によって悪酔いするという意見もあるらしい*3。体質の違いによって原因も違ってくるのでしょうかね。
◆参考*1:HP「「冷酒は身体に悪い」という迷信 お酒と健康 月桂冠」
http://www.gekkeikan.co.jp/enjoy/healthy/00112.html
◇*2HP「フーゼル油 - Wikipedia」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%83%BC%E3%82%BC%E3%83%AB%E6%B2%B9
◇*3HP「二日酔いを防ぐにはエチルアルコールの水割りがいいの?」
http://blog.q-q.jp/201001/article_11.html

ぬけられます→科学雑学クイズ一覧

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック