高血圧の人にやさしい塩にはどんな物質が含まれているの?

画像
★科学★
問題:最近、スーパーの調味料の棚では、「塩分控えめな食塩」を販売している例があるそうです。減ナトリウム塩とか健康塩などと呼ばれるらしい。
■では、塩分が少ない塩には塩化ナトリウムのほかにはどんな物質が含まれているのでしょうか? いちばんよく使われる物質を下から1つだけ選んでください。
[い]塩化マグネシウム
[ろ]塩化カリウム
[は]塩化カルシウム
[に]炭酸水素ナトリウム
[ほ]水酸化カルシウム
(答えはずっと下↓ スクロールして下さい)

























★科学★
正解:[ろ]塩化カリウム
説明:塩化カリウムは苦味があるそうです。でもしょっぱさも感じるらしい。
■商品となっている場合には、苦味を抑えるためポリグルタミン酸と呼ばれる物質を配合している例もあるそうです。
■ネット通販の広告で見ると、塩化ナトリウムが半分だよという表現が多いようです*2。塩化カリウムを違和感なく口にできるのは、50%ぐらいまでなのでしょうか。甘味のほうでは糖分0%も登場していますが、塩味に関しては、このあたりが限界なのかな。
■日本人は、1日に男性で10g、女性で8gぐらい塩分を摂取するのが理想らしい。厚生労働省はこの値を勧めているようです。でも、実際には男性で12.2g、女性で10.5gほどを摂取してしまっているそうです*3。で、塩分の少ない食塩の出番になっているらしい。
■ところで、塩のしょっぱさは何で感じるのでしょうか。塩化ナトリウムを構成する元素・イオンのうち、ナトリウムのほうなのか、塩素のほうなのかはよくわかっていないそうです。塩化カリウムがしょっぱさを感じるのですから塩素のほうにも見えます。でも、炭酸水素ナトリウム、一般に重曹とよばれる物質も、少し舐めるとしょっぱさを感じる人がいるらしい。ということはナトリウムがしょっぱさの素のようにも見えますね。なお、重曹はたくさん舐めるとほとんどの人が苦味を感じるとのこと。もし試されるならちょびっとにしておきましょう。
◆参考*1:書籍「いまさらきけない化学の疑問」初版108~109頁、左巻健男監修、ISBN978-4-7741-3858-9、技術評論社
◇*2HP「【楽天市場】高血圧 の検索結果:通販・インターネットショッピング」(食品>調味料>しおの中で高血圧を検索語として抽出しました)
http://esearch.rakuten.co.jp/rms/sd/esearch/vc?sv=2&v=2&e=0&s=6&sub=0&k=0&oid=000&d=0&ah=0&uwd=1&sitem=%B9%E2%B7%EC%B0%B5&f=A&nitem=&g=100303&min=&max=&p=0
◇*3HP「【味の素KK】健康塩「やさしおR」|塩分について教えて」
http://www.ajinomoto.co.jp/yasashio/salt/index.html

ぬけられます→科学雑学クイズ一覧

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック