漢検準2級程度書き取り問題。「シュコウを凝らす」のシュコウはどう書くの?

●●●★日本語★●●● 問題:漢検準2級程度、わりとやさしい書き取りです。次の文のカタカナ部分を漢字に直してください。 [い]「魚のクサッタ匂いがする」 [ろ]「太い葉巻からシエンがたちのぼる」 [は]「シュコウを凝らした催し物だ」 [に]「国会議員の4人に1人はセシュウだ」 [ほ]「なぜ業績がフシンなのか不審だ」 (答え…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「オレタチ」なんて果物はホントにあるの?

●●●●★科学★●● 問題:ハイブリッド野菜というのがあります。たとえばポマト。ポテトとトマトを組み合わせた植物だそうです。 ■ポマトは、地中にはジャガイモ、地上にはトマトがなるそうです。一石二鳥というか一挙両得というか、不思議な野菜です。でも残念ながらいまのところ実用化は難しいらしい。ジャガイモもトマトも小さいものしかならないよう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

野球殿堂の創立記念日。最初に殿堂入りしたのはベーブ・ルースなの?

●●●●●★歴史★● 問題:昭和11(1936)年の今日、1月29日。アメリカのニューヨーク州に野球に貢献した名士たちを顕彰する「野球殿堂」が開設されました。 ■アメリカのメジャー・リーグ・ベースボールは、明治36(1903)年に発足とみるのが一般らしい。この年、アメリカン・リーグとナショナル・リーグの両リーグの共同事業機構として始…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

西洋人の警句。「恋の仕上げ」に必要な設備とはなに?

●●●★日本語★●●● 問題:警句は、アフォリズム(aphorism)とも呼ばれます。アホなリズムではありません。「短く巧みな表現で、真理を鋭くついた言葉」だそうです。 ■警句は、多くの場合、文字として読むと楽しい。でも声として聞くとさほどでもありません。ときには耳障りなこともあります。なぜでしょうね。 ■洋の東西を問わず警句は数…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ロングライフ牛乳はどんな方法で殺菌しているの?

●●●●★科学★●● 問題:ロングライフ牛乳をご存知だと思います。冷蔵庫に入れずに3ヶ月程度は保存できると言われます。ふつうの牛乳の賞味期限はせいぜい10日ぐらいだそうです。ずいぶん違いますね。 ■日本の市販牛乳のほとんどは、120度C~135度Cで1~3秒間殺菌しているそうです。では、ロングライフ牛乳の中身はどんな方法で殺菌してい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

上杉謙信が家督を継いだ日。信長を苦しめた武将は実は女だったの?

●●●●●★歴史★● 問題:西暦1549年の今日、1月28日。和暦では天文(てんぶん、てんもん)17年の12月に、長尾景虎(ながお かげとら)が家督を継ぎ、春日山城(かすがやまじょう)に入城したそうです。長尾景虎は、のちに上杉謙信と呼ばれる戦国武将ですね。春日山城は、現在の新潟県上越市にあった山城です。 ■長尾景虎は、西暦1530年…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

表現の間違い探し。「人はすべからく平等である」は正しい表現なの?

●●●★日本語★●●● 問題:ちょっと大人びた表現は、ちゃんと使えれば格好いい。でも間違えるとかえってみっともない。でも、使わなければいつまでも自分のものにはならない。悩ましいところです。 ■次にあげる文章は、ちょっと大人びた表現を使ってみたけれど、どこかが間違っているという例です。それぞれどんな誤りでしょうか? [い]会社が民事…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

サハラ砂漠も1500年前までは緑に覆われていたの?

●●●●★科学★●● 問題:森林は人間を安心させてくれます。その昔、われわれの祖先は森に住んでいたことがあり、なつかしさを感じるらしい。 ■オランウータンという人類の親戚筋にあたる動物は、現地の言葉で「森の人」という意味だそうです。樹上から地上へ降りたのが我らの祖先。樹上にとどまったのが森の人なのかな。なんにせよ、森は人類にとっても…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

野口雨情の命日。作詞した「波浮の港」は日本初の商業レコードなの?

●●●●●★歴史★● 問題:昭和20(1945)年の今日、1月27日。詩人の野口雨情(のぐち うじょう)が亡くなりました。満62歳と8ヶ月でした。 ■野口雨情は、明治15(1882)年5月29日に茨城県に生まれました。実家は水戸藩の郷士だったそうです。廻船問屋を営む地元の名家であり、現在の北茨城市に残る生家の建物は、水戸光圀(みと …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

漢検2級程度書き取り。「悪貨は良貨をクチクする」のクチクはどう書くの?

●●●★日本語★●●● 問題:漢検2級程度の書き取りです。全問正解の意気込みで挑戦しましょう。次の文のカタカナ部分を漢字に直してください。 [い]「アマ色の髪の乙女」のアマ [ろ]「悪貨は良貨をクチクする」のクチク [は]「源氏のチャクリュウである頼朝」のチャクリュウ [に]「輪島塗のシッキを購入する」のシッキ [ほ]「戸籍…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

鍋物や薬味に欠かせない長ネギ。肛門に刺すと風邪が治るの?

●●●●★科学★●● 問題:長ネギはお好きでしょうか。この季節、鍋物にはよく使われます。よく煮えた長ネギは熱い汁を含んでいます。噛みかたによっては口の奥に汁が飛び出してきて暴れますね。 ■細かく刻んでウドン・そば・味噌汁などの薬味にもよく使われます。焼いたネギに味噌をつけて食べるという人もいます。 ■ネギはユリ目ユリ科ネギ属の植物…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

帝銀事件勃発。12人を殺したのはホントに平沢貞道なの?

●●●●●★歴史★● 問題:昭和23年(1948)の今日、1月26日。東京都豊島区の帝国銀行椎名町支店で12人が殺害されるという殺人事件が起きました。厚生省技官を名乗る男が、伝染病予防のためと称して毒薬を飲ませます。居合わせた16人中11人が即死、1人が病院に搬送されたのちに死亡しました。 ■犯人は現金16万円と額面1万7450円の…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

鴎外作品の漢字読み問題。「ずぼんを穿く」の「穿く」はなんと読むの?

●●●★日本語★●●● 問題:森鴎外(もり おうがい)が翻訳した小説に、「破落戸の昇天」という作品があります。地獄で十数年を過ごした小さな悪人が短時間だけ娑婆に帰って家族に面会するというお話です。モルナール・フェレンツというハンガリー出身の作家によるものらしい。 ■ではいきなり問題です。「破落戸」はなんと読むのでしょうか? 「大辞泉…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

フカヒレは妊婦や高齢者には危険なの?

●●●●★科学★●● 問題:フカヒレはお好きでしょうか。中華料理屋さんの中でも高価な料理に使われることが多いですね。とくに姿煮はうまい。ゼラチン質のプリプリ感がたまりません。頻繁に食べられるわけではないですけど。 ■フカヒレはずいぶん昔から日本でも食されていたようです。また江戸時代には、対中貿易の重要な輸出品だったとのこと。乾鮑(ほ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

平田篤胤が弾圧を受けた日。天狗小僧を養子にしたってホント?

●●●●●★歴史★● 問題:西暦1841年の今日、1月22日。和暦では天保11年12月30日。国学者平田篤胤(ひらた あつたね)が儒教批判・尊王思想により江戸幕府から著述禁止・江戸退去命令を受けました。 ■平田篤胤は、本居宣長(もとおり のりなが)の私塾鈴屋舎(すずやのしゃ)の門人だそうです。宣長の後継者と自ら考えていたらしい。本居…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

言葉遊び。「見て楽しむ花なのに○○」の○○に入る花の名前は?

●●●★日本語★●●● 問題:問答形式の言葉遊びに「無理問答」と呼ばれるものがあるらしい。「一羽でもにわとりとはこれいかに?」「一羽でも千鳥と言うがごとし」なんていうのが典型だそうです。 ■では頭の柔軟体操です。下に5つの無理問答があります。それぞれの虫食い部分を埋めてください。 [い]「赤い花でも葵(あおい)とはこれいかに?」「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

史上最大の悲劇といわれるスペイン風邪。全人類の3人に1人が感染したの?

●●●●★科学★●● 問題:パンデミックという言葉がよく聞かれるようになりました。感染症の世界的な流行のことだそうです。鳥インフルエンザが人に感染し、さらに人から人へと感染するように変異すると、新しいパンデミックが生まれるかもしれないと恐れられてれます。 ■交通があまり便利でなかった昔は、全世界的なパンデミックは起きませんでした。た…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

史上初の原潜ノーチラス号が進水。南極の周囲を潜水したまま周回したの?

●●●●●★歴史★● 問題:昭和29(1954)年の今日、1月21日。 世界初の原子力潜水艦ノーチラス号が進水しました。アメリカ海軍がゼネラル・ダイナミックス社に作らせたそうです。建造開始が昭和27(1952)年6月14日。約1年半で進水式を迎えました。就航は昭和29(1954)年の9月30日だそうです。 ■長さが約100m。幅は8…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

高齢化社会を予見した狂歌が400年前にあったの?

●●●★日本語★●●● 問題:狂歌は、「日常卑近の事を題材に、俗語を用い、しゃれや風刺をきかせた、こっけいな短歌」だそうです。人を笑わせようとするサービス精神にあふれた韻文です。 ■本日は、江戸時代の狂歌、とくに年齢にまつわる狂歌をとりあげ、虫食い問題を作りました。○○の部分に入る言葉を考え、頭の柔軟体操をしましょう。 [い]「生…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アンコウのオスは、カマキリのように、事後にメスの餌になってしまうの?

●●●●★科学★●● 問題:いま、ちょうど大相撲の初場所が熱戦を繰り広げています。力士の体型として、アンコ型とソップ型という言い方がされます。簡単にいうとデブとヤセですね。 ■アンコ型の語源は、鮟鱇(アンコウ)という魚にあるそうです。アンコウはボテボテして腹が膨れています。言われてみれば、横綱鏡里(かがみさと)の太鼓腹はアンコウに似…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

升田幸三が大山名人に香引きで勝つ。升田は阪田三吉からも指導されたの?

●●●●●★歴史★● 問題:昭和31(1956)年の今日、1月20日。将棋の王将戦で、升田幸三(ますだ こうぞう)が大山康晴(おおやま やすはる)名人を相手に、香を引いて勝利しました。「香を引く」とは、「香車が1枚欠けた状態で指す」ことです。角のある側の香車を落とすらしい。ハンディキャップをつけるわけですね。 ■Wikipediaに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

難易度最高の漢字群。「緑なす黒髪を梳る」の「梳る」はなんと読むの?

●●●★日本語★●●● 問題:漢検1級程度、難易度は最強の漢字群です。全勝ならかなりのツワモノといえるでしょう。次の漢字はなんと読むでしょうか? [い]「緑なす黒髪を梳る」の「梳る」 [ろ]「梲があがらない」の「梲」 [は]「楔を差す」の「楔」 [に]「殃いが国民に及ぶ」の「殃い」 [ほ]「&#2…
トラックバック:1
コメント:3

続きを読むread more

温室効果ガス観測衛星「いぶき」に便乗する小型衛星はどんな顔ぶれ?

●●●●★科学★●● 問題:もうじき、「いぶき」という人工衛星が打ち上げられます。正式な名称は温室効果ガス観測技術衛星GOSAT(ゴーサット)だそうです。 ■名前どおり、地球全域の二酸化炭素とメタンの状況を観測する目的で開発されました。従来は、地上の観測点でこれらの温室効果ガスを測定していたらしい。全世界でもせいぜい300地点ぐらい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

富本銭(ふほんせん)はまじないの道具? それとも流通貨幣?

●●●●●★歴史★● 問題:平成11(1999)年の今日、1月19日。 奈良県明日香村で富本銭(ふほんせん)が発掘されたそうです。富本銭とはあまり耳慣れない言葉ですが、ひょっとしたら日本最古の貨幣の可能性があるらしい。 ■学校で習ったところによれば、日本最古の貨幣は和同開珎(わどうかいちん、かいほうとも)でした。西暦708年、和暦で…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

間違い探しの問題。「不信人物と間違われて往生した」の誤りはどこ?

●●●★日本語★●●● 問題:漢検準2級程度、漢字の誤字訂正問題です。次の文の中の間違いはどこにあるでしょうか? 間違いがなければ○と答えてください。 [い]「不信人物と間違われて往生した」 [ろ]「目読よりも音読をするほうが覚えが早い」 [は]「躍気になって捜索したが発見できなかった」 [に]「前人未倒の地を探検した」 […
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

女性トイレの擬音装置は投資効果抜群なの?

●●●●★科学★●● 問題:愛媛県の松山市は、あることで日本一なんだそうです。市民の節水努力です。参考資料*1によれば、平成18年の実績では、松山市は47万人余りの人口に対して5189万8000立方mの給水を行なったとのこと。市民1人あたり1日平均301L(リットル)だったそうです。松山市は「節水型都市づくりプロジェクト」という計画を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「改革!」と叫んだ松平定信。聖人過ぎて据え膳を食わなかったの?

●●●●●★歴史★● 問題:西暦1759年の今日、1月15日。和暦では宝暦8年12月27日。寛政の改革を推進した老中首座・陸奥白河藩主、松平定信(まつだいら さだのぶ)が生まれています。 ■松平定信は徳川吉宗(よしむね)の孫にあたります。御三卿(ごさんきょう)田安徳川家初代当主田安宗武(たやす むねたけ)の七男として生まれました。幼…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「餅つかず しめかざリせず ○たてず」の○に入る言葉はなに?

●●●★日本語★●●● 問題:お正月は去っていきました。しばらく寒さに耐えていれば、南のほうから冬の終わりをつげる風物詩の報せが届くでしょう。東京ではあと1ヶ月もすれば、春一番が吹くかもしれません。 ■すこしタイミングが遅れましたが、今日は正月にまつわる韻文のクイズです。年のはじめにかかわる次の句・歌の虫食い部分を埋めてください。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サンゴはいまや絶滅危惧種なの?

●●●●★科学★●● 問題:サンゴ(珊瑚)は、七宝(しちほう)のひとつとして数え上げられる宝石だそうです。七宝とは、仏教の書物に出てくる金・銀・瑠璃(るり)・瑪瑙(めのう)などの七種類の宝石とのこと。七宝の組み合わせは複数あり、金や銀は共通ですが、サンゴがはずれて真珠が入るセットもあるようです。 ■日本では宝石はほとんど産出されませ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「君の瞳に乾杯!」はアメリカ映画100年の歴史で最高の台詞なの?

●●●●●★歴史★● 問題:昭和32(1957)年の今日、1月14日。映画「カサブランカ」や「アフリカの女王」で知られる俳優、ハンフリー・ボガートが亡くなりました。あと少しで58歳になるところだったとのこと。 ■ハンフリー・ボガートが生まれたのは明治32(1899)年の1月23日だそうです。ギリギリで19世紀の空気を吸った人なんです…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

落語で使われる懐かしい言葉。「野放図」とはどんな意味なの?

●●●★日本語★●●● 問題:若い人はあまり使わない。でも、長く日本人をやっていると、使いこなせる言葉があります。古めかしいけれど面白い。いぶし銀の光を放つ言葉です。とくに落語ではよく耳にします。 ■本日は、江戸の昔から現在にいたるまで使われる言葉についてのクイズです。次のうちで正しい記述はどれでしょうか? [い]「野放図(のほう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

水中の大・中・小のビー玉。落下する速度に差はあるの?

●●●●★科学★●● 問題:口絵のように大中小のビー玉がまざりあって容器に入っています。この容器を素早くひっくり返すと中身のビー玉は一緒にガタンと落ちるようです。これは想像にかたくありません。 ■では、この容器を水で満たした場合、あるいはネバネバの合成洗濯糊で満たして容器を素早くひっくり返した場合にはどうなるでしょうか? [い]水…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

ピースが発売された日。最初は高級タバコだったの?

●●●●●★歴史★● 問題:昭和21(1946)年の今日、1月13日。今も売られている両切りタバコ、ピースが発売されたそうです。10本入りで7円だったらしい。敗戦の次の年です。負けちゃったのは悲しいけど、何はともあれ平和でなにより。そんな気分が横溢した命名ですね。 ■最近は、禁煙する人が多く、タバコのみは徐々に減りつつあります。平成…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

漢検準一級程度読み問題。「伝を頼って上京」の「伝」はなんと読むの?

●●●★日本語★●●● 問題:漢検準一級程度の読み問題です。漢字は常用漢字表に掲載されている漢字です。でも今回の読みは掲載されていません。いわゆる「表外の読み」ですね。さて、下の漢字・熟語はそれぞれなんと読むでしょうか? [い]「子供みたいに燥ぐ」の「燥ぐ」 [ろ]「直向に学ぶ」の「直向」 [は]「粗手中にした」の「粗」 [に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

可愛らしいプレーリードッグ。実は傷だらけの人生なの?

●●●●★科学★●● 問題:プレーリードッグをご存知でしょうか。北アメリカの平原に生息する雑食性のげっ歯類、つまりネズミの仲間だそうです。体長は30cmほど。巣穴の脇に土を盛った小さな物見台を作ります。その上に直立し、周囲を見張っている姿は、なかなか可愛い。口と口でキスをしたり、抱き合ったりして挨拶をかわすそうです。 ■姿やしぐさの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ガリレオの命日。望遠鏡は天文学者に栄光と暗黒をもたらしたの?

●●●●●★歴史★● 問題: ■西暦1642年の今日、1月8日。和暦では寛永19年でしょうか。天文学者として知られるガリレオ・ガリレイが亡くなりました。満75歳と11ヶ月だったようです。 ■ガリレオは、ちかごろの日本では科学知識を武器に犯罪者を追い詰める人物の話として知られています。イタリアの本家のほうは、地動説にかんする裁判で心…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

小咄(こばなし)の問題。お祖母さんが嫁入りした日に言われた言葉は?

●●●★日本語★●●● 問題:男と女についての江戸小咄は多いですね。新婚夫婦が二階にあがるので、昼間から何をするのだと忍び足であがったところ、障子の向こうで「そっとしてね」と嫁が言います。どきどきしながら聞き耳を立てると、「もっと奥を、ああ気持ちいい」という声がします。思わず障子のあいだから覗けば、耳の垢をとっているところだった。いい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

世界初の人工心臓埋め込み実験は日本人が行なったの?

●●●●★科学★●● 問題:昨年の暮れの新聞です。心臓病をわずらった74歳の女性に永久使用型の人工心臓が埋め込まれ、元気になって退院したという記事が掲載されていました*1。 ■末期の心臓病については、心臓移植という治療法もあります。でも、なにしろやたらと待たねばならないらしい。それに移植してもらえるのは、60歳までと決められているら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

七草粥の日。七草を浸した水で洗顔すると風邪をひかないの?

●●●●●★歴史★● 問題:本日、1月7日は人日(じんじつ)だそうです。人日とは、五節句のひとつです。残りは、3月3日(桃の節句)、5月5日(端午の節句)、7月7日(七夕)、9月9日(重陽の節句)です。他がみんなゾロ目なのに、なぜ人日だけは1月1日ではないのか。謎です。 ■昔の中国では、正月の1日が鶏の日。2日が狗(犬)の日。3日が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ことわざの間違い探し。「美人なのに悪女の深情け」は誤り?

●●●★日本語★●●● 問題:日ごろ何気なく使っている慣用句には、ときどき間違った使いかたをされているものがあります。故事に由来した言葉、あるいはことわざなどの使用法にも誤りが含まれていることがあります。では、次の表現はどこが間違いでしょうか? [い]「あれだけの美人なのに、いわゆる悪女の深情けで彼はなかなか苦労している」 [ろ]…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

希少金属の話。最終製品からの回収・リサイクルは効果が高いの?

●●●●★科学★●● 問題:レアメタルという言葉をよく耳にします。希少金属という意味ですね。我々がニュースで見聞きするのは、多くの場合、価格が高騰しているとか、枯渇しそうだというお話です。少し暗い話題として登場します。 ■レアメタルというのは、特別な定義はないようです。人によっては30種類余りを挙げます。別の定義では、60種類ほどに…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

江戸初期の疑獄事件。岡本大八事件は海の外からやってきたの?

●●●●●★歴史★● 問題:西暦1610年の今日、1月6日。和暦では慶長15年でしょうか。キリシタン大名で肥前藩(佐賀藩とも。現在の佐賀県と長崎県の一部)の藩主有馬晴信(ありま はるのぶ)が長崎港に入港したポルトガル船マーデレ・デ・デウス号を襲撃したそうです。 ■有馬晴信は、海外で起こった事件の報復としてポルトガル船を襲撃した模様で…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

「始まり」とか「初」にかかわる四字熟語。「開口一番」はなんと読むの?

●●●★日本語★●●● 問題:あけましておめでとうございます。弊ブログは本日より更新を開始します。年の初めにちなみまして、今日は「始」とか「初」にちなんだ四字熟語の読み問題です。3つ読めれば合格、4つ以上自信を持って答えられる人は、なかなかの漢字通かもしれません。 [い]天地開闢 [ろ]開巻劈頭 [は]開口一番 [に]阿吽二字…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

昆布には牛乳の2倍カルシウムが含まれているの?

●●●●★科学★●● 問題:新年の第1回ですので、おめでたく昆布の話題をとりあげましょう。昆布は、「喜ぶ」に通じるので縁起がいいと言われます。飲み屋さんに行っても、「夜の昆布はのがすな」とか言いながら乾き物に手をのばす人がいます。 ■昆布は、不等毛植物門褐藻綱(カッソウコウ)コンブ目コンブ科に属する海藻だそうです。褐藻綱の仲間には、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

囲碁が原因で王様と部下が殺し合いをしたことがあるの?

●●●●●★歴史★● 問題:20世紀から21世紀になるころ、「ヒカルの碁」という漫画が「週刊少年ジャンプ」に掲載され、人気を博したそうです。物語は、平凡な小学生が天才囲碁棋士の霊にとりつかれ、囲碁の世界で「神の一手」を目指す物語とのこと。少年の成長を中心に描かれていたらしい。2000年に第45回小学館漫画賞 、2003年に第7回手塚治…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more