町人思案橋・クイズ集

アクセスカウンタ

zoom RSS 名作の読み問題です。「吾輩は猫である」に出てくる「涎」はなんと読むの?

<<   作成日時 : 2008/05/01 07:44   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
★日本語★
問題:名作に出てくる漢字・熟語の読みのテストです。今回は「吾輩は猫である」の冒頭部分からの出題です。次の漢字・熟語はなんと読むでしょうか? なお、青空文庫所蔵の同書の振り仮名を正解としています。文部科学省や各種教育機関とは意見が異なる可能性はありますが、ご容赦ください。
[い]獰悪
[ろ]薬缶
[は]涎
[に]我儘
[ほ]筋向
(答えはずっと下↓ スクロールして下さい)

























★日本語★
正解:各項目を参照
説明:●[い]獰悪はどうあくと読む
獰悪は凶悪と似ているようです。「性質が乱暴で荒っぽいこと」という意味らしい。「獰猛(どうもう)かつ悪い」わけですね。「猫」の中では「…しかもあとで聞くとそれは書生という人間中で一番獰悪な種族であったそうだ…」と使われています。
○明治の書生はまれに猫を食べることがあったらしい。猫からタンパク質を摂ろうとする試みは、江戸時代にもあったようです。三代目三遊亭金馬師の落語「二十四孝」の中で、主人公「ハチ公」は、酒の肴にしようと楽しみにしていた魚を泥棒猫に喰われてしまいます。激怒したハチ公は、「そんならこの猫を喰ってやろう。いくらかは魚の味がするかもしれない」と決意を固めます。言葉だけでなく、実際、泥棒猫に飛びかかったらしい。猫好きが聞いたら卒倒しかねません。
●[ろ]薬缶はやかんと読む
「猫」の中では「…第一毛をもって装飾されべきはず(ママ)の顔がつるつるしてまるで薬缶だ。…」と使われています。生まれ落ちてすぐ捨てられ、苦沙弥(くしゃみ)先生になんとか拾われた主人公の猫が、人間の顔について悪口を吐いている場面です。
○薬缶はなぜ薬缶と呼ぶのか。知ったかぶりのご隠居が、苦し紛れにこじつけて語源を答えるさまが落語「やかん」になっています。落語「やかん」を演ずる落語家のほうにも、薬缶頭が少なくない。前出の三代目三遊亭金馬や五代目古今亭志ん生、五代目柳家小さんなど、みなさん顔はもちろん、頭にも毛がほとんどありませんでした。
●[は]涎はよだれと読む
涎は口から流れ出す粘液の一種で、唾(つばき)と成分はほとんどおなじです。当たり前か。「猫」の中では次のように使われています。「…時々読みかけてある本の上に涎をたらしている。…」。主人公の猫が苦沙弥先生の人となりを紹介する場面です。
●[に]我儘はわがままと読む
儘(まま)という漢字には、「みな・きわまる・まま」という字訓があるらしい。古い言葉ですが、儘日(じんじつ)は「終日」の意味です。儘数(じんすう)は「全額」の意味があります。
○「…吾輩は人間と同居して彼等を観察すればするほど、彼等は我儘なものだと断言せざるを得ないようになった。…」。主人公の猫が、苦沙弥家の人々を通じて得た自分の人間観察を総括しているようです。猫から人間をみると我儘。人間から猫をみると気儘(きまま)。お互いさまかな。
●[ほ]筋向はすじむこうと読む
「筋向かい」とか「筋向い」と送りがながある場合には「すじむかい」と読むらしい。筋向だけとか、「筋向こう」などの場合には「すじむこう」らしい。意味はおなじです。「はす向かい」とか「斜め向かい」もみんなおなじですね。
○「…吾輩の尊敬する筋向の白君などは逢う度毎に人間ほど不人情なものはないと言っておらるる。…」と使われていました。
◆参考:HP「図書カード:吾輩は猫である」
http://www.aozora.gr.jp/cards/000148/card789.html
◇Yahoo! J Dictionaries 大辞泉
◇Yahoo! J Dictionaries 大辞林
◇辞書「字通」白川静、平凡社

ぬけられます→日本語雑学クイズ一覧

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
名作の読み問題です。「吾輩は猫である」に出てくる「涎」はなんと読むの? 町人思案橋・クイズ集/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる