宇宙の恐怖、ケスラー・シンドロームをご存じですか?

画像
★科学★
問題:今日は宇宙の恐怖についてのお話です。NASAのドナルド・ケスラー博士という人物が唱えたケスラー・シンドロームという状態があります。宇宙に関するある種の恐怖、人類にとって悪い状態を指す言葉です。
■このケスラー・シンドロームとは、次のうちのどの表現に近い災厄でしょうか?
[い]スペース・シャトルなどの乗組員が宇宙を浮遊する未知の病原菌に冒され、地球に持ち帰り、地球上で感染症の流行病が広がる状態
[ろ]宇宙ステーションの乗組員が長期滞在のために脳にごくわずかな異常をきたし、地上からの指令を実行できなくなる状態
[は]宇宙でゴミが増えすぎ、ゴミがゴミを生む状態
[に]静止衛星を置く場所が混雑しすぎ、衛星どうしが衝突する状態
[ほ]オゾン層の破壊についで電離層が乱れ、地球から発した電波が宇宙ステーションになかなか届かなく状態
(答えはずっと下↓ スクロールして下さい)

























★科学★
正解:[は]宇宙でゴミが増えすぎ、ゴミがゴミを生む状態
説明:スペースデブリ(Space Debris)という言葉があります。「debri」は「破片・がらくた・残骸」を意味するらしい。スペースデブリは、宇宙ゴミのことだそうです。宇宙にはゴミが増えてきたらしい。
■昭和32(1957)年にソ連が人類初の人工衛星、スプートニクを打ち上げて以来、世界各地から4000回を越えるロケット打ち上げがあったとのこと。ロケットの残骸や人工衛星の残骸のほとんどは大気圏に再突入して燃え尽きます。でも少しは宇宙空間に破片が残されるそうです。これがスペースデブリと呼ばれるゴミになるらしい。
■現在、10cm以上の長さを持つゴミが約1万3000個、1mm以上となると数千万個にも達するらしい。直径1cmのアルミ球でも宇宙ステーションの二重構造の壁を貫通すると言われます*2。
■スペースデブリがある一定量よりも多くなると,デブリどうしが衝突して新たなデブリを生むそうです。そのデブリがさらに衝突してまたデブリを増やします。連鎖反応の悪循環におちいる可能性があるらしい。やがて地球の周囲はデブリで覆いつくされ、どの方向にロケットを打ち上げてもデブリと衝突してしまい、目的を果たせないという事態が考えられるようです。宇宙開発は不可能になります。これがケスラー・シンドロームと呼ばれる状態らしい。
■限られた軌道では、すでに限度を越えているという指摘もあります。そんな状態の中で、中国は自国の使用済み衛星をミサイルで破壊するという実験を行ないました。平成19(2007)年1月のことらしい*4。実験で生成されたデブリは確認可能なものだけで約650個以上とのこと*1。高度200~3600kmの範囲に分布したらしい。高度400kmで周回する国際宇宙ステーションに危険が及ぶと危惧されているそうです。
■国連の宇宙空間平和利用委員会(COPUOS)の科学技術小委員会では、人工衛星などの破片発生を防ぐあらたな指針を採択したそうです。日本、米国、中国などが加盟している委員会です。指針には、「地球を回る軌道上の飛行体の意図的破壊禁止」を盛り込んでいるらしい。ただし、法的な拘束力はないとのこと*4。中国や米国、ロシアがホントにこれを守れるのか。懸念する声があがっているようです。
◆参考:雑誌「宇宙開発をおびやかすスペースデブリ」ニュートン0704月号9頁、担当記者編集部赤谷拓和、ニュートンプレス
◇*2新聞「[アングル]宇宙のごみ監視する「目」」読売新聞080408西部朝刊32頁
◇*3新聞「衛星破壊実験ダメ 破片発生抑制で新指針/国連」読売新聞070222東京朝刊07頁
◇*4新聞「ミサイルで衛星破壊、中国が成功 米政府判断」読売新聞070119東京夕刊01頁
◇HP「大学への基礎数学-雑記帳: 宇宙・惑星」(口絵の参考にさせて頂きました)
http://kisosuu.cocolog-nifty.com/zakki/cat1648645/index.html

ぬけられます→科学雑学クイズ一覧

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

驚いた
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 人類史上初の人工衛星同士の交通事故はいつ起こったの?

    Excerpt: ●●●●★科学★●● 問題:人類初の人工衛星は、昭和32年(1957年)10月4日にソ連が打ち上げたスプートニク1号だそうです。スプートニク・ショックを引き起こし、アメリカは開発競争に負けていること.. Weblog: 町人思案橋・クイズ集 racked: 2011-03-18 07:06
  • 宇宙ゴミの対策。開発されるゴミ除去衛星は、何個ぐらいまで拾えるの?

    Excerpt: ●●●●★科学★●● 問題:宇宙ゴミをご存じかと思います。カタカナで書くとスペース・デブリ。「運用を終えた衛星や,事故により飛散したロケットの破片など、地球の周回軌道上をまわりつづける『ごみ』」のこ.. Weblog: 町人思案橋・クイズ集 racked: 2012-04-03 06:53