「自然は真空を忌み嫌う」という言葉は誰がいったの?

画像
★科学★
問題:大昔のギリシャの人々の中には、「自然は真空を忌み嫌う」という言葉があったらしい。物質が何もない真空状態はありえないと考えていたようです。ポンプが水を吸い上げるのは、真空ができかけると、そこに水が入り込んでくるからだと思われていたとのこと。
■では、「自然は真空を忌み嫌う」という言葉の言い出しっぺ、ギリシャの大学者はだれでしょうか? 次の中から選んでください。
[い]タレス
[ろ]アリストテレス
[は]ピタゴラス
[に]ヘロン
[ほ]プリニウス
(答えはずっと下↓ スクロールして下さい)

























★科学★
正解:[ろ]アリストテレス
説明:ソクラテスの孫弟子、プラトンの弟子でアレキサンダー大王の師匠。「万学の祖」ともいわれるオジサンです。アレックスはソクラテスの曾孫弟子にあたるようですね。
■アリストテレスよりもほんのちょっと前に生きていたデモクリトスという学者がいます。唯物論の祖師のような人らしい。その原子論では、「万物の根源である粒子アトム(atom)が、無限の空虚な空間であるケノン(kenon)の中で運動している」といっているそうです。デモクリトスの説は現代にも通じそうですね。
■アリストテレスの「10倍重いものは10倍速く落下する」という主張は、ガリレオ・ガリレイによって破られたそうです。ピサの斜塔での実験は作り話といわれますが、落体の法則は間違いなくガリガリ博士の功績らしい。「自然は真空を忌み嫌う」という主張は、ガリガリ博士が亡くなった翌年、1643年(寛永(かんえい)20年)にエバンジェリスタ・トリチェリーというイタリア人の学者によって間違いを指摘されました。トリチェリーはガリガリ博士の晩年の弟子だったそうです。
■片方の端が閉じたガラス管、たとえば長い試験管に水銀を満たします。水銀を満たした皿を準備します。試験管を皿に垂直に立てます。試験管内の水銀は皿の水銀面から約76cmのところまでまで落ちるらしい。それより上には空間ができます。トリチェリー博士はこの空間が真空であることを説明してみせたのかな(口絵参照)。
■水銀柱の高さは日々かわります。ローマが台風に襲われた日には低くなり、小笠原高気圧でピーカンの日には高くなります。地中海じゃ台風は起きないか。小笠原高気圧というのもなさそうだな。ともあれ、真空を実現してみせた実験は、そのまま気圧計の発明でもあったようです。
■トリチェリーの実験の約10年後、1654年にマグデブルグ市の市長さんがマグデブルグの半球と呼ばれる実験をして真空の力、大気圧の力を市民と王様に上手に披露したといわれます*5。この市長さんが、科学のエバンジェリスト(伝道師)米村でんじろう氏の遠い祖先であることは、ほとんど知られていません。嘘ですけど。
◆参考*1:書籍「世界を変えた100の発明・発見」初版62~63頁、糸川英夫監修、ISBN4-589-53247-0、PHP研究所
◇*2HP「真空 - Wikipedia」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9C%9F%E7%A9%BA
◇*3HP「アリストテレス - Wikipedia」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%86%E3%83%AC%E3%82%B9
◇*4HP「エヴァンジェリスタ・トリチェリ - Wikipedia」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%83%B4%E3%82%A1%E3%83%B3%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BB%E3%83%88%E3%83%AA%E3%83%81%E3%82%A7%E3%83%AA
◇*5HP「物理の著名実験「マグデブルグの半球」を主催した市長さんの名は?」
http://blog.q-q.jp/200512/article_131.html

ぬけられます→科学雑学クイズ一覧

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

2012年09月05日 21:09
そこにこんにちは。同様の問題を探している間、私はGoogle経由でウェブサイトを見つけ、あなたのウェブサイトは、ここにアップしました。それは良いが表示されます。私はそれが私のGoogleブックマークに後で戻ってきてブックマークがある。
2012年10月21日 16:34
非常に有益なポスト。私達とのあなたの視野を共有するために時間を割いてくれてありがとう。
2012年10月22日 17:15
ただ私はあなたにあなたのサイトに実際に岩を指示する行をドロップしようと思いました!私は長い間、この種の情報を探してきた..私は通常の投稿に返信していないが、私はこのケースになります。素晴らしいすごいすごい。
2012年11月30日 00:07
私はあなたがあなたの記事に提供される貴重な情報が好きです。私はあなたのblog.qq.jpをブックマークし、私の子供は右ここで、一般的にアップするテスト機能ができます。私は、彼らがここで誰よりも新しいもののかなり多くを通知しようとしている若干のプラスです!あなたの幸運をお祈りし
2013年03月17日 00:57
こんにちはこのウェブページに新しいIMと私はこんにちは言うと思った。これは偉大なウェブサイトと私が参加したIM喜んですることができます。歓迎このブログのおかげで新しい。私はちょうどこの素晴らしいブログに来て、皆に自分自身を紹介したい。これは本当にそのような優秀なインターネットサイトです。
2013年03月17日 08:01
それはそこにいくつかの興味深いものだった。それを投稿いただきありがとうございます。

この記事へのトラックバック