町人思案橋・クイズ集

アクセスカウンタ

zoom RSS 古い川柳の世界では、女性特有の生理現象をなんと呼んだの?

<<   作成日時 : 2008/08/27 06:55   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 19 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
★日本語★
問題:「生理用品の歴史」と題名がつけられたHPがいくつかあります。それらの頁を眺めていると、「ナプキンよりもタンポンの登場のほうが早かった」とか、「平安時代の医書にも、生理用品について説かれている」など、なかなか興味深い記述があります。「エジプトのミイラの膣からもタンポンが発見されている」というお話もありました*1。ホントでしょうかね。
■江戸時代の生理用品については、木綿が使われだしたと書かれています。また、主に紙だったとする説もあります。箱迫(はこせこ)と呼ばれる紙入れに桜紙を入れていたとするお話も見られます。半紙を使ったという論者もいます。
■紙は使い捨て、木綿は再利用可能です。現在では使い捨て派が主流のようですが、自然にやさしいという理由、あるいは費用が安いという理由から布製の再利用可能用品も出回っているとのこと。現在と同様に、江戸時代も布と紙が混在していたのかな。
■江戸時代の川柳には、女性の生理にまつわる句がいくつかあります。女性の生理用品、あるいは生理そのものは、なぜか動物の名前で呼ばれていたようです。では、古い川柳では、女性特有の生理現象を何と呼んでいるのでしょうか? 次の言葉から選んでください。
[い]犬
[ろ]猫
[は]狐
[に]牛
[ほ]馬
(答えはずっと下↓ スクロールして下さい)

























★日本語★
正解:[ほ]馬
説明:ちょっと意外かもしれません。でも、参考資料*2には、次のような理由が示されていました。「江戸時代には、現在のように軽便な生理用具がなかったので、半紙を折りたたんでヒモをつけ、男性の越中ふんどしのような、馬の腹がけに似たもので処理していたことに由来していた」。半紙は水分をよく吸いそうです。でも、保つ力はどうなんでしょうか。高分子ポリマーという素材には負けそうですね。
■川柳の句集「末摘花(すえつむはな)」には、「新馬(あらうま)を 娘しんまく しかねてる」という句があるそうです。「しんまく」というのは「始末する」という意味らしい。女性になりたてのころの悪戦苦闘ぶりを詠んでいるそうです。おなじく「末摘花」には、「姫君の 御乗り出し 十三四から」という句もあるとのこと。そのころの年齢には「馬」に乗り始めるということでしょうか。もちろんこの十三四は満年齢ではなく、数えです。 
■越中ふんどしのような形で使い捨ての生理用品を作ったことの裏付けになる句もあります。「嫁紐(ひも)と 半紙を二枚 コソと出し」。「コソ」という擬態語に、亭主や家人の目をはばかっている様子がうかがわれます。
■ある男、女房を見せ物にして楽な金儲けをしようと相談すれば、兄貴分は、食べた後ですぐに寝ると牛になるというから試してみろと答える。カミサンにたっぷり食わせてすぐに寝かせ、しばらく待って、「かかあ、牛になったか」とふとんをめくると、女房、「だめだめ、少し前から馬になったのよ」。そんな小咄があるそうです。
■「牛が馬になった話」は、落語の「付き馬」にもあります。女郎屋の呼び込みは、牛太郎(ぎゅうたろう)と呼ばれたそうです。略して「牛(ぎゅう)」。勘定の足りない客について行くときには、「付き馬(つきうま)」と呼ばれます。自宅までついていき、不足分を払ってもらい、店に戻る役目ですね。「夕べ格子(こうし)で すすめた牛が 今朝はのこのこ 馬になる」という都々逸があるそうです。
■現在の多くの女性は馬であろうがなんだろうが活発に生きています。でも、江戸時代はなかなかそうもいかなかったようです。「宿下がり 馬だと見えて 外に出ず」。だからこそ、馬であることは、言い訳や口実にも使えました。「お馬だよ よしなと下女は 跳ねつける」。これらもみな「末摘花」に掲載された句です。
■「末摘花」によれば、生理のことを行水(ぎょうずい)という通称もあったらしい。とくに吉原などの遊里で使われたそうです。洗い流したりしたのかな。「癪(しゃく)が起きた」と「行水だ」は、いやな客に迫られたときに使う逃げ口上の代表だったらしい*3。ちなみに「癪」は「胸や腹が急に痙攣(けいれん)を起こして痛むこと」だそうです。つまりは仮病ですね。
◆参考*1:HP「生理用品の歴史・ナプキンよりタンポンが先/ウーマンケアネット」
http://nunonapu.chu.jp/etc4.html
◇*2書籍「江戸小咄女百態」、興津要著、lSBN978-4-480-42409-9、ちくま文庫
◇*3書籍「川柳末摘花詳釈上」初版66頁/96〜97頁、岡田甫(おかだはじめ?)著、有光書房

ぬけられます→日本語雑学クイズ一覧

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 19
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
古い川柳の世界では、女性特有の生理現象をなんと呼んだの? 町人思案橋・クイズ集/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる