中村俊輔の所属するセルティックもUCLで優勝したことがあるの?

画像
問題:一昨日の晩から昨日にかけては、サッカーのお好きなかたにはたまらない時間だったでしょう。27日の晩には、キリンカップという催しで日本とチリが対戦し、日本が4-0で完勝しました。チリはFIFA(フィーファ、国際サッカー連盟)の番付では26位。日本は35位ですので、だいぶ格上です。しかも南米予選では現在3位と好調を維持しているらしい。そのチリに完勝です。応援団としては興奮せざるをえません。
■28日未明にはUEFA(ウエファ、欧州サッカー連盟)チャンピオンズリーグ(以下UCL)の決勝戦が行なわれました。スペインのFCバルセロナ(以下バルサ)がイングランドのマンチェスターユナイテッド(以下マンU)をやぶり、見事に優勝しました。
■録画していたのだからヒマな時にゆっくり観ればいいのに。夜中に手洗いに起きたとき、ふと出来心でテレビのスイッチをつけてしまい、ついつい最後まで観てしまいました。おかげで昼間は少し眠かった。
■プレミアリーグではあれだけ強かったマンUの面々が、試合の途中から少しイライラした表情を見せていました。バルサの最初の1点が効いたのでしょうね。前半10分、センターラインを過ぎたあたりからペナルティ近くまでイニエスタ選手がドリブルで持ち込み、右サイドを駆け上がったエトー選手にパス。ペナルティゾーンに切れ込んだエトー選手がマンUのディフェンス背番号15と1対1になり、軽くかわしてシュート。GKファン・デルサール選手に触れたもののボールはネットの中へ転がりこみました。
■なぜイニエスタ選手のドリブルにもっと圧力をかけなかったのか。なぜエトー選手にあれだけ鮮やかにかわされてしまったのか。素人の目には不思議でしたけど、それが実力というものなのかもしれません。マンUの守備陣は平成20年(2008年)の年末にG大阪に3ゴールを許していましたね。リーグ戦では長時間に渡り零点で抑える記録を作ったと聞きます。でも、慣れない相手に対しては意外に弱いのかもしれません。
■本日はUCLにまつわる雑学クイズです。次のうち正しい記述はどれでしょうか? 
[い]中村俊輔の所属するセルティックもU CLで優勝したことがある
[ろ]いちばん多く優勝チームを輩出している国はイタリアである
[は]いちばん多く優勝しているチームはレアル・マドリードである
[に]マンUの背番号15のディフェンスはリオ・ファーディナンドと呼ばれる名選手である
[ほ]UCLはUEFAカップの上位大会である
(答えはずっと下↓ スクロールして下さい)




























正解:[い]と[は]と[ほ]が正しい
説明:
[い]中村俊輔の所属するセルティックもUCLで優勝したことがある(○)
■スコットランドのセルティックは、昭和42年(1967年)に優勝しているようです。ただし、このとき大会の名前は、UEFAチャンピオンズカップという名前だったようです。UCLの前身の大会です。昭和30年(1955年)に始まり、平成4年(1992年)にUCLに再編成されたとのこと。
[ろ]いちばん多く優勝チームを輩出している国はイタリアである(×)
■昨年まではイングランド、イタリア、スペインが11回ずつで並んでいたらしい。今年、バルセロナが優勝したので、スペインは12回目となり単独首位になったそうです。
□スペインではなんといってもレアル・マドリードというチームが凄いですね。全部で9回も優勝しているとのこと。昭和31年(1956年)~昭和35年(1960年)で5連勝を飾っています。今年のバルサが3回目で、あわせて12回らしい。
[は]いちばん多く優勝しているチームはレアル・マドリードである(○)
■前項で触れたように、レアル・マドリードは9回の優勝があります。2番目に優勝回数が多いのはACミランで7回。3番目がリバプールの5回だそうです。
□さらにアヤックスとバイエルン・ミュンヘンが4回で4・5位をわけあい、マンUはバルサとおなじ3回の優勝で6・7位をわけあっているらしい。
[に]マンUの背番号15のディフェンスはリオ・ファーディナンドと呼ばれる名選手である(×)
■昨日の試合で前半10分にエトー選手に軽くいなされ、決められてしまったマンU背番号15のディフェンスは、ネマニャ・ヴィディッチという選手だそうです。平成14年(2002年)からセルビア代表に選ばれています。リオ・ファーディナンド選手とともに鉄壁の守備を誇っています。ヴィディッチの身長が189cm。ファーディナンドが身長191cmだそうですから、高いボールには強いディフェンス陣ですね。でも、エトー選手やメッシ選手のような俊敏な動きにはついていけなかったのかな。
[ほ]UCLはUEFAカップの上位大会である(○)
■UEFAはいくつもの大会を主催しています。そのうちでクラブチームが関係している大規模な大会はふたつあるようです。ひとつはUCL、もうひとつはUEFAカップです。各国リーグでのカップ戦の優勝チームによる大会らしい。
□UEFAカップの参加資格をみると、UCLの下位の大会であることがわかります。「UCL出場クラブ以外の上位クラブ」が各国リーグのランキングに従って出場できるとのこと。まずUCL出場チームが決まり、次にUEFAカップ出場チームが決まるらしい。どの国のリーグでも、より上位のチームがUCLでの争いに参加するようです。
□UEFAカップの今年の優勝チームはシャフタール・ドネツクというウクライナのチームだそうです。平成14年(2002年)には、小野伸二(しんじ)の所属するフェイエノールトが優勝していましたね。
◆参考*1:HP「UEFAカップ - Wikipedia」
http://ja.wikipedia.org/wiki/UEFA%E3%82%AB%E3%83%83%E3%83%97

ぬけられます→政治/経済雑学クイズ一覧/span>

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック