町人思案橋・クイズ集

アクセスカウンタ

zoom RSS 古い漢字の問題。「濱邊の戀」が読めますか?

<<   作成日時 : 2010/01/25 07:29   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
★日本語★
問題:最近の中国では、簡体字という省略した形の漢字が使われるそうです。たとえば「郷」という漢字は、いちばん左側の部品だけになっているらしい。「飛」という漢字は上にかぶさっている部品だけだそうです(口絵参照)。
■それほど極端ではありませんが、日本でも漢字を簡単にしてきました。たしかに書くのに労力と時間がかかった時代には、簡略化にも意味がありました。でも、最近のように、「筆で書くよりもキーボードで入力」という時代になると、昔の漢字でもよかったのかなと思われます。簡単な漢字に慣れている我々には、昔の文章が読みにくい。文化が断絶してしまう。これが問題です。たとえば圓山應擧は、かなり多くのかたが読めなくなっています。実は多くのかたがご存じの幽霊画伯円山応挙(まるやま おうきょ)なのですが。
■現代の日本でも、わずかに古い漢字が残されている場合もあります。たとえば讀賣新聞はもちろん読売の旧字なのでしょう。昨今人気の若手女役者榮倉奈々(えいくら なな)嬢の「榮」は「栄」の旧字ですね。櫻井翔(さくらい しょう)君の「櫻」は「桜」の旧字です。「斎藤」ではありません、「齋藤」ですとおっしゃるかたもいます。固有名詞に残されている例が多いのかな。
■本日は、なかなか讀みにくい、失礼、読みにくい昔の漢字のクイズです。次の漢字・熟語はそれぞれなんと読むのでしょうか?
[い]戀 (ヒント いとしいとしと言う心)
[ろ]濱邊 (ヒント 陸と海の境目にあります)
[は]臺灣 (ヒント 地名です)
[に]實體 (ヒント 抽象名詞です)
[ほ]寶 (ヒント 金塊とか子供とか)
(答えはずっと下↓ スクロールして下さい)

























★日本語★
正解:各項目を参照してください
説明:
[い]戀はこいと読む
■いまの日本の漢字で書けば「恋」。昔は「戀」。畫數、失礼、画数でいえば、10画対23画。恋のほうがはるかに手軽です。そのせいでしょうか。明治時代よりははるかに手軽に恋が始まり、手軽に終わるようです。
□「いとしいとしと言う心」は、「糸」がふたつでいとしいとし。間に「言」、下に「心」です。昔流の漢字の覚えかただそうです。「櫻」を「にかいの女がきにかかる」などと言うのとおなじですね。「貝」がふたつでにかいだそうです。
□「戀」に似た漢字では「變」があります。「変」です。「戀」は「恋」、「變」は「変」。略しかたに規則性が見られますね。
[ろ]濱邊ははまべと読む
■これはとても難しい。正解率はかなり低いかもしれません。現在の漢字で書けば「浜辺」ですね。昔流でいけば、あの懐かしい唱歌は「♪濱邊の歌」となるらしい。歌詞のほうは、「朝(あした)濱邊を彷徨へば(さまよえば)」なのでしょうかね。
□昔、「浜松」は「濱松」だったようです。全然感じがでません。ドラマの題名は「岸邊のアルバム」かな。こちらも感じがでません。「濱崎歩」も感じがでません。「浜崎あゆみ」嬢の本名だそうですが。
□渡辺さんは、いまでも渡邊(わたなべ)と漢字表記する場合があります。NHKの女性アナウンサーで黒田あゆみさんというかたがいます。黒田というのは旧姓で「渡邊あゆみ」が現在のお名前だそうです。毎週水曜の夜10時ごろ、「歴史秘話ヒストリア」という番組を担当しているかたですね。
□余談です。漢和辞書「字通」によれば、「辺」の旧字「邊」は、薄気味悪い意味をおびているそうです。しんにゅう(しんにょう)を除いた部分は、「鼻穴を上にして台上に置かれた屍体の形」とのこと。昔の中国の髑髏棚(どくろだな)と呼ばれる文化に関係しているらしい。「辺」には「境目」という意味もあります。髑髏棚の習俗に由来するそうですが、残念ながら、素人にはよくわかりません。
[は]臺灣はたいわんと読む
■「臺灣」は今の日本の漢字表記では「台湾」とのこと。するってーと、「臺灣甘蕉」と書いて台湾バナナかな。
□中国では簡体字にしてしまったのですが、台湾ではいまでも古い漢字が多く残されていると聞きます。「鹽」を売っていたりするらしい。今の漢字でいえば「塩」だそうです。
[に]實體はじったいと読む
■現在の日本の漢字でいえば「実体」です。「實體經濟」は「実体経済」になるらしい。
□實は実によく使われる言葉です。實際、實物、實驗、實行、實務、實現、實印、實益、實演…きりがありませんね。「實況中繼」といえば「前畑がんばれ!」という声が聞こえてきそうです。
□余談です。Word2007の[あいまい検索]をオンにして「實」を検索すると「実」も拾ってくれます。その逆も可のようです。「台湾」と「臺灣」についても、ちゃんと拾いました。
[ほ]寶はたからと読む
■今の漢字なら「宝」です。「♪よろこび〜のさ〜け〜、松竹梅ッ」とテレビで宣伝しているのは、宝酒造という会社らしい。昔は寶酒造と表記したのでしょうね。
□「寶鑑(ほうかん)」という熟語をつくります。「たいこもち(幇間)」ではありません。「宝の鏡」という意味らしい。書物の名前の末尾に時々ついたりします。「文章寶鑑」は「文章を書く際に見本・手本を調べる書物」です。「家庭健康宝鑑」なら「健康をそこねたときに調べる書物」になるのかな。
◇辞書「字通」白川静、平凡社
◇Yahoo! J Dictionaries 大辞泉
◇Yahoo! J Dictionaries 大辞林

ぬけられます→日本語雑学クイズ一覧

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
古い漢字の問題。「濱邊の戀」が読めますか? 町人思案橋・クイズ集/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる