町人思案橋・クイズ集

アクセスカウンタ

zoom RSS 漢検準1級程度の読み問題です。「木々が萌む」の「萌む」はなんと読むの?

<<   作成日時 : 2008/08/07 06:54   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
★日本語★
問題:漢検準1級程度の読み問題です。かなり難しい読みの漢字があります。次の漢字はなんと読むでしょうか?
[い]「事故の記憶に苛まれる」の「苛まれる」
[ろ]「苔むした古城」の「苔」
[は]「校木でお堂をつくる」の「校木」
[に]「木々が萌みはじめる」の「萌みはじめる」
[ほ]「5月には葛餅が出回る」の「葛餅」
(答えはずっと下↓ スクロールして下さい)

























★日本語★
正解:各項目を参照
説明:[い]「事故の記憶に苛まれる」の「苛まれる」はさいな(まれる)と読む
■「苛む(さいなむ)」は、「叱ったり責めたてたりする」という意味です。問題文は受け身ですから「叱られたり責められたりする」のでしょう。自らの記憶に苦しめられるのは、心的外傷後ストレス障害とかいう病気かもしれません。専門家に助言を得たほうがいいかも。
□「苛」という漢字は、常用漢字表には見当たりません。漢和辞書「字通」では、「カ、からい、きびしい」という字音・字訓がありました。「苛斂誅求(カレンチュウキュウ)」という四字熟語をつくります。「情け容赦もなく、税金などを取り立てること」だそうです。
[ろ]「苔むした古城」の「苔」はこけと読む
■ジェフ千葉のファンだと、FW・MFの苔口卓也(こけぐちたくや)をご存じで読めたかもしれません。京都の古寺ファンだと、苔寺(こけでら)をご存じなので読めたかもしれません。単なる食いしん坊だと、海苔という熟語しかしらず、「り」と間違って読んだかもしれません。
□苔という漢字は常用漢字表には見当たりません。漢和辞書「字通」では、「タイ、こけ、みずごけ」という字音・字訓がありました。海苔を養殖している現場を見ると、たしかに海の苔(こけ)に見えますね。
[は]「校木でお堂をつくる」の「校木」はあぜきと読む
■「校木」は「校倉造りの外壁として組み上げる木材」の意味だそうです。奈良の古寺ファンなら、東大寺の正倉院や唐招提寺の校倉で実物をご覧になっているでしょう。和風ログハウスですね。
□「校」という漢字は、常用漢字表では「コウ」という音読みだけです。漢和辞書「字通」には、「コウ、キョウ、まなびや、ならう、かせ、はかる」という字音・字訓がありました。「学校」という熟語は「まなぶ」という意味が二重に効いているようです。「学んだうえにもまなぶ」場所なのかな。全然勉強せず、「遊んだ上にも遊んだ」ものですけどね。
□「かせ」は「罪人の手、足、首にはめて身体の自由を奪う道具」です。手錠も一種の「かせ」でしょうか。そちら方面に高尚な趣味をお持ちのかたにはおなじみの小道具ですね。
[に]「木々が萌みはじめる」の「萌みはじめる」はめぐ(みはじめる)と読む
■「萌(え)」という漢字ですから「もえみはじめる」と読んだ人がいるかも。でも参考資料によれば「萌む」は「めぐむ」と読むらしい。「芽ぐむ」、「芽吹く(めぶく)」とおなじ意味だそうです。
□「萌」という漢字は常用漢字表には見当たりません。漢和辞書「字通」には、「ホウ、きざす、めばえ、たみ」という字音・字訓がありました。「何かが始まろうとしている」のかな。
□「萌え(もえ)」という感嘆詞(?)は最近生まれたのかと思ったら、1980年代後半〜1990年代前半にパソコン通信から生まれたという説が強いそうです。当時、パソコン通信を利用していましたが、もっぱら仕事用で、遊びや閑つぶしには使ったことがありません。電話回線を通じて「萌え」という言葉が頻繁にやりとりされているとは気付きませんでした。
[ほ]「5月には葛餅が出回る」の「葛餅」はくずもちと読む
■「葛餅」は「葛粉を水で練って煮たあと箱に流し込み、冷やして固めたもの」だそうです。半片とおなじように三角形に切り、糖蜜や黄粉をかけて食べます。素朴ですが、旨いものです。なお、葛は「蔓(つる)性の多年草」だそうです。茎は長さ10m以上にもなるらしい。根は「葛根湯(かっこんとう)」という漢方薬に使われます。粉にすれば葛粉(くずこ)となります。
□「葛藤」という言葉は、「葛」と「藤」です。どちらも蔓が伸びて絡(から)み合う植物です。人と人が対立すると感情が絡み合い、いがみ合います。あるいは自分の心の中で、いろいろな感情が絡み合うこともあります。これらが葛藤なんですね。
□「葛」という漢字は常用漢字表には見当たりません。漢和辞書「字通」には、「カツ、ぐず、かずら」という字音・字訓がありました。ご存じの「古事記」には「葛城」という地名が何度も登場します。古い時代から使われている漢字のようです。
◆参考*1:書籍「本試験型 漢字検定 準1級試験問題集 ’09年版」成美堂出版
◇辞書*2「字通」白川静、平凡社
◇Yahoo! J Dictionaries 大辞泉
◇Yahoo! J Dictionaries 大辞林
◇HP「another side of ”d-inf”」(口絵の参考にさせて頂きました)
http://hello.ap.teacup.com/applet/d-inf/msgcate5/archive?b=30

ぬけられます→日本語雑学クイズ一覧

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
漢検準1級程度の読み問題です。「木々が萌む」の「萌む」はなんと読むの? 町人思案橋・クイズ集/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる