町人思案橋・クイズ集

アクセスカウンタ

zoom RSS 広告に見る敬語や表現の誤り。「無料にて贈呈」はなぜいけないの?

<<   作成日時 : 2008/09/17 06:49   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 4

画像
★日本語★
問題:テレビや新聞・雑誌の広告、チラシ、商店の店頭でのPOP(ポップ)と呼ばれるものまで、われわれは毎日、いろいろな広告に接しています。なかには、国語の専門家からは、敬語や表現の点で誤っていると指摘される文言(モンゴン、文章中の語句)もあるようです。
■そんな事例を他山の石とし、敬語として正しい表現を学びましょう。次の広告文案のうち、誤っているものはどれでしょうか?
[い]美容院のチラシ「チラシ持参のかたに粗品を無料にて贈呈」
[ろ]待合室におかれたテレビの注意書き「係の方以外は触わらないでください」
[は]パンフレットの文面「(深山渓谷ホテルは、家族的なおもてなしで)旅の疲れをいやしてくれます」
[に]中華料理店の貼り紙「本日よりギョーザいたします」
[ほ]医院の入り口の貼り紙「本日休診」
(答えはずっと下↓ スクロールして下さい)

























★日本語★
正解:ほぼすべてが誤り
説明:[い]「チラシ持参のかたに粗品を無料にて贈呈」(×)
■正しくは、「チラシ持参のかたに粗品を差し上げます」だそうです。敬語の誤りではありません。意味が二重で冗長だから上等な文案とはいえない、ということらしい。
□「無料贈呈(進呈)」とか「無料にて差し上げます」というのは、「差し上げます」で十分らしい。たしかに、「有料で差し上げます」ということはありえません。「無料」という表現は不要です。広告する側としては「無料」を強調したいのでしょうけれど。
□参考資料*1は、マスコミがよく使う「現職警官」という言葉もおかしいと指摘しています。たしかにそうだな。入れ替わりの激しい議員の場合は、「現職の議員」という表現があってもいいでしょう。でも、「現職主婦」とか「現職銀行員」、「現職宗教家」、「現職食品販売業者」という言いかたはありません。警官も、多くの場合は長く勤務するわけですから、「現職」と断る必要はありません。あえて「現職」とつけるのは、「警官のくせにこんなことをしやがって」という非難が隠されているのかも。そうだとすれば、ちょっと陰湿ですね。
[ろ]待合室におかれたテレビの注意書き「係の方以外は触わらないでください」(×)
■正しくは、「操作は係にお申し付けください」だそうです。ホテルのロビーにあった貼り紙の実例だそうです。身内である係に対して「方(かた)」という敬語表現はまずいわけですね。
□「触らないで」というのも客に対してはぞんざいすぎる表現だそうです。たとえば観葉植物をそっとしておいてほしかったら、「花や葉に触れないでください」のほうが、「花や葉に触らないでください」よりは穏やかな表現のようです。「この花や葉には毒があります」と嘘をつくほうが、目的は達するかも。
[は]パンフレットの文面「(深山渓谷ホテルは、家族的なおもてなしで)旅の疲れをいやしてくれます」(×)
■正しくは、「旅の疲れをいやします」だそうです。お客さんどうしの会話で、「このホテルは旅の疲れをいやしてくれるね」というセリフがあったとしても、不自然ではありません。でもホテル側の発言で「いやしてくれる」は少しおかしい。ホテルのパンフレットに書いてあったとしたら、お客さんは「なんだか他人事みたいだな」と思うかもしれません。
[に]中華料理店の貼り紙「本日よりギョーザいたします」(×)
■正しくは、「本日よりギョーザ始めました」だそうです。「いたします」は敬語のひとつですが、こんなところにまで使う必要はないらしい。そういえば、「冷し中華始めました」とか、「アイスコーヒー始めました」などという貼り紙をときどき見かけます。簡潔な言いかたのほうが正しいらしい。
[ほ]医院の入り口の貼り紙「本日休診」(△)
■正しくは、「本日は…のため、臨時に休診させていただきます」だそうです。「…」の部分には、「学会出席のため」とか、「二日酔いのため」という理由を説明すべきらしい。
□定期的な休診日ならば、「本日休診」でも可らしい。でも、本来の診療日だと、来院した患者に対して「本日休診」では失礼です。ちゃんとわけを言って断る必要があるでしょう。
◆参考*1: 書籍「ちょっと迷うとっさの敬語」、奥秋義信(おくあきよしのぶ)著、 ISBN4-06-256341-X 、講談社

ぬけられます→日本語雑学クイズ一覧

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
持参が、まちがっていると思います。
はんみょう
2011/11/12 09:35
コメントをありがとうございます。

 「持参」が間違っていると主張されていますが、では正しくはどう書けばよろしいのでしょうか?
はんみょう様<素町人
2011/11/12 09:44
チラシお持ちの方で良いと思います。
持参を訓読みすれば、わかると思いますが、持って参れですから、完全に上から目線ですね。役所や、学校(先生・生徒間)でしか通用しないものが、広まってしまったようです。
はんみょう
2011/11/14 14:14
コメントをありがとうございます。

 「持参」という言葉をどう考えるかについては、敬語の専門家たちがいろいろ意見を述べているようです。
「参る」は「行く・来る」の謙譲語であり、謙譲語は自分以外には使えないはず。他人に使えば「上から目線」になってしまう。そんな主張もあるようです。

 NHKの「気になる言葉」という番組企画の「ことばおじさん」の説によれば、持参の場合の「参る」は単なる丁寧語だそうです。「雨が降って参りました」などの場合とおなじく、聞き手に対して敬意を表する言葉とのこと。へりくだる意味は持たないので、他人に使ってもいいという主張です。放送では「ご持参ください」を誤用とする指摘があるけれど、問題ない表現であるとしていました。(平成21年(2009年)4月15日放送分)
 たしかに辞書には、持参は「持って行くこと、持ってくること」と説明されています。へりくだる意味がありません。

 「ちょっと迷うとっさの敬語」という本には、次のように記されています。
 …「持参する」は、本来、自分の行為に付ける謙譲語であり、相手の行為に付ける語ではない。したがって誤りのはずだが、最近は通常語として相手の行為に付ける慣用が広い。「ご遠慮ください」も同じ。
 「お申し込みください」と同じように、「ご持参」とした場合の「持参」には、持って参るの感覚はなくなっている。
「ちょっと迷うとっさの敬語」文庫版285頁、奥秋義信著、IABN4-06-256341-X、講談社

 素町人もこれらの意見に賛同します。「チラシ持参の方」という表現は間違っていないと考えます。
m(_ _)m
はんみょう様<素町人
2011/11/14 22:24

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
広告に見る敬語や表現の誤り。「無料にて贈呈」はなぜいけないの? 町人思案橋・クイズ集/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる