町人思案橋・クイズ集

アクセスカウンタ

zoom RSS ちょうど半世紀前の流行語。「イチロー君・ジロー君」とはどんな意味なの?

<<   作成日時 : 2009/07/10 07:40   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
★日本語★
問題:ちょうど半世紀前。昭和34年(1959年)は1月1日に大きな出来事が2つありました。1つは国内の出来事で、メートル法が施行されたそうです。この年の正月は、「冥土の旅の一里塚」ではなく、「約3.927km塚」と表記しなければならなかったらしい。嘘です。
■もう1つはキューバで革命が起きたことです。フィデル・カストロやチェ・ゲバラに率いられた革命軍はアメリカの傀儡(カイライ)政権ともいわれたバティスタ政権を倒します。昭和37年(1962年)にはキューバ危機が起こります。アメリカは防衛戦略上重要な位置に、制御できない国を抱えたまま過ごしてきたようです。
■3月17日には、週刊漫画雑誌「少年マガジン」と「少年サンデー」が一緒に創刊されたそうです。4月にはザ・ピーナッツが「可愛い花」という曲でレコード・デビューしています。6月25日には天覧試合があり、巨人の長嶋が阪神の村山からサヨナラ本塁打を放ちました。村山は「あれはファウル」と亡くなるまで主張していたらしい。7月には児島明子がミス・ユニバースに選ばれました。9月には伊勢湾台風が来襲し5000人近くが亡くなりました。12月には第1回日本レコード大賞に水原弘(ひろし)の「黒い花びら」が選ばれました。
■本日は、そんなちょうど半世紀前の流行語に関するクイズです。次のうち正しい記述はどれでしょうか? 
[い]「イチロー君・ジロー君」とは、昭和基地に置き去りにされた犬の名前で、この年に生存が確認された
[ろ]「マイトガイ」とは俳優小林旭(あきら)の愛称である
[は]「消費者こそ王様」とは、松下電器(現パナソニック)の創業者松下幸之助(こうのすけ)が販売店向けの講演でこの年に言って流行した言葉である
[に]「黒い羽根」とは、炭鉱不況で整理された労働者のための募金活動で使われたものである
[ほ]「札チョン族」とは月の小遣いが1000円札1枚ポッキリの亭主族をからかった言葉である
(答えはずっと下↓ スクロールして下さい)

























★日本語★
正解:[ろ]と[に]が正しい
説明:[い]「イチロー君・ジロー君」とは、昭和基地に置き去りにされた犬の名前で、この年に生存が確認された(×)
■正しくは、「イチロー君・ジロー君は、厳しくなってきた受験戦争の中で、一浪生をイチロー君、二浪生をジロー君と呼んだ」だそうです。この年には「3当4落(サントウシラク)」という言葉も流行しています。「3時間の睡眠で頑張ったものは合格し、4時間も寝てしまえば落ちる」という意味らしい。ナポレオンの故事にちなんだそうです。
□ちなみに、南極に置き去りにされた犬はタロとジロです。たしかに昭和34年(1959年)の1月14日に第3次越冬隊のヘリコプターによって生存が確認されたそうです。15頭が置き去りにされた中で、この兄弟犬だけが生き残ったといわれます。
[ろ]「マイトガイ」とは俳優小林旭(あきら)の愛称である(○)
■このころの日活には、面白い渾名(あだな)がありました。マイトガイは小林旭の愛称で、英語では腕力に優れる者という意味があるらしい。ダイナマイトを使って乱暴なことをする人みたいな印象ですけどね。
□ご存知、石原裕次郎(ゆうじろう)はタフガイだそうです。今聞くと厚い貝殻を持った二枚貝の名前みたいな感じですね。
□二谷英明(にたに ひであき)は、ダンプガイだそうです。郷ひろみの元カミサン二谷友里恵(ゆりえ)のお父さんにして女優白川由美(ゆみ)のご亭主ですね。「ろくでなし野郎」という昭和36年(1961年)の日活映画が、そのダンプガイ名義の映画第1作とのこと。観たことないけど、ダンプに乗って暴れまくる映画なのかな。
[は]「消費者こそ王様」とは、松下電器(現パナソニック)の創業者松下幸之助(こうのすけ)が販売店向けの講演でこの年に言って流行した言葉である(×)
■「お客様は神様です」は三波春夫(みなみ はるお)の名言ですが、「消費者こそ王様」という言葉もあったんですね。これは松下電器発の言葉ではないようです。参考資料*1によれば、「サンヨー電気(おそらく三洋電機)」の広告から流行したとのこと。「消費者こそ王様、これがサンヨーの信条!」という惹句(ジャック)だったようです。
[に]「黒い羽根」とは、炭鉱不況で整理された労働者のための募金活動で使われたものである(○)
■この年、石炭業界の不況は深刻だったそうです。石炭産業は斜陽化していました。翌昭和35年(1960年)には有名な三井三池争議が起こっています。大量解雇に反対して戦ったわけですね。
□この年にも首を切られた人がたくさんいたらしい。福岡県の婦人有志が助け合い運動を起こし、赤い羽根ではなく黒い羽根を目印にしたそうです。
[ほ]「札チョン族」とは月の小遣いが1000円札1枚ポッキリの亭主族をからかった言葉である(×)
■「札チョン(サッチョン)族」とは、「札幌に単身赴任した人」のことだそうです。この年、札幌への企業進出が目覚ましかったらしい。チョンガーというのは、朝鮮語で独身の者をからかって呼ぶ呼称らしい。
□3代目昔昔亭(せきせきてい)桃太郎という落語家によれば、出生率が下がったのは単身で赴任するサラリーマンが多いからだそうです。ご夫婦が別々に寝るから「単身不妊」なんだそうです。おあとがよろしいようで。
◆参考*1:書籍「20世紀のことばの年表」初版141〜144頁、加藤迪男編、東京堂出版

ぬけられます→日本語雑学クイズ一覧

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ちょうど半世紀前の流行語。「イチロー君・ジロー君」とはどんな意味なの? 町人思案橋・クイズ集/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる