町人思案橋・クイズ集

アクセスカウンタ

zoom RSS 便所にまつわる謎かけ。「悪態とかけて肥い取りと解く」。その心は?

<<   作成日時 : 2008/07/15 06:56   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

画像
★日本語★
問題:江戸時代の日本は、環境に配慮し、素晴しい資源の循環を行なっていたと言われます。もちろん水洗便所はありません。武家も僧侶も大商人も長屋の住人も、ほとんどすべての便所は汲み取り式だったようです。糞壺(くそつぼ)に大小便を溜めておくわけですね。溜まった代物は、近郷の農家が汲み取りに来ます。肥い取り(こいとり、肥え取りとも)の人と呼ばれたらしい。肥料として利用します。俗に言う下肥え(しもごえ)です。下肥えをかけた野菜はすくすくと育ち、江戸の人々の食卓を賑わします。それを食べて大小便として糞壺に溜め、また肥い取りに買ってもらう。無駄がありません。
●肥い取りは、江戸時代もはじめのころは無料だったようです。しばらくすると農家のほうが野菜や花を渡すようになります。物々交換です。やがて、お金で買う場合も出てきたそうです。最後は金銭による売買が常態化したらしい。長屋の共同便所は大家の大事な収入源だったそうです。糞尿売却料で潤うわけですね。
「肥え取りへ 尻が増えたと 大屋(おおや)言い」
空き部屋に人が入ったのでしょうか。入居者数が増えたので、共同便所から汲む量も増えたはずだ。今回から少し余計に金を置いていけと大家さんが農家と交渉している図らしい。
●では、馥郁(ふくいく)たる芳香に包まれた謎かけをいたしましょう。次のように解いた場合、心はそれぞれ何でしょうか? あまりひねりはありません。直球勝負だと思って下さい。
[い]小便とかけて蛙と解く
[ろ]相惚れ(あいぼれ、相思相愛)とかけて糞壺(くそつぼ)と解く
[は]悪態とかけて肥い取りと解く
[に]肥い取りとかけて呉服屋の丁稚と解く

(答えはずっと下↓ スクロールして下さい)

























★日本語★
正解:各項目を参照
説明:[い]小便とかけて蛙と解く
■心は、「シャアシャア」だそうです。たいへん素直な謎かけですね。小便を擬音であらわすと「シャアシャア」。「蛙の面に小便」という諺のあるとおり、蛙はシャアシャアとしているということなのですが。
□余談です。「小便」という言葉には、「品物をじっくり見ながら(あるいは試用しながら)買わないこと」という意味もあるそうです。落語の「道具屋」では、小便という言葉を覚えた与太郎が、股引(ももひき)を手にとって見ている客に「小便はできませんよ」と話かけ、「そんな股引はいらねぇ」と逃げられる場面が出てきます*3。
「小間物屋 これは小便 なりません」
「小便の ならぬを売るは 小間物屋」
「末摘花(すえつむはな)」という江戸時代の桃色川柳を集めた本があります*2。そこに並んでいた句です。小間物屋は、空閨(くうけい)をかこつ女性が下半身に利用する道具を売っているようです。この場合の小間物屋は「ペニスの商人」かな。1回使ってみたけれどあんばいがよくない。そんなときでも「返品はお断り」なんでしょうね。完全な新品じゃないと気色が悪くて使えません。
[ろ]相惚れ(あいぼれ、相思相愛)とかけて糞壺(くそつぼ)と解く
■心は、「こいなかだ」だそうです。相惚れですから恋仲です。濃い仲でもあるでしょう。糞壺は前述のとおり汲み取り式便所において便器の真下に埋めてある物です。中は肥いが溜まっています。「肥い(は)中だ」というわけらしい。
[は]悪態とかけて肥い取りと解く
■心は、「くそやろう」だそうです。これは説明が不要かもしれません。江戸時代から「糞野郎!」という悪態はあったようです。肥い取りが来たら、「糞をやる」わけですね。
□江戸でも大坂でも、農家は川を利用して臭い荷物を運搬していたようです。ふだんは糞尿を運ぶ舟でも、別の用に使うこともあります。
「糞舟へ 妹をのせて せなあ乗る」
「妹」は似たようなDNAの女性という意味ではありません。DNAのミックスを試みる相手です。「せなあ」は「田舎の若い男性」という意味らしい。ひょっとしたら、恋人どうしで江戸見物に出かけるところかな。
□上方落語の「野崎詣り(のざきまいり)」では、参詣客が多い期間だけ、糞船が客船に早変わりするという話が出てきます*4。船頭をつとめるのはもちろん農家の人なんでしょうね。
[に]肥い取りとかけて呉服屋の丁稚と解く
■心は、「ヲわいわい」だそうです。「肥い取り」は、関東では、「汚穢(おわい)屋さん」とも呼びました。呉服屋の丁稚は、返事をするときに「は〜い」と答えるかわりに、「わ〜いわい」と言ったのでしょうか。
■以上のなぞなぞは、「謎絵本 春の雪」(著者不明、絵歌川豊景(うたがわとよかげ?))という幕末期に出版された本に掲載されているそうです。
◆参考*1:書籍「江戸の女たちのトイレ」初版159頁、渡辺信一郎(わたなべしんいちろう)著、TOTO出版
◇*2書籍「川柳末摘花詳釈 上」、岡田甫(おかだはじめ?)著、有光書房
◇*3CD「落語教養高座江戸大百科5『道具屋/孝行糖』」十代目柳家小三治、KICH 3105、キングレコード
◇*4CD「南光落語ライブ10『野崎詣り/ざこ八』」三代目桂南光、TOCF-55081、東芝EMI
◇HP「神代の湯社長の日記:神代畑の夏野菜」(口絵の参考にさせて頂きました)
http://jindainoyu.i-ra.jp/e40336.html

ぬけられます→日本語雑学クイズ一覧

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
大家といえば親も同然。江戸時代の大家さんはどんな人なの?
●●●●●★歴史★● 問題:大家という表記は、「タイカ」、「タイケ」、「オオカ」、「おおや」などと読めます。 ■「タイカ」は文字通り大きな家。また、ある分野に秀でた技能や見識を持つ人をいいます。芸術院会員だったり文化勲章をもらっていると「○○の大家」などと呼ばれます。「タイケ」は金持ちの家とか、社会的地位や身分の高い家柄を指すらしい。 ■「オオカ」と読むと苗字になるのかな。大家友和投手を思い出します。横浜ベイスターズをふりだしに、MLBのレッドソックス、マリナーズなど10球団近くを渡... ...続きを見る
町人思案橋・クイズ集
2014/03/19 08:39

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
便所にまつわる謎かけ。「悪態とかけて肥い取りと解く」。その心は? 町人思案橋・クイズ集/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる