町人思案橋・クイズ集

アクセスカウンタ

zoom RSS 「我思う。故に我あり」って誰の言葉だっけ?

<<   作成日時 : 2009/06/10 07:20   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
★日本語★
問題:平成21年(2009年)5月27日付の朝日新聞には「本読む親の子優秀 下位はワイドショー ベネッセ調査」という見出しの記事が掲載されていました。国語の成績と親の読書習慣との関係が明らかになったといっているらしい。成績が悪い子供たちの親は「テレビのワイドショーやバラエティー番組をよく見る」、「カラオケに行く」という習慣を持っているらしい。なお、「本」の中に漫画や雑誌は含まれないとのこと*1。
■子供は親のマネをする存在ですから、この調査結果は当然なのかもしれません。子供に国語力をつけさせたい場合は、無理してでも読書をしたほうがいいのかな。
■本日は、かたい本を読めば子供の国語力が増すかもしれないというお話とはちょっとしか関係がありませんが、おかたい哲学者たちの名言に関する問題です。次の名言はそれぞれ誰が言ったものでしょうか? なお、本日の発言者たちはみんな西洋で生まれた連中です。
[い]「人間は考える葦である」
[ろ]「我思う。故に我あり」
[は]「賢い人は、なにか言うべきことがあるから語る。馬鹿は、なにか言わねばならぬから語る」 
[に]「初めにナンセンスがあった。ナンセンスは神と共にあった。そしてナンセンスは神であった」
[ほ]「ひとたび男と平等にされると、女は男の上位になる.」
(答えはずっと下↓ スクロールして下さい)

























★日本語★
正解:各項目を参照してください
説明:
[い]「人間は考える葦である」はパスカルの名言である
■ブレーズ・パスカルという人物は、元和(げんな)9年(1623年)にうまれ寛文(かんぶん)2年(1662年)に亡くなっています。フランスの物理・化学・数学者であり、哲学・宗教学者でもあります。自然科学と人文科学の両方で才能を発揮したらしい。かつてはフランスの高額紙幣の肖像画にも使われていたそうです。
□流体の圧力に関するパスカルの原理というのは中学で習いました。割と簡単だったので、パスカル氏に関しては、特に悪い記憶はありません。モルとか分子量とかで登場するアボガドロ氏に対しては、殺意を抱いていましたけれど。
□「考える葦である」という言葉は「パンセ」というパスカル氏の死後にまとめられた本に掲載されているらしい。この言葉を聞くと王選手を思い出します。「考える1本足である」。単なる駄洒落ですが、王貞治氏はいつも考えながら練習していたのではないかと勝手に憶測しています。
[ろ]「我思う。故に我あり」はデカルトの名言である
■ルネ・デカルト氏もまた数学者でありながら哲学者だったそうです。パスカル氏とほぼ同時期に活躍したフランス人だそうです。
□この有名な言葉は、「方法序説」という本に記されているそうです。この言葉を聞くと2匹の蟻が触覚で情報をやりとりしている図を思い浮かべます。片方は背中に食糧を背負っています。「我重い。故に我蟻」。素町人には哲学者の深遠な言葉をまともに受け取る素質が欠けているのかもしれません。
□ズッコケついでにもうひとつ。有名な元ヘビー級ボクサー、カシアス・クレイ氏は、思うところあってイスラム教に改宗し、モハメド・アリと名前を変えています。「我思う。故に我アリ」。ハハハ、失礼しました。
[は]「賢い人は、なにか言うべきことがあるから語る。馬鹿は、なにか言わねばならぬから語る」はプラトンの名言である
■プラトン氏はソクラテス氏の弟子で、プラトニック・ラブの発明者です。肉体に惹かれる愛よりも精神に惹かれる愛のほうが崇高なんだそうです。
□プラトン氏のお言葉は、21世紀のワイドショーについての発言かもしれません。たしかに、ワイドショーにおける司会者・コメンテーター諸氏は、「なにか言わねばならぬから語る」といった風情で毎日を過ごしておいでです。
[に]「初めにナンセンスがあった。ナンセンスは神と共にあった。そしてナンセンスは神であった」はニーチェの名言である
■フリードリヒ・ニーチェ氏は、19世紀の中ごろから末にかけて活躍した哲学者です。その代表作のひとつ「ツァラトゥストラはかく語りき」は、単なる哲学書にとどまりませんでした。リヒャルト・シュトラウスの交響詩のタイトルにもなり、さらに映画「地獄の黙示録」で使われて21世紀になっても経済波及効果を生んでいるそうです。
□ナンセンスについての格言は、聖書の一節をもじった表現だそうです。おおもとは「初めに言(ことば)があった、言は神とともにあった、言は神であった」という文章らしい。ニーチェ氏は、「最後のキリスト教徒は十字架の上で亡くなった」という毒のある言葉も吐いて、一部のキリスト教徒に嫌われているようです。
[ほ]「ひとたび男と平等にされると、女は男の上位になる.」はソクラテスの名言である
■ソクラテスの言葉は、「男女平等は男女不平等につながる」という意味なのでしょうか。21世紀の今日、たしかに男女平等をめざした結果、男性にとっての不平等がひろがりつつあるような気もしますね、男性としては。
□ソクラテスは哲学者の代表ともいえる人物です。紀元前469年ごろにうまれ、399年ごろに亡くなっているとのこと。カミサンがクサンチッペと呼ばれる女性で、悪妻だったといわれます。「何が哲学だ、屁理屈ばかりこねていないで仕事をしろ」とかいわれていたらしい。それでも、「もし良い妻なら幸せな家庭ができる。もし悪い妻なら哲学者ができる」といって結婚を奨励したらしい。してもしなくても後悔するのが結婚であることだけは間違いないようですけど。
◆参考*1:HP「asahi.com(朝日新聞社):本読む親の子優秀 下位はワイドショー ベネッセ調査 - 社会」
http://www.asahi.com/national/update/0527/TKY200905260379.html
◇*2HP「ブレーズ・パスカル - Wikipedia」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%96%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%82%BA%E3%83%BB%E3%83%91%E3%82%B9%E3%82%AB%E3%83%AB
◇*3HP「ルネ・デカルト - Wikipedia」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%87%E3%82%AB%E3%83%AB%E3%83%88
◇*4HP「プラトン - Wikipedia」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%97%E3%83%A9%E3%83%88%E3%83%B3
◇*5HP「フリードリヒ・ニーチェ - Wikipedia」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8B%E3%83%BC%E3%83%81%E3%82%A7#.E3.80.8E.E3.83.84.E3.82.A1.E3.83.A9.E3.83.88.E3.82.A5.E3.82.B9.E3.83.88.E3.83.A9.E3.81.AF.E3.81.8B.E3.81.8F.E8.AA.9E.E3.82.8A.E3.81.8D.E3.80.8F
◇*6HP「ソクラテス - Wikipedia」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BD%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%83%86%E3%82%B9

ぬけられます→日本語雑学クイズ一覧

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
「我思う。故に我あり」って誰の言葉だっけ? 町人思案橋・クイズ集/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる