勝海舟は剣術の腕も一流だったの?

画像
★歴史★
問題:西暦1823年の今日、3月12日。和暦では文政(ブンセイ)6年1月30日。幕末維新を通じて活躍した勝海舟(かつかいしゅう)が誕生しました。
■勝家は小身の旗本だそうです。幕府の組織の中では下位のほうであり、平和なときであれば、大きな仕事のできる立場ではなかったようです。
■幸か不幸か、勝海舟が生きたのは激動の幕末でした。嘉永6(1853)年に黒船が来航します。開港を迫られた老中首座の阿部正弘(あべ まさひろ)は、大名から町人にいたるまで広く意見を募ります。勝海舟は海防意見書を提出し、阿部正弘の目にとまります。幕府海防掛だった大久保忠寛(おおくぼ ただひろ)に認められ、重要な職務をまかされることになります。
■維新までの15年は、能力優先の時代です。勝海舟はいかんなくその力を発揮し、幕府を代表する重要な役目をになうことになります。ごぞんじのとおり、戊辰戦争の際には、幕府側の責任者として江戸無血開城を進めています。
■本日は幕末・明治を生き抜いた憂国の士の186回目の誕生日を記念し、勝海舟に関する雑学クイズです。次のうち正しい記述はどれでしょうか?
[い]勝海舟の曽祖父銀一は越後の貧農に生まれた盲人だった
[ろ]蘭和辞書を借りて書き写し、勉強しながら収入を得たことがある
[は]坂本龍馬は勝海舟を高く評価していたが、西郷隆盛はあまり関心を抱かなかった
[に]老中にアメリカと日本の違いはなにかと聞かれて、「アメリカでは高い地位にある者は相応に賢い」と答えた
[ほ]勝海舟は2つの大学の恩人として知られている。日本大学と駒沢大学だ
(答えはずっと下↓ スクロールして下さい)

























★歴史★
正解:[い]と[ろ]、[に]が正しい
説明:[い]勝海舟の曽祖父銀一は越後の貧農に生まれた盲人だった(○)
■Wikipediaによれば、曽祖父の銀一(ぎんいち?)は、越後国三島郡長鳥村、現在の柏崎市の貧農に生まれたそうです。盲人だった銀一は、江戸へ出て高利貸業で成功します。当時は盲人にのみ独占的に高利貸を認めていたらしい。
□巨富を得た銀一は、検校(ケンギョウ)の位を買って米山検校と名乗ったそうです。息子の平蔵(へいぞう?)は、御家人株を取得し、男谷家を興したとのこと。のちに旗本に昇進します。その三男が海舟の父親である勝小吉(かつ こきち)だそうです。
[ろ]蘭和辞書を借りて書き写し、勉強しながら収入を得たことがある(○)
■勝海舟の実家男谷家には、男谷信友(おだに のぶとも、通称精一郎)という幕末きっての剣豪がいます*3。勝海舟も若いころは剣術を修業し、直心影流(じきしんかげりゅう)の免許皆伝の腕前だそうです。直心影流は江戸時代の後期にいちばん多く広まった剣術の流派らしい。
□勝海舟は、文武両道だったようです。洋学については、赤坂溜池の福岡藩屋敷内に住んでいた永井青崖(ながい せいがい?)に蘭学を学んでいました。このとき、「ドゥーフ・ハルマ」という蘭和辞書を1年間借り受け、2部の複製を作ったといわれます。1部は自分用。1部は売ってお金にしました。「ドゥーフ・ハルマ」を借りるのに10両かかったともいわれます。勝海舟は筆写したものを60両とも80両とも伝えられる高額で売り飛ばしたらしい。現代の日本でおなじことをやると著作権に関する法に抵触しますね。
[は]坂本龍馬は勝海舟を高く評価していたが、西郷隆盛はあまり関心を抱かなかった(×)
■坂本龍馬は、姉への手紙で、「今にては日ノ本第一の人物勝麟太郎(勝海舟)という人に弟子になり」と書いたそうです。かなり高く買っていますね。
□西郷隆盛は、大久保利通宛の手紙で、勝海舟に面会したときのことを述べています。「勝氏へ初めて面会し候ところ実に驚き入り候人物にて、どれだけ知略これあるやら知れぬ塩梅に見受け申し候」。「英雄肌で、佐久間象山よりもより一層、有能であり、ひどく惚れ申し候」。これまた高い評価ですね。
[に]老中にアメリカと日本の違いはなにかと聞かれて、「アメリカでは高い地位にある者は相応に賢い」と答えた(○)
■これはたいへんよく知られた話だそうです。14代将軍家茂(いえもち)に謁見した際に、アメリカと日本の違いを同席した老中に聞かれたらしい。咸臨丸で渡米したあとなんでしょうね。
□高い地位にある老中を前にして平気でこんな皮肉をいうのですからいい度胸です。味方も多かったらしいけど、敵も多かったんでしょうね。
[ほ]勝海舟は2つの大学の恩人として知られている。日本大学と駒沢大学だ(× )
■正しくは、「東洋大学と専修大学」だそうです。いわゆるニットーコマセンと呼ばれる大学ですね。東洋大学は井上円了(えんりょう)が建学した哲学館が前身です。勝海舟は哲学館に対して多くの寄付を行ない、「三恩人」の1人とされているそうです。
□専修大学の前身である専修学校の繁栄にも力を尽くしたそうです。「律は甲乙の科を増やし、以って澆俗を正す。礼は升降の制を崇め、以って頽風を極(と)める」という言葉を贈っているとのこと。現代語に訳すと、「法律はさまざまな条文を増やし、それによって薄情な世俗を正す。礼法はさまざまな制度を尊重し、それによって退廃の気風をとめる」という意味らしい*2。
◆参考*1:HP「勝海舟 Wikipedia」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8B%9D%E6%B5%B7%E8%88%9F
◇*2HP「律増甲乙之科以正澆俗 礼崇升降之制以極頽風 Wikipedia」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BE%8B%E5%A2%97%E7%94%B2%E4%B9%99%E4%B9%8B%E7%A7%91%E4%BB%A5%E6%AD%A3%E6%BE%86%E4%BF%97_%E7%A4%BC%E5%B4%87%E5%8D%87%E9%99%8D%E4%B9%8B%E5%88%B6%E4%BB%A5%E6%A5%B5%E9%A0%BD%E9%A2%A8
◇*3HP「男谷精一郎は名前は男性的だが、やることはど~よ?」
http://blog.q-q.jp/200512/article_53.html

ぬけられます→歴史雑学クイズ一覧

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

かわいい

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック