ハリネズミは子宮の中では針はどうしているの?

画像
★科学★
問題:ハリネズミをご存じでしょうか。ヤマアラシと似て、栗の毬(いが)のように針で身を守るタイプの小動物です。ヤマアラシはネズミ目。ハリネズミはハリネズミ目。少し系統が異なるようです。ハリネズミはどちらかといえばモグラに近いとのこと。ヤマアラシ・ハリネズミ、それに海のハリセンボン、植物の栗・ひっつき虫(オナモミ)を含めてトゲトゲクインテットと呼ばせていただきます。
■ハリセンボンは卵生です。海水中に産卵され、自ら孵化し、育っていきます。針が母親を傷つける心配はないようです。でもハリネズミのほうはちょっと不思議です。哺乳類です。母親の子宮の中にいるときには針はどうなっているのでしょうか。産道から出てくるときにはどうなっているのでしょうか。さらに成熟して交尾するとき、針はどうなっているのでしょうか? 次の中から正しい記述を選んでください。
[い]母親の子宮にいる段階では針はまだできていないので傷つけることはない
[ろ]産道を通過する段階では針は皮膚の下に隠されており、傷つけることはない
[は]交尾をするときには針を寝かせているので、異性を傷つけることはない
[に]敵に対しては身体を丸め、栗の毬の状態になり、どんな動物も手を出せない
[ほ]ハリネズミは現在の日本にはいないが、イギリスにはいる
(答えはずっと下↓ スクロールして下さい)

























★科学★
正解:[ろ]と[は]、[ほ]が正しい
説明:
[い]母親の子宮にいる段階では針はまだできていないので傷つけることはない(×)
[ろ]産道を通過する段階では針は皮膚の下に隠されており、傷つけることはない(○)
■母親の子宮にいるとき針はすでに存在しているようです。ただし、多量の体液で満たされた皮膚の下に埋もれているとのこと。出産のときに針が胎膜を突き破ることはないそうです。ご安心ください。針は分娩後数日以内に出てくるらしい。
□南半球であるアフリカ南部では、「10月から3月にかけ、妊娠期間34~37日を経て、1回に1~10頭、平均4~5頭の赤ん坊を生むらしい。赤ちゃんは体重約10g。まだ無毛で目と耳も閉じているそうです。
□ヤマアラシの出産についても知りたかったのですが、調べがつきませんでした。ハリネズミとおなじ方式なのかな。
[は]交尾をするときには針を寝かせているので、異性を傷つけることはない(○)
■ヤマアラシとおなじですね。筋肉をキュッと張ると針が立ち、敵を傷つけることができるようになるらしい。敵以外に対しては、筋肉を張らず、傷つけないようにしているそうです。敵だけではなく、いやな異性に対してもキュッと針を立てるのかな。
[に]敵に対しては身体を丸め、栗の毬の状態になり、どんな動物も手を出せない(×)
■敵が迫ると、針を立てたまま体を丸めるらしい。トゲトゲの半球形になるそうです。ただ、裏返されると、顔や手足、柔らかなおなかが見えてしまうとのこと。チンパンジーのように棒状のものを道具として使う動物の攻撃には耐えられそうもありません。
[ほ]ハリネズミは現在の日本にはいないが、イギリスにはいる(○)
■Wikipediaによると、イギリスでは生垣の下に生息していることが多いそうです。英語名は「hedgehog(ヘッジホッグ)」、生垣のブタだそうです。モグラに近いのにネズミに分類され、通称はブタ。ちょっと気の毒です。
◆参考*1:HP「ハリネズミ - Wikipedia」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%83%AA%E3%83%8D%E3%82%BA%E3%83%9F
◇*2書籍「理科系雑学」文庫版初版62頁、竹内均編、ISBN4-8379-7133-4、三笠書房
◇*3HP「川口先生のペットコラム◆ロングライフ住宅 ヘーベルハウス」
http://www.asahi-kasei.co.jp/hebel/pet/kenkyu/blog/

ぬけられます→科学雑学クイズ一覧

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック