宮本武蔵が佐々木小次郎と巌流島で戦った日。小次郎の刀はどのぐらい長かったの?

画像
★歴史★
問題:西暦1612年の今日、5月13日。旧暦では慶長17年4月13日。宮本武蔵(みやもとむさし)と佐々木小次郎(ささきこじろう)は、巌流島(がんりゅうじま)で果たし合いを行ないます。言い伝えによれば、宮本武蔵はわざと遅刻します。いらついた佐々木小次郎は武蔵が浜に立つと刀をさっと抜いて鞘を投げます。それを見て武蔵は「小次郎敗れたり」と叫びます。勝って帰るつもりならなぜ鞘を捨てた…というのですが、奇妙ないいがかりです。勝ったら拾って帰ればいいだけの話です。長い刀だから長い鞘です。運動の邪魔になったのでしょう。
●というわけで、今日は佐々木小次郎の命日にちなみ、彼と決闘にまつわる雑学クイズです。次のうちで正しい記述はどれでしょうか?
[い]巌流島は元々は船島と呼ばれ、豊前小倉(ぶぜんこくら)藩の領地だったが現在では下関市に属している
[ろ]巌流島の近辺は暗礁の多い難所であり、豊臣秀吉の乗った船もここで沈没したことがある
[は]「秘剣つばめ返し」は、山口県の錦帯橋(きんたいきょう)あたりで生み出された
[に]小次郎の長い刀は関の孫六と呼ばれる名刀であり、長さは2mもあった
[ほ]決闘の元は門人たちの喧嘩だとする説がある
(答えはずっと下↓ スクロールして下さい)

























★歴史★
正解:[い]と[ろ]、[ほ]が正しい
説明:●[い]巌流島は元々は船島と呼ばれ、豊前小倉(ぶぜんこくら)藩の領地だったが現在では下関市に属している(○)
豊前小倉藩ということは九州側の島だったということですね。現在は下関市彦島大字船島(ふなしま)だそうです。地図でみると、たしかに下関のほうに近い島です。ある角度から眺めると「佐渡島を左右反転した形」にちょっと似ています。佐々木巌流(小次郎のこと)が散った島なので巌流島と命名されたらしい。
●[ろ]巌流島の近辺は暗礁の多い難所であり、豊臣秀吉(とよとみひでよし)の乗った船もここで沈没したことがある(○)
ご承知のとおり、関門海峡はとても狭くなっています。海流もよく変わるそうですし、暗礁も多かったとのこと。秀吉は名護屋から帰阪する途中にここで船が転覆したらしい。毛利水軍によって助けられたそうです。
●[は]「秘剣つばめ返し」は、山口県の錦帯橋(きんたいきょう)あたりで生み出された(×)
吉川英治(よしかわえいじ)の小説「宮本武蔵」の中では、そんなお話になっているそうです。でも、錦帯橋がつくられたのは決闘よりもあとのことらしい。小次郎は福井県の出身です。一乗谷(いちじょうだに)で秘技が開発されたという説も強いようです。
●[に]小次郎の長い刀は関の孫六と呼ばれる名刀であり、長さは2mもあった(×)
正しくは、「小次郎の長い刀は備前長船長光(びぜんおさふねながみつ)という名刀であり、長さは1mだった」だそうです。刃渡り3尺3寸。1寸が3.03cm。10寸で1尺ですから、約1mだそうです。ふつうの刀は刃渡り2尺4寸(約72cm)ぐらいとのこと。小次郎の得物は標準よりは長めです。でも、びっくりするほどではありません。備前長船長光は物干し竿と呼ばれていたという伝説があります。後世の人が創ったお話かもしれません。
○ちなみに野球のバットは、公認野球規則により106.7cm(42inch)以下と決められているそうです*3。でも実際に販売されている商品はおおむね70cm前後とのこと。ふつうの刀の刃の部分は、ふつうの野球バットとほぼおなじ長さだったらしい。
●[ほ]決闘の元は門人たちの喧嘩だとする説がある(○)
豊前小倉藩家老、門司城代の沼田延元(ぬまたのぶもと)の家人による「沼田家記」という文書が残されているそうです。この文書によれば、決闘の原因は「うちの先生が日本でいちばん強い」、「いや、うちの先生のほうが」という門人どうしの争いだったらしい。
○さらに「沼田家記」によれば、巌流島の決闘では、小次郎は頭を打たれますが死なずに息を吹き返したとのこと。そこに武蔵の弟子たちが現われ、傷を負っていた小次郎はかなわずに殺されてしまいます。小次郎の弟子たちも武蔵を追いかけますが、沼田延元の助けで無事に逃げおおせたというのですが。現実味はたっぷりありますが、映画や小説にはなりにくいお話ですね。
◆参考*1:HP「佐々木小次郎 – Wikipedia」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BD%90%E3%80%85%E6%9C%A8%E5%B0%8F%E6%AC%A1%E9%83%8E
◇*2HP「巌流島 – Wikipedia」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B7%8C%E6%B5%81%E5%B3%B6
◇*3HP「美津和タイガー/野球博物館/バットって何?」
http://www.mitsuwa-tiger.com/batmuseum/whats.html
◇HP「★巌流島ホームページ★」(口絵の参考にさせて頂きました)
http://www.city.shimonoseki.yamaguchi.jp/kanko/ganryujima/

ぬけられます→歴史雑学クイズ一覧

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 45

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい かわいい

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック