町人思案橋・クイズ集

アクセスカウンタ

zoom RSS 桜桃忌にちなみ、太宰治の小説からの読み問題。「囁き」はなんと読むの?

<<   作成日時 : 2008/06/19 07:25   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
★日本語★
問題:今日、6月19日は桜桃忌だそうです。太宰治(だざいおさむ)を偲(しの)んで、東京三鷹の禅林寺(ぜんりんじ)には多くの愛好家が訪れるとのこと。
●弊クイズも便乗し、太宰治が書いた唯一の推理小説、「断崖の錯覚」からの難読漢字・熟語の問題です*1。次の読みはなんでしょうか?
[い]紬
[ろ]慚愧
[は]傲然
[に]噤む
[ほ]囁き
(答えはずっと下↓ スクロールして下さい)

























★日本語★
正解:各項目を参照
説明:●[い]「紬」はつむぎと読む
紬は「紬糸で織った平織りの絹織物」だそうです。大島紬・結城(ゆうき)紬などが知られています。「紬糸」は「屑繭(くずまゆ)または真綿に手で縒(よ)りをかけて紡いだ太くて節の多い絹糸」だそうです。つまり指先で一本一本より、丹念に糸を作っていくわけですね。手よりの絹糸で織られた紬は、独特の風合いが出るそうです。機械ではなかなか再現できないらしい。
○とても手間がかかります。そのため、紬は高価です。楽天市場を覗いたら、大島紬の反物、ただし「少々難あり」がありました。通常価格50万円のところ15万8000円と書かれていました。一着分の布のお値段です*2。
○呉服屋を営んでいる友人の話では、安物は島(奄美大島)ではなく、大陸あるいは半島で作られている商品があるとのこと。購入する場合には、鑑定眼が要求されるらしい。上質な本物なら、骨董のようにあとから値があがることがあるとも聞きました。職人が減っているので将来は作れなくなるかも、とのことでした。
●[ろ]「慚愧」はざんきと読む
「慚愧」の「慚」は「慙」とも書きます。「はじる、はじ」という字訓があるそうです。「愧」も「はじる」という字訓があるとのこと。あわせて「自分の見苦しさや過ちを反省して、心に深く恥じること」です。
○小説の中では、「…その慚愧の念さえ次第にうすらぎ…」と使われていました。その直前には「いても立っても居られぬ」ぐらい自分を恥じていたという表現がありました。
●[は]「傲然」はごうぜんと読む
傲然とは「おごり高ぶって尊大に振る舞うさま」だそうです。小説の中では「…傲然とドア近くの椅子に腰かけた…」という使われかたでした。
○おなじ漢字を使った「傲慢(ごうまん)」は「おごりたかぶって人を見くだすこと」だそうです。「高慢」という熟語もあります。「自分の才能・容貌などが人よりすぐれていると思い上がって、人を見下すこと」だそうです。「傲慢も 高慢もまた われにあり 清濁あわせて 呑んでください」というインチキ狂歌は畏友洛北山人の即興です。つまらないですね、失礼。
●[に]「噤む」はつぐ(む)と読む
「噤む」は口を禁ずると読めます。妙に理屈にあっています。さては国字かなと思いきや、中国製でした。
○「噤黙(きんもく)」という熟語は、黙ることだそうです。「沈黙」と似ていますね。「噤黙も 沈黙もわれ たえきれず 寒き唇 なんぞいとわん」。この歌もまた、秋になると唇から風邪を引くという洛北山人君の即興です。これもイマイチです。重ねて失礼。
●[ほ]「囁き」はささや(き)と読む
「囁」は面白い形の字ですね。耳の感度を3倍にあげて口に近づけなければ聞こえないほどの小さな声なのでしょうか。これも、国字かと思いきや中国製、でした。
○余談です。ベルイマンという映画監督に「叫びとささやき」という作品がありました。予告編では、「死に至る病で床についた少女が性に懊悩する場面」がチラッと見えたと記憶します。たいへん興味深いお話です。でも、語りと字幕は理屈っぽい雰囲気です。せっかくですけど本編は遠慮しております。
◆参考*1:HP「図書カード:断崖の錯覚」
http://www.aozora.gr.jp/cards/000035/card249.html
◇*2HP「【楽天市場】〜特別お値打ち品!「都喜ェ門」〜ほんの少しの難で超特価!〜【本場大島紬・藤絹織物】「異国散策」:日本伝統織物展」
http://www.rakuten.co.jp/dentouorimono/868131/1872365/#1460024

ぬけられます→日本語雑学クイズ一覧

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
桜桃忌にちなみ、太宰治の小説からの読み問題。「囁き」はなんと読むの? 町人思案橋・クイズ集/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる