町人思案橋・クイズ集

アクセスカウンタ

zoom RSS 漢検準1級程度四字熟語書取り。「ヒャクシャク竿頭」のヒャクシャクはどう書くの?

<<   作成日時 : 2008/09/25 07:42   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
★日本語★
問題:漢検準1級程度、四字熟語の書取り問題です。漢字そのものはそんなに難しくありません。でも、四字熟語としてはあまり知られていないものがあります。その意味ではけっこう難しい。次の四字熟語のカタカナ部分を漢字に直してください。
[い]土崩ガカイ
[ろ]ヒャクシャク竿頭
[は]ネツガン冷諦
[に]モンゼン雀羅
[ほ]紫電イッセン
(答えはずっと下↓ スクロールして下さい)

























★日本語★
正解:各項目を参照
説明:[い]土崩ガカイのガカイは瓦解と書く
■「土崩瓦解(ドホウガカイ)」は、「土や瓦がばらばらに崩れ落ちるように、物事が根底からくずれてしまうこと」だそうです。大地震のあとみたいですね。「戦争に負け、古い価値観は土崩瓦解した」などと使われるようです。
□芥川龍之介の「馬の脚」という小説では、「…然れども世界に誇るべき二千年来の家族主義は土崩瓦解するを免(まぬが)れざるなり…」などと使われていました。
[ろ]ヒャクシャク竿頭のヒャクシャクは百尺と書く
■「百尺竿頭(ヒャクシャクカントウ)」は、「百尺の竿(さお)の先端。転じて、到達すべき極点」だそうです。「ヒャクセキカントウ」とも読むらしい。ちなみに1尺は約30.3cmだそうです。百尺の竿は、30mと30cmの竿です。どんな素材で作ったとしても、自重で激しく湾曲するでしょうね。
□「百尺竿頭一歩を進む(いっぽをすすむ)」という表現でよく使われます。「わが身はすでに百尺もの長い竿の上にあるのに、さらに一歩進もうとする」という意味だそうです。「工夫をつくした上に更に工夫を加えて、向上をはかる」ことらしい。
□織田作之助の小説「勧善懲悪(カンゼンチョウアク)」では、次のような文章で使われていました。「…いったい丹造がこの写真広告を思いついたのは、肺病薬販売として患者の礼状を発表している某寺院の巧妙な宣伝手段に狙いをつけたことに始まり、これに百尺竿頭一歩をすすめたのであるが、しかし、どう物色しても、川那子薬(かわなこやく、怪しい新薬の名前)で全快したという者が見当らなかった…」
[は]ネツガン冷諦のネツガンは熱願と書く
■「熱願冷諦(ネツガンレイテイ)」は、参考資料*2によれば、「求めるときには熱心に願望し、叶わぬときには冷静にさらりと諦めること」だそうです。
□子供はそんなふうに振る舞います。あのオモチャが欲しいと気が狂ったように泣きわめていたと思ったら、次の瞬間には別のオモチャで機嫌よく遊んでいたりします。
□どういう場面で使われる言葉なのか、よくわかりませんでした。Yahoo!の検索で「熱願冷諦」を調べてみました。でも、文章の中で使われており、「なるほど、こんな風に使うのか」と納得できるような例は見つかりませんでした。青空文庫の作家たちの何人かは調べてみましたが使用例は見当たりません。謎の四字熟語です。
[に]モンゼン雀羅のモンゼンは門前と書く
■「門前雀羅(モンゼンジャクラ)」はふつう「門前雀羅を張る」と使われます。雀羅は「スズメなどの小鳥を捕らえる網」だそうです。「〜を張る」は、「訪れる人がなくて、門の前には雀(すずめ)が群れ遊び、網を張って捕らえられるほど」という意味だそうです。「訪問する人もなく、ひっそりしていることのたとえ」とのこと。
□芥川龍之介は、「侏儒(シュジュ)の言葉」の中で、「門前雀羅を張る」という言葉について少し触れています。「或新時代の評論家は「蝟集(いしゅう)する」と云ふ意味に「門前雀羅を張る」の成語を用ひた…」というのがその文章です。「蝟集する」というのは、「ハリネズミの毛のように、一時に1か所に、多くのものが寄り集まること」だそうです。「蝟」という漢字はハリネズミを示すらしい。
□つまり、「新時代の評論家」の用法は、本来の「門前雀羅を張る」とは逆の意味になるようです。でも、芥川龍之介は、「支那人の造った元の意味どおりに使わねばならないという法はない」といい、「通用すれば」という条件付きで、どのように使おうと構わないではないかと言っています。
[ほ]紫電イッセンのイッセンは一閃と書く
■「紫電一閃(シデンイッセン)」は研ぎ澄ました刀をひと振りするときにひらめく鋭い光」だそうです。転じて、「事の火急なこと」だそうです。
□この言葉も使いかたがわかりません。青空文庫やネット上を探しても、文章の中で使われており、「なるほど、こんな風に使うのか」と納得できる例はついに見つかりませんでした。
◆参考*1:書籍「本試験型 漢字検定 準1級試験問題集 ’09年版」成美堂出版
◇辞書「字源」簡野道明、角川書店
◇辞書「字通」白川静、平凡社
◇*2HP「熱願冷諦(ねつがんれいてい):四字熟語データバンク」
http://sanabo.com/words/archives/2001/01/post_1572.html

ぬけられます→日本語雑学クイズ一覧

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
漢検準1級程度四字熟語書取り。「ヒャクシャク竿頭」のヒャクシャクはどう書くの? 町人思案橋・クイズ集/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる