ニューヨークで大停電が起こった日。けっこう頻繁に発生しているの?

画像
★歴史★
問題:本日11月9日は、かつてアメリカとカナダで大停電が起きた日だそうです。五大湖の北側、カナダのオンタリオ州にあった発電所がなんらかの理由で送電を停止したために発生したとのこと。日本の面積の半分以上にあたる20万7000平方kmに住む2500万人の人が12時間にわたって影響を受けたといわれます。
■アメリカ北部やカナダの11月は暖房用に電気需要が大きいそうです。人々はテレビやラジオ、読書の楽しみを失い、他にすることもないし寒いので早くベッドにもぐりこみます。まだ眠くないのでそんなことをなさいます。その結果小さなベビーブームが生まれたとも言われます。
■では、このニューヨーク大停電は、いつごろあったのでしょうか?
[い]昭和40年(1965年)
[ろ]昭和52年(1977年)
[は]昭和61年(1986年)
[に]平成5年(1993年)
[ほ]平成15年(2003年)
(答えはずっと下↓ スクロールして下さい)

























★歴史★
正解:[い]昭和40年(1965年)
説明:11月9日に発生しているのは1965年北アメリカ大停電とよばれる事故だそうです。ニューヨークあたりでは、広範囲かつ長時間にわたって停電する事故がその他に2回ほど起きているらしい。選択肢でいえば、[ろ]昭和52年(1977年)と[ほ]平成15年(2003年)にも起きているとのこと。
■1回は昭和52年(1977年)の7月13日だそうです。このとき影響を受けたのは900万人ほどらしい。25時間にわたって電気がストップしていたとのこと。夏のことです。冷房がストップし、頭に熱を帯びた人々は、略奪行為や放火に走ったそうです。嘘かホントか3000人以上の逮捕者が出たらしい。暴動みたいですね。
■もう1回はわりと最近です。平成15年(2003年)8月14日とのこと。このときは、アメリカで4000万人、カナダで1000万人の5000万人が影響を受けたそうです。午後4時過ぎに電気がとまったとのこと。空港はすべて閉鎖、鉄道も地下鉄も運転停止。帰れない人は公園で一夜を過ごしたりしたらしい。復旧までには最長で3日かかった地域もあったとか。お気の毒でした。
■アメリカやカナダだけでなく、イギリスやイタリアでも大規模な停電は起こっているそうです。日本でも起きています。記憶に新しいところでは、平成18年(2006年)の夏にありました。8月14日朝、クレーン船が旧江戸川にかかる東京電力の高圧線を傷付け、首都圏の約140万世帯が最長3時間の停電です*5。午後からは平常にもどったようです。
◆参考*1:HP「1965年北アメリカ大停電 - Wikipedia」
http://ja.wikipedia.org/wiki/1965%E5%B9%B4%E5%8C%97%E3%82%A2%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%82%AB%E5%A4%A7%E5%81%9C%E9%9B%BB
◇*2HP「停電 - 知泉Wiki」
http://www.tisen.jp/tisenwiki/?%C4%E4%C5%C5
◇*3HP「2003年北アメリカ大停電 - Wikipedia」
http://ja.wikipedia.org/wiki/2003%E5%B9%B4%E5%8C%97%E3%82%A2%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%82%AB%E5%A4%A7%E5%81%9C%E9%9B%BB
◇*4HP「怪しい話-701:大停電」
http://www.aa.alpha-net.ne.jp/itimuan/maru/old8/aya701.html
◇*5新聞「首都圏大停電 送電線1か所の傷で… 炎天下の生活直撃、まさかのお盆“痛勤」060814読売新聞東京夕刊19頁

ぬけられます→歴史雑学クイズ一覧

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック