町人思案橋・クイズ集

アクセスカウンタ

zoom RSS ホントにあった交通安全のための看板の文句はどれなの?

<<   作成日時 : 2009/03/31 06:45   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
★日本語★
問題:小中学生のときに、標語とかポスターとかに応募させられた人は多いと思います。警察署とか消防署では、地元の児童生徒に防犯・交通安全・防火などの意識をもたせたい。ついでに、標語やポスターの意匠にかかる手間と費用を省きたい。一挙両得なので学校に依頼し、そんな作業をさせるのかな。
■残念ながら、金賞に入選して採用される文句は、あまりピンと来ないものが多いし、記憶にも残りにくい。「注意一秒、怪我一生」とか、「狭い日本、そんなに急いでどこに行く」みたいな歴史に残る名作も、例外としてはありますけどね。
■警察や消防のほうでも、ありきたりな表現ではどうも訴求力が弱いと思うのでしょうか。最近では、ちょっとどっきりするような変化球も見られるらしい。下の5つの標語のうち、いくつかはホントにあった表現だそうです。では、歩行者やドライバーが実際に見てしまった文句はどれでしょうか?
[い]天国に一番近い交差点
[ろ]死亡事故現場で走ろう
[は]道路で寝そべっている人に注意
[に]これより茶どころ 無茶やめて
[ほ]油断すればここも事故現場
(答えはずっと下↓ スクロールして下さい)

























★日本語★
正解:[い]と[ろ]、[は]、[に]がホントにあった文句らしい
説明:参考資料*1と*2には、この4つが掲載されていました。ただし、どの警察署でいつごろ採用されていたものなのかはどちらにも記されていませんでした。「これより茶どころ 無茶やめて」。これだけは少し範囲が絞れます。埼玉、静岡、京都、鹿児島あたりの警察署なのかな。
■[は]の「道路で寝そべっている人に注意」というのは凄い。横断する人、併走するバイクや自転車、飛び出してくるボールとその後に続く子供に注意しろというならわかります。道路で寝ている人がむやみに多い地域なのでしょうかね。昔々、夏の釜ヶ崎に行ったら、アスファルトの敷布団で寝ている人がたくさんいました。あそこを管轄する西成署のポスターに書かれていた文句なのかな。
■余談です。参考資料*1*2の両方ともに、警察署の面白標語の近くに、面白看板の文句が記されています(090330現在)。こちらにもなかなか印象深いものがあるので、いくつかご紹介しましょう。「手抜きうどん」というのは、もちろんウドン屋さんの看板でしょう。「讃岐うどん」と「手打ちうどん」を足して2で割っちゃったのかな。
■「甘鯛 女28才の味!」。これは食堂なのか、名産品直販所の看板なのか。「脂がのっている」と言いたいらしい。潜在顧客の半分以上を占めるはずの女性にはあまり好感を持たれないと思われる表現です。売上げ増に結びついたのかどうか。知りたいですね。
■「しどろもどろ作業所」。ちょっと印象に残る文句です。でも何の看板かはよくわかりません。作業所そのものが売り物になるのはなにかな。陶芸の体験工房かなんかでしょうか。「どろ」がつきものだし。
■「栗沢のいちごは栗沢一だ」。これは、北海道空知支庁空知郡栗沢町というところにあった看板だそうです。平成18(2006)年3月に、岩見沢市に編入合併された自治体だそうです。「食べたくなるほどおいしい」という文句が続いていたらしい。論理的に正しく、気負いのない表現です。好感が持てますね。
■九州にある歯科医限定の面白看板。「岡歯科」、「多野歯科」、「浦山歯科」。九州地方では、「悲しいなぁ」を「悲しか〜」ということがあるそうです。
◆参考*1:書籍「日本語必笑講座」初版155〜157頁、清水義範著、ISBN4-06-210171-8、講談社
◇*2HP「見っけ!変な看板」
http://hakata.main.jp/k-kaiwa.HTM

ぬけられます→日本語雑学クイズ一覧

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ホントにあった交通安全のための看板の文句はどれなの? 町人思案橋・クイズ集/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる