トンネル内の照明がオレンジ色なのは夕焼けを演出しているの?

画像
★科学★
問題:高速道路にせよ一般道路にせよ、トンネル内の照明はオレンジ色が多いような気がしますね。トンネルに入ると、何もかもがオレンジ色に見えます。隣に乗せている異性の横顔までがオレンジ色でなんだか妙な雰囲気です。
■トンネル内の照明をオレンジ色にするには、それなりの理由があるようです。それは次のどれに近いでしょうか?
[い]クルマの塗装は白が多く、ナンバープレートの地も多くは白。暗いところでこれらがいちばんはっきり見える色の照明が選ばれている
[ろ]夕焼けを演出している。夕焼けは人に穏やかな気分を起こし、スピードを出しすぎたりしなくなるから
[は]赤っぽい色は警戒色であり、人に緊張を促すから
[に]赤っぽい色の光は遠くまで届くから
[ほ]コーラル(珊瑚)・オレンジと呼ばれる色であり、「優しくフレッシュな気持ち」にさせてくれるから
(答えはずっと下↓ スクロールして下さい)























★科学★
正解:[に]赤っぽい色の光は遠くまで届くから
説明:トンネルの中では前を行くクルマがはっきり見えること。これがいちばん優先すべき条件のようです。赤っぽいナトリウム灯(低圧ナトリウムランプ)の光は、この条件を満たすらしい。
■白色光、つまり可視光全域の波長の光をまんべんなく取り入れると、意外にも影が見えにくいそうです。単色にすると影が見えやすく、それだけ他のクルマをはっきり認識できるらしい。
■その色としてオレンジ色が選ばれたのは、夕焼けに関係があるらしい。といっても心理の問題ではありません。夕焼けは太陽が沈もうとするときに起きます。地球を覆っている大気の層に浅い角度で斜めに進入し、昼間よりもはるかに長く大気層を通り、ようやく人の目に入ります。大気の層には全波長の光が進入しますが、他の波長の光はみんな大気の層に吸収されてしまうのでしょうか。人間の目には届きません。
■波長の長い可視光ほど遠くまで届く。故に夕焼けは赤い。この故事にあやかり、トンネル内では赤っぽい、オレンジ色の光が使われるようになったようです。トンネル内は空気が汚れています。少しでも光が届くように、事故の起きないようにとの設計者の祈りかな。
■ハロゲン灯とか水銀灯など、電球の種類もいろいろあるようです。なかでナトリウム灯というのが選ばれたのはコストの問題もあるらしい。オレンジ色の単色光を出す低圧ナトリウムランプは消費電力が少なめらしい。これからはLEDランプに置き換えられていくのかもしれませんけど。
◆参考*1:HP「トンネル - 知泉Wiki」
http://www.tisen.jp/tisenwiki/?%A5%C8%A5%F3%A5%CD%A5%EB

ぬけられます→科学雑学クイズ一覧

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 夜の昆虫採集にいちばん適している照明は白色LEDなの?

    Excerpt: ●●●●★科学★●● 問題:いよいよ夏が近づいてきました。夏休みには、昆虫採集をやりたいものですね。素町人が子供のころは、男の子の大多数は麦わら帽子を被り、網と籠を持って野原や林に分け入ったものです.. Weblog: 町人思案橋・クイズ集 racked: 2015-06-30 06:58