町人思案橋・クイズ集

アクセスカウンタ

zoom RSS 漢検準1級程度の読み問題。「豊頬の美少年」の「豊頬」はなんと読むの?

<<   作成日時 : 2009/09/14 07:46   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
★日本語★
問題:漢検準1級程度、ちょっと難しい漢字の読み問題です。次の熟語・漢字はなんと読むでしょうか?
[い]「豊頬の美少年」の「豊頬」
[ろ]「この界隈には楽器屋が見当たらない」の「界隈」
[は]「国運はますます昌んである」の「昌ん」
[に]「幹事を会める」の「会める」
[ほ]「真贋を見分ける」の「真贋」
(答えはずっと下↓ スクロールして下さい)

























★日本語★
正解:各項目を参照してください
説明:[い]「豊頬の美少年」の「豊頬」はホウキョウと読む
■「豊頬」は、「ふっくらとした美しいほお」という意味です。昔々、食べ物が不十分で餓死者が多くでた時代には、死から遠い存在である豊頬や二重顎(あご)が尊ばれ、美しいとされたようです。仏像を見るとたいてい豊頬で二重顎ですよね。脂肪をたくわえて突き出した腹もけっして醜いとは思われなかったようです。
□現代のように飽食の時代ですと、二重顎は金を出して手術してでも一重にしたがります。頬もふっくらしているよりはこけているほうがコガオに見えるなどと言い出します。昔の人々からみると罰当たりなことなのでしょうけど。
[ろ]「この界隈には楽器屋が見当たらない」の「界隈」はカイワイと読む
■「界隈」は、「そのあたり一帯」という意味ですね。多くの場合、地名を示す固有名詞とか連体詞の「この・その・あの」の後に続けて使います。「議事堂界隈」、「道玄坂界隈」とか「あの界隈」なんて使われかたです。なぜか「どの界隈」とはいいません。
[は]「国運はますます昌んである」の「昌ん」はさか(ん)と読む
■「昌ん」は、「盛ん」とおなじ意味だそうです。
□「昌」という漢字は、常用漢字表には掲載がありません。漢和辞典「字通」によれば、「ショウ、あきらか、さかん」という字音・字訓があります。よく名前に使われる漢字です。中日には「山本昌(まさ)」という登録名の投手がいます。200勝以上の勝ち星をあげている名投手です。森昌子(まさこ)という歌手もいました。森進一と別れた人ですね。
[に]「幹事を会める」の「会める」はあつ(める)と読む
■「会める」は、「集める」とおなじ意味だそうです。
□「会」という漢字は、常用漢字表では「カイ、エ、あ-う」という音読み・訓読みがありました。漢和辞書「字通」によれば、「あつまる」という字訓もあるそうです。「会館」という熟語をつくります。「(人が)あつまる建物」という意味なのかな。国際会館、学生会館、総評会館、文化会館、厚生年金会館など、いろいろな会館があります。厚生年金会館には、年金の関係者が集まるのかしらん。
[ほ]「真贋を見分ける」の「真贋」はシンガンと読む
■「真贋」は、「本物と偽物」の意味ですね。「本物か偽物かということ」もあらわします。お宝鑑定団の専門家たちは、真贋を見極めるのが商売のひとつになっています。
□お宝が時代物の機関銃の場合には真贋を見分けるというよりも、マシンガンを見分けるということになるのかな。失礼、お粗末でした。
◆参考*1:書籍「本試験型 漢字検定準1級試験問題集09年版」成美堂出版編集部編、ISBN978-4-415-20422-2、成美堂出版
◇辞書「字通」白川静、平凡社
◇Yahoo! J Dictionaries 大辞泉
◇Yahoo! J Dictionaries 大辞林
◇HP「常用漢字表」
http://www.bunka.go.jp/kokugo/main.asp?fl=list&id=1000003929&clc=1000000068

ぬけられます→日本語雑学クイズ一覧

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
漢検準1級程度の読み問題。「豊頬の美少年」の「豊頬」はなんと読むの? 町人思案橋・クイズ集/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる