町人思案橋・クイズ集

アクセスカウンタ

zoom RSS 漢検1級程度難易度最上級の読み問題。「土筆」はなんと読むの?

<<   作成日時 : 2009/03/16 07:58   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 1 / コメント 0

画像
★日本語★
問題:漢検1級程度、難易度は最高の読み問題です。次の熟語はなんと読むでしょうか? ヒント。当て字です。読みはすべて3文字です。すべて実際にある物や現象の名前です。抽象名詞はありません。
[い]土筆
[ろ]紙撚
[は]海嘯
[に]葛籠
[ほ]三和土
(答えはずっと下↓ スクロールして下さい)

























★日本語★
正解:各項目を参照してください
説明:[い]土筆はつくしと読む
■「つくし」は、杉菜(すぎな)という羊歯(しだ)類の植物の地上に伸びた部分だそうです。「筆頭菜」とも書きます。筆頭菜はまた「ひっとうさい」とも読むらしい。いずれにせよ、筆という漢字が入ります。つくしんぼの先っぽが筆の穂に姿が似ているからでしょう。
□土筆は吸い物に入れたり、お浸しにします。卵とじにする人もいるらしい。少し苦く、野趣に富んでいます。
□学校にあがる前ぐらいのころでしたか、よく土筆をとって遊んだものです。収穫した土筆は半分以上は捨てていたのでしょう。食べた記憶はごくわずかです。当時は採りきれないほど土筆がありました。いまの都会では、そんなに豊富にはないようですね。
[ろ]紙撚はこよりと読む
■「紙撚」は、「細長く切った紙をひねってひも状にしたもの」だそうです。「紙縒り」、「紙捻り」とも書きます。「かんぜより」とも呼びます。
□ホッチキスは明治の中ごろに初めて輸入されたそうです。それまでは、紙をとじるのに紙撚を使うことが多かった。千枚通しで穴をあけ、紙撚を通して結ぶわけですね。和紙で作られた紙撚はなかなか強く、書類を厚く束ねても充分な耐久性があったそうです。
[は]海嘯はつなみと読む
■参考資料*1では、「海嘯」を「つなみ」と読んでいます。「大辞林」によると、昭和の初期までは、地震津波のことを「海嘯」と呼んでいたらしい。最近では、「カイショウ」と読み、「満潮の際に潮流の前面が垂直の壁となり、砕けながら川の上流へさかのぼる現象」のことを指すようです。
□テレビ番組で、アマゾン川の海嘯などをときどき紹介していますね。高い波が轟音を立てながら川をさかのぼって行きます。なかなか壮大な眺めです。現地ではポロロッカと呼ぶらしい。なお、「海嘯」は、「大辞泉」では「海鳴り」も挙げています。
□「嘯」という漢字は、常用漢字表には掲載がありません。漢和辞書「字通」には、「ショウ、うそぶく」という字音・字訓がありました。「うそぶく」とは、「とぼけて知らないふりをする」とか、「偉そうに大きなことをいう」という意味があります。あるいは「猛獣などが吠える」、「口をすぼめて息や声を出す」という意味もあります。「口笛を吹く」のも「うそぶく」と呼んだらしい。
[に]葛籠はつづらと読む
■「葛籠」は、「ツヅラフジの蔓(つる)で編んだ、衣服などを入れる箱形のかご」だそうです。昔話の「舌切り雀」では、やさしいお爺さんが雀の宿で小さいほうの葛籠を選んで持って帰ります。中には小判がつまっていました。欲張りなお婆さんは雀の宿に押しかけ、大きいほうの葛籠を持って帰ります。中からは、妖怪や蜥蜴(とかげ)や蛙(かえる)や蛇(へび)が出てきて、お婆さんは気絶します。救急車で運ばれますが欲張りを理由に診療を拒絶されてたらい回しにされ、2時間後に死亡するというお話ですね。違ったかな。
□葛籠の原材料は、最初はフジの蔓でした。のちには竹や檜(ひのき)の薄板で編み、紙を張って柿渋や漆を塗ったものもあるそうです。
□「葛」は「くず」とも読みます。根からくず粉をとるマメ科の植物だそうです。「籠」は「かご」とも読みます。あわせて「くずかご」と読まれたかたもおいでかも。お気持ちはわかりますが間違いです。ゴミ箱の意味の「くずかご」は「屑籠」と漢字表記するそうです。
[ほ]三和土はたたきと読む
■「三和土」は、「コンクリートで仕上げた土間」のことだそうです。「叩き土に石灰・水などを加えて塗り、たたき固めた土間」のことも三和土と呼びます。昔は玄関も三和土ですし台所も三和土です。多くの場合、三和土は下駄や靴をはいて通るところでした。
□関西の昔ながらの商店や民家の建物には、表口から裏口まで抜ける通り庭という土間があったりしますね。この土間も三和土になっている場合が多いようです。
□夏目漱石の「行人(こうじん)」では、「自分は黙って、風呂場と便所の境にある三和土(たたき)の隅(すみ)に寄せ掛けられた大きな銅の金盥(かなだらい)を見つめた」という形で使われていました。
◆参考:書籍「本試験型 漢字検定1級試験問題集09年版」成美堂出版編集部編、成美堂出版
◇辞書「字通」白川静、平凡社
◇Yahoo! J Dictionaries 大辞泉
◇Yahoo! J Dictionaries 大辞林
◇HP「常用漢字表」
http://www.bunka.go.jp/kokugo/main.asp?fl=list&id=1000003929&clc=1000000068

ぬけられます→日本語雑学クイズ一覧

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
ナイス

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
漢字の当て字の問題。「怨鳥」は「ホトトギス」と読むの?
●●●★日本語★●●● 問題:漢字の当て字の問題です。本日は鳥についての当て字を集めてみました。次の文のうち正しいものはどれでしょうか? [い]怨鳥は「ほととぎす」と読む [ろ]玄鳥は「ぺんぎん」と読む [は]桃花鳥は「こまどり」と読む [に]巧婦鳥は「せきれい」と読む [ほ]拙老婆は「うそ」と読む (答えはずっと下↓ スクロールして下さい) ...続きを見る
町人思案橋・クイズ集
2009/04/24 06:25

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
漢検1級程度難易度最上級の読み問題。「土筆」はなんと読むの? 町人思案橋・クイズ集/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる