町人思案橋・クイズ集

アクセスカウンタ

zoom RSS 芥川龍之介「蜘蛛の糸」からの読み問題。「頓着」はなんと読むの?

<<   作成日時 : 2008/06/26 06:54   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 2 / コメント 14

画像
★日本語★
問題:芥川龍之介の小説「蜘蛛の糸」をご存じでしょう。
●お釈迦様が泥棒のカンダタという者を地獄から救おうと蜘蛛の糸を垂らします。カンダタは悪い奴です。でも、蜘蛛の生命を助けたことがありました。
●地獄で苦しんでいたカンダタは天から垂れてきた蜘蛛の糸に飛びつき、のぼり始めます。しばらくしてふと下を見ると、たくさんの者が自分のあとを追ってのぼってきます。重すぎる。切れそうだ。カンダタは下の者に叫びます。「この糸は俺のものだぞ。下りろ、○○○!」。その途端に蜘蛛の糸は切れ、カンダタも他の者たちも落ちて血の池地獄に沈んでしまいます。お釈迦様は悲しそうな顔をなさいますが、極楽は地獄の亡者のことなどなかったかのように穏やかな景色のままでした。まっ、そんなお話でした。○○○にはお好きな汚い言葉を入れてください。
●では、懐かしい小説「蜘蛛の糸」からの読み問題です。青空文庫所蔵の原文の振り仮名を正解とします。常用漢字表には含まれない漢字が多く、けっこうむずかしい。覚悟して取り組んでください。次の漢字・熟語の読みはなんでしょうか? 
[い]翡翠
[ろ]頓着
[は]萼
[に]蕊
[ほ]思し召す
(答えはずっと下↓ スクロールして下さい)

























★日本語★
正解:各項目を参照
説明:●[い]「翡翠」はひすいと読む
翡翠は、「深緑の半透明な宝石」です。日本やインド、中国などで珍重されました。日本では富山県糸魚川市近辺で採れるらしい。
○「翡」という漢字は常用漢字表には収載されていません。漢和辞書「字通」によれば、「かわせみ」という字訓があるそうです。川辺にいる笑い上戸の鳥ですね。「翠」という漢字にも常用漢字表外です。漢和辞書「字通」によれば、「みどり、かわせみ」という字訓があるとのこと。
○あわせて「翡翠」は「かわせみ」という意味です。転じて女性のつやっぽい様子を形容するのに使われました。さらにカワセミの頭や羽が深い緑色にいろどられているところから、似た色の宝石の名前にもなったそうです(口絵参照)。
○「蜘蛛の糸」の中では、「…翡翠のような色をした蓮の葉の上に…」と使われていました。
●[ろ]「頓着」はとんじゃくと読む
「とんちゃく」とも読みます。「深く気にかけてこだわること。執着すること」です。どちらかというと否定形で使われることが多いようですね。「金に頓着しない」とか、「着るものに頓着しない」などと使われます。無頓着という熟語でもよく使われますね。
○「蜘蛛の糸」の中では、「…しかし極楽の蓮池の蓮は、少しもそんな事には頓着致しません」と使われていました。
●[は]「萼」はガクと読む
萼は「花の最も外側の部分。ふつう緑色をし、外面に毛をもつ。つぼみのときは内部を包み保護する」とのこと。常用漢字表外の漢字です。ネットの大辞泉によれば、「うてな」という字訓があります。「花の台(うてな)=萼(ガク)」なんですね。漢和辞書「字通」によれば「はなぶさ」という字訓もあります。
○「蜘蛛の糸」の中でも「うてな」と読ませていました。「…ゆらゆら萼(うてな)を動かして…」とありました。
●[に]「蕊」はずいと読む
「蘂」という漢字も常用漢字表外です。漢和辞書「字通」によれば、「しべ、はな」という字訓があるらしい。雄蕊(おしべ)、雌蕊(めしべ)の「しべ」ですね。草カンムリの下に3つの「心」を書きます。これは「しべの形」を模しているそうです。たしかに、たくさんの「蕊」がひしめきあっているように見えます。
○「蜘蛛の糸」の中では、「…ゆらゆら萼を動かして、そのまん中にある金色の蕊からは、何とも云えない好い匂が、絶間なくあたりへ溢れて居ります」と使われていました。
●[ほ]「思し召す」はおぼしめすと読む
「思し召す」は「思う」の尊敬語だそうです。「おぼす」より敬意が高い。「お思いになる。お考えになる」という意味になります。「専務がそのように思し召すなら私どもにも異存はございません」などと使います。
○「異性に惹かれる気持ち」のことを「思し召し」と言うことがあります。「あの受付嬢は君に思し召しがあるらしい」などと使います。
○昔の小説の中だったと思いますが、「おぼしめし」をあのことの意味にも使っているのを読んだ覚えがあります。「夕べは旦那様のおぼしめしはあったの?」などと使われていたと記憶します。
○「蜘蛛の糸」の中では、送りがなを少し省略し、「…御釈迦様の御目から見ると、浅間しく(あさましく)思召されたのでございましょう」と使われていました。
◆参考*1:HP「図書カード:蜘蛛の糸」
http://www.aozora.gr.jp/cards/000879/card92.html
◇Yahoo! J Dictionaries 大辞泉
◇Yahoo! J Dictionaries 大辞林
◇辞書「字通」白川静、平凡社

ぬけられます→日本語雑学クイズ一覧

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
クモの糸で防弾チョッキを試作したことがあるってホント?
●●●●★科学★●● 問題:嘘かホントか、徳川家康はクモが大嫌いだったそうです。小さなクモでも、糸を伸ばして近くに垂れてくると、脂汗を流してじっとしていたらしい。追い払うこともできず、「去るまで待とう」という心境だったようです。 ■そこまで嫌いではなくても、クモはあまり好感度の高い動物とはいえません。でも、クモの持つさまざまな特徴は興味をそそられる点もあります。たとえば、クモの眼です。足とおなじで8つもあるとのこと。ところが、そのどれもがあまり良くないらしい。参考資料*1には近視とあり... ...続きを見る
町人思案橋・クイズ集
2008/11/10 06:43
漢検1級程度、難易度最高の四字熟語。「嘔唖嘲&#21747;」はなんと読むの?
●●●★日本語★●●● 問題:漢検1級の問題集に掲載されていた難易度の高い四字熟語です。誰がどんなときに使うのでしょうか。使用場面をまるで想像できない難しい言葉です。 ■それぞれなんと読むでしょうか? [い]萎靡沈滞 [ろ]烏焉魯魚 [は]嘔唖嘲&#21747; [に]一縷千鈞 [ほ]禹行舜趨 (答えはずっと下↓ スクロールして下さい) ...続きを見る
町人思案橋・クイズ集
2011/11/21 07:17

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(14件)

内 容 ニックネーム/日時
其れでは犍陀多は何んと読むでしょう。(意味)
唯我
2008/07/18 09:57
コメントをありがとうございます。

「犍陀多」は、主人公の名前のようですね。青空文庫では、「かんだた」と振り仮名が振られていました。
 「牛偏に建」は第3水準に指定されているそうです。難しい漢字ですね。
唯我様<素町人
2008/07/18 16:35
犍陀多
犍陀多=ウネリの多い親分
犍=統括者、親分
陀=ウネリ
多=多い
犍と言う字は字源的に言えば牛の去勢であり仏教用語で般若心経の羯の字に想定される。
凡そ制御、統括、親分ぐらいに訳せると想います。
此の三点の文字の意味合いが揃えば正解と言うことでどうでしょうか。
因みに佛陀は
佛=祓う
陀=ウネリ
{ウネリを祓う}
私の云いたい放題のクイズで申し訳ありません。
御免なさい。
唯我
2008/07/19 07:33
コメントをありがとうございます。

 仏陀の「陀」の字が「ウネリ」だとは知りませんでした。勉強になりました。
m(_ _)m

 犍陀多は「ウネリの多い親分」という意味なんですね。「(情緒に)ウネリが多い」のでしょうか。それとも「(運命に)ウネリが多い」のかな。いずれにせよ、堅気にはなれなかった人のようですね。
(^^)/
唯我様<素町人
2008/07/20 22:11
そうですね。自分の殻を打ち破れなかったと思われます。
其れは、皆と仲良く生きていこうと思う心だと想います。
自分は人とは違うんだ自分が一番強いんだと思う心が招いたのかも知れません。
確か仏教では其れを執着といったと思いますが。
因みに私の調べでは波、婆、荼(毒)も陀に並ぶ字だと想定します。
続く一
唯我
2008/07/21 08:23
続く一
般若波羅蜜多
般=区分け
若=従う
波=歪み
羅=捕らえる
蜜=蜜
多=多い
{歪みを捕らえ多くの蜜に変え区分けして従う}
しかし、この執着のコントロールが一番、難しいのかも知れません。
自分は輝きたい、自分は皆を捕らえたい等は私を含めて世界の人が全員持って居るのではないでしょうか仮に持って無いと言う人はウソのように想えますが。
唯我
2008/07/21 08:25
コメントをありがとうございます。
返事が遅れ、申し訳ありません。
m(_ _)m

 宗教にはまるで不熱心なので、般若波羅蜜多という言葉の意味も知りませんでした。勉強になりました。

「自分は輝きたい」という気持ちは素町人も持っています。
 その念願は、思わぬところで、着実に叶いつつあります。
 頭頂部近辺の毛髪が立ち枯れ状態に陥り、地肌が真夏の太陽光を強く反射し始めています。
 たいへん残念ですが、生物としての終末が徐々に近づきつつあることを思い知らされています。

 長い友だちとの別離を最小限にとどめるべく、医師に相談すればいいのかもしれません。でも、そこまでの執着はもてません。ブラシにまとわりつく細長きものをながめては溜め息をつく毎日です。
(^^;)
唯我様<素町人
2008/07/23 07:54
そうですね「諸行無常」時の流れは私も含めて変えられませんね。
今回コメントを書かせて頂き気が付いたのですが犍陀多は私達のことなのですよ。
哲学で云うところの「我おもうゆえに我あり」智識の部分をどんどん削って本能の自分に付き合わせると犍陀多は私達のことなのですよ。
何故なら「自分は輝きたい、俺が一番だ」と思う心は私を含めてみんな持って居るのですから。
このように考えると哲学も奥が深いですね。
唯我
2008/07/23 09:56
コメントをありがとうございます。
毎度返事が遅れ、申し訳ありません。
m(_ _)m

 「我々が犍陀多である」というご意見がありました。
 う〜む。
 どちらかといえば、素町人は犍陀多というよりは、その後ろについて蜘蛛の糸をよじ登り、切れた糸とともに落ちていく地獄の住人たちの1人のような気もします。
(^^;)
唯我様<素町人
2008/07/26 20:19
其の通りです。
犍陀多と其の後ろに着いて落ちていく者達が私達です。
但し、抜け出す道が有ったのです。
皆と仲良く行きたいと想えば良かったのです。たった此れだけです。
皆と仲良く行きたいと思う心は全世界の人々にみな有ると想います。
自分の中に有るものに気が着かなかったのです。
此れが「地獄」です。
言い換えれば気が着きさえすれ良いのです。
此処が「地獄」から抜け出す突破口です。
「自分は輝きたい、俺が一番だ」ということに「皆と仲良く行きたい」ということ足せば良いのです。
「地獄」も「天国」も作るのは人間ではないのでしょうか。

唯我
2008/07/27 13:56
コメントをありがとうございます。
お返事が遅れてもうしわけありません。
m(_ _)m

 「皆と仲良くすればいい」というのは理解できます。でも、素町人にはとうてい実行できません。

 競争社会です。個人も法人も地域も国家もしのぎを削っています。自分は仲良くしたくても、なかなか難しいですね。

 むしろ諦めて、競争社会という現世の地獄も「住めば都」と考えるようにしています。
(^^;)
唯我様<素町人
2008/08/17 14:10
競争社会
そうです現代社会いや太古の昔から人類の共同体は全て競争社会です。
その中で一生を全うします。
長生きをしたい、自由に生きたい、周りの人と触れ合っていきたい、皆と楽しくいきたい、一番に成りたい、恵まれない人は助けてあげたい、今の生活を維持したい、もっともっと発展したい。
これ等は全て此の共同体のなかで行われます。
世界の人は全てこのように思っていると想われます。
しかし、世界の人々の嗜好と能力は全て違います。
故に競争社会に成るのです。
但し、此処には純粋な能力と純粋な努力が必要なのです。
だから人類は発展するのです。
続く一
唯我
2008/08/18 14:56
続く一
共同体を否定してはいけない。
此の共同体の中で絶対に忘れてはいけない物、此れが「仲良くする」です。
そうです貴方の町が第一歩です。
自らの純粋な能力と純粋な努力を持って「仲良くする」を足せば貴方の町は殻から抜け出します。
競争社会を否定してはいけません。
競争社会が在るから人は発展するのです。
子供たちの純粋な能力と純粋な努力に頼るのです。
親たちは障害を作ってはいけない。
障害は取り除かねば成らない。
そうすれば必ず未来が見えてくる。
唯我
2008/08/18 14:59
コメントをありがとうございます。
返事が遅くなりもうしわけありません。
m(_ _)m
唯我様<素町人
2008/09/14 17:52

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
芥川龍之介「蜘蛛の糸」からの読み問題。「頓着」はなんと読むの? 町人思案橋・クイズ集/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる