町人思案橋・クイズ集

アクセスカウンタ

zoom RSS 日本語のクセ。理屈をわからせたいときには、どんな話しかたになるの?

<<   作成日時 : 2009/05/18 07:52   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
★日本語★
問題:自分の考えかたを聞き手に理解してもらいたい。その気持ちが強いとき、ある人たちは話しかたに特徴的なクセが出るそうです。そのクセとは次のどれでしょうか?
[い]「三角形ABC?…と三角形PQR?…は合同だから、ABとPQは等しく?…になります」。いわゆる「半疑問形」の話しかた
[ろ] 「三角形ABC、そうABCと、三角形PRQ、違うな、三角形PQRは合同だから、ABとPQは等しくなります」という自問自答をはさむ話しかた
[は] 「三角形ABCとぉ〜、三角形PQRは合同だからぁ〜、ABとPQは等しくなりますぅ〜」という語尾を伸ばす話しかた
(答えはずっと下↓ スクロールして下さい)

























★日本語★
正解:[は] 「三角形ABCとぉ〜、三角形PQRは合同だからぁ〜、ABとPQは等しくなりますぅ〜」という語尾を伸ばす話しかた
説明:参考資料*1によれば、こうした語尾を伸ばす発音は、「理を立てる」場合に使われるそうです。自分の考えを相手に伝えたい場合の話しかたです。気持ちを伝えたい場合の話しかたではないらしい。使うのは思春期後半の人たちのようです。
■日本語は、文章の末尾の大切な言語だそうです。たしかに末尾次第で意味が変わってきます。「儲かります」、「儲かりますか」、「儲かりますが」では意味がずいぶん違います。でも、文末は文字どおり文章の最後に置かれています。胸のなかの空気が足らなくなり、はっきり発音できず、意図が正確に伝わらないこともあるらしい。
■そこで生まれたのが語尾を強調する話しかただそうです。その昔、アンポ・ハンタイと叫んでいた全共闘の人たちの演説口調だそうです。アジ演説とも呼ばれました。アジテーション、つまり扇動するための演説らしい。「ワレワレハァ〜、ニッテイ(日帝=日本帝国主義者)ノォ〜、アジアニオケルゥ〜」。懐かしいですね。内容については何も覚えていませんが、口調だけはいまでも耳に残っています。
■大学の先生のお話では、現在の学生たちも、やはり似たような話しかたのクセがあるそうです。教授連の評判はあまり芳しくはないらしい。論理は伝わるかもしれませんが、同時に聞き手に不快感をもたれる可能性があります。たとえばプレゼンのときに、「当社のサービスはぁ〜、365日24時間体制でありぃ〜、会員企業様にぃ〜、他社にはない安心と安全をお届けしておりますぅ〜」と叫ばれても困ってしまいますよね。
■似たような話しかたに、「語尾を鼻にかける」というのがあります。女性特有の話しかたですね。異性になにかを依頼したり了承を求めたりする際に使われることが多いらしい。近くに枕がある場合には、きわめて効果が高くなるようです。「語尾を伸ばす」のとはかなりの違いがありますね。
◆参考*1:書籍「大野晋の日本語相談」文庫初版9〜12頁、大野晋(おおの すすむ)著、ISBN4-02-264085-5、朝日新聞社

ぬけられます→日本語雑学クイズ一覧

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
日本語のクセ。理屈をわからせたいときには、どんな話しかたになるの? 町人思案橋・クイズ集/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる