町人思案橋・クイズ集

アクセスカウンタ

zoom RSS 諺・慣用句の書取問題。「スイホウに帰す」のスイホウはどう書くの?

<<   作成日時 : 2008/12/11 06:53   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
★日本語★
問題:漢検2級程度の書き取り問題です。次の諺や慣用句のカタカナ部分を漢字に直してください。
[い]「人間万事塞オウが馬」
[ろ]「スイホウに帰す」
[は]「食わずギライ」
[に]「カッシテモ盗泉の水は飲まず」
[ほ]「コウヤの白袴(しろばかま)」
(答えはずっと下↓ スクロールして下さい)

























★日本語★
正解:各項目を参照してください
説明:[い]「人間万事塞オウが馬」のオウはと書く
■「人間万事塞翁が馬」は、「人生の禍福は転々として予測できないことのたとえ」だそうです。入試に落ちたとか、内定を取り消されたなど、つらい思いをしている人に対して慰めの言葉として贈られることが多いようです。いま不幸の原因に見えることがらも、ひょっとしたら幸福を呼び込むきっかけになるのかもしれない。先のことはわからないさ。
□語源となった故事は、次のようなものです。昔の中国でのお話。北の塞(とりで)のそばに住んでいたお年寄りの馬が逃げてしまいます。不幸です。でも、数か月後、足の速い馬を連れて帰ってきます。幸福です。お年寄りの子供が足の速い馬に乗ったら落馬して足を折ってしまいます。不幸です。でも、兵役を免れて命が助かります。幸福です。…というわけで、人生に起こるさまざまな禍福は、なにが原因でどんな結果になるか、とても予測がつかないというたとえになっているらしい。
[ろ]「スイホウに帰す」のスイホウは水泡と書く
■「水泡に帰す」は、「努力のかいもなく全くむだに終わる」という意味だそうです。受験で志望校に入れないときには、そんな気分になるかもしれません。でも、世の中にはもっと大きな挫折感があります。せっかく創業した会社が倒産したとき。あるいは手塩にかけて長い時間をかけて磨いてきた企画がまるで世間に受け入れられなかったとき。あるいは子供が若くして亡くなってしまったとき。いろいろとありますよね。受験の失敗ぐらいでめげていては人生やっていけません。
□金を作り出そうと実験を重ねていたら、事故が起きて火傷を負い、火ぶくれができた。この場合は、「水疱に帰す」と書くのが正しいかもしれません。「水疱」は、液体を含んだ発疹です。水ぶくれとも呼びますね。
[は]「食わずギライ」のギライは嫌いと書く
■「食わず嫌い」は、「ある物事の真価を理解しないで、わけもなく嫌うこと」だそうです。上品に言えば「食べず嫌い」ですね。上品な言い方と乱暴な言い方のどちらが多いのかとヤフーで調べてみました。「食べず嫌い」は約4万件。「食わず嫌いは100万件以上が引っかかりました(081211現在)。
□落語「明烏(あけがらす)」は女性に対する食わず嫌いがショック療法で治るお噺ですね。主人公は異常なほどに堅物の若旦那。大旦那が心配し、遊び好きの源兵衛と太助の二人に頼み、お稲荷さんにおこもりに行くという名目で吉原に連れて行ってもらいます。
□遊女屋にあがるまでは嘘はばれずにすみましたが、吉原だと知れた途端に若旦那は青くなり、「帰ります」と大騒ぎです。騙したり脅したりしてなだめたものの、「女郎なんて買ったらカサかきます」なんて言い出し、まるでだだっ子です。「カサをかく」は梅毒にかかるという意味があります。
□ところが、浦里花魁(うらざとおいらん)と一晩寝たら女郎買いが好きになった様子です。「帰りたくない」という風情を見せます。食わず嫌いは消えてなくなり、放蕩息子に変身するのかもしれません。演者によっては、枕の部分で食わず嫌いの話を並べます。たしか、八代目桂文楽師も牛鍋かなんかの食わず嫌いの話をしていたと記憶します*2。
[に]「カッシテモ盗泉の水は飲まず」のカッシテモは渇してもと書く
■「渇しても盗泉の水は飲まず」は、「どんなに困っていても、不正には手を出さないことのたとえ」だそうです。
□孔子様は、喉が渇いていたのに「盗泉」という名前・地名が気に入らないといって、その泉の水を飲まずに我慢したというお話です。少し潔癖がすぎます。
□シェークスピアは、「ロミオとジュリエット」の中で、「名前って何? バラと呼んでいる花を別の名前にしてみても美しい香りはそのまま」とか言わせているらしい。こちらのほうが、現代人には受けるでしょうね。
[ほ]「コウヤの白袴(しろばかま)」のコウヤは紺屋と書く
■「紺屋」は、「染物屋さん」の意味ですね。「コンヤ」とも読みます。「紺屋の白袴」は、「紺屋が、自分の袴は染めないで、いつも白袴をはいていること。他人のことに忙しくて、自分自身のことには手が回らないことのたとえ」だそうです。「医者の不養生」とおなじ意味かな。
◆参考:書籍「2008年度版 漢字検定 問題と解説 2級」新星出版社
◇辞書「字通」白川静、平凡社
◇Yahoo! J Dictionaries 大辞泉
◇*1CD「NHK落語名人選103『明烏/心眼』」八代目桂文楽、POCN-1147、ポリドール

ぬけられます→日本語雑学クイズ一覧

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
諺・慣用句の書取問題。「スイホウに帰す」のスイホウはどう書くの? 町人思案橋・クイズ集/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる