漢検準一級程度の漢字の読み。「表外の読み」はかなり難しいの?

画像
★日本語★
問題:漢検準1級程度の漢字の読み問題です。
●常用漢字表には掲載されていない読みのものばかりを集めてみました。常用漢字表は文部省が昭和56(1981)年に定めたもので漢字使用の目安です*1*2。
●法令や新聞雑誌などで漢字を使う場合、常用漢字表に掲載された1945字の漢字を使うようにしましょうというものだそうです*1。表に記載のない漢字は言い換えたり平仮名で書いたりしなはれ、と言っているようです。読みも表に準拠しなはれ、と言っているらしい。
●みんながこれに従えば、情報を利用する効率が高まるかもしれませんね。たとえば検索の効率は高まるでしょう。でも、江戸や明治、大正、昭和の前半あたりまで使われていた漢字とは断絶する恐れがあります。文化の破壊かもしれません。
●「常用」とうたいながら、使用頻度の高い漢字や読みが抜けていると文句も出ているそうです。たとえば「誰(だれ)」。あるいは「頃(ころ)」。「嵐(あらし)」も「噂(うわさ)」も表には見られないらしい*2。
●まっ、常用漢字表はあくまでも目安です。ガチガチに守れば、言論の自由や表現の自由に触れます。著作権法でいう同一性保持の精神にも反することになるでしょう。国語の先生や受験生はともかく、われわれ一般の者は気にしなくてもいいでしょう。
●ちなみに、新聞の場合は、新聞漢字表というのがあり、多くの新聞はこの表に準拠しているらしい。この表に記載のない漢字が使われないわけではありません。たとえば、固有名詞には新聞漢字表に記載のない漢字があります。岡山や岡村の「岡(おか)」がそうらしい。そもそも、パソコンでは表現できない(漢字コード外の)文字もあるとも聞きます。たとえば、ダイエー創業者の中内功(なかうちいさお)氏の「いさお」は、ホントは「工偏に刀」と書くらしい。コード体系によっては、画面に表示できないようです。
●では、常用漢字表に載っていない漢検準一級程度訓読みのクイズです。次のうちで正しい記述はどれでしょうか?
[い]「亜」という漢字は「つ(ぐ)」という訓読みがある
[ろ]「宴」という漢字は「うたげ」という訓読みがある
[は]「欧」という漢字は「と(く)」という訓読みがある
[に]「岸」という漢字は「かどだ(つ)」という訓読みがある
[ほ]「数」という漢字は「しばしば」という訓読みがある
(答えはずっと下↓ スクロールして下さい)

























★日本語★
正解:[い]と[ろ]、[に]、[ほ]が正しい
説明:●[い]「亜」という漢字は「つ(ぐ)」という訓読みがある(○)
漢和辞書「字通」によれば、「亜」の旧字である「亞」は象形文字で、陵墓の墓室の平面図だそうです。墓や葬式を管理するのは聖職者で、彼らは王につぐ権威を持っていたらしい。で、「つぐ」という読みが生まれたのではないかとのこと。
○「亜」を含む熟語の中で、「亜種」とか、「亜熱帯」、「亜流」などは、「つぐ」という意味が含まれているようです。
●[ろ]「宴」という漢字は「うたげ」という訓読みがある(○)
「宴」は「女」という漢字の上に「日」があります。「日」は「玉」をあらわし、「魂振り(たまふり)」をあらわす…と漢和辞書「字通」には書いてありました。「魂振り」とは、「活力を失った魂を再生すること」だそうです。宴会で飲んで歌えば、いい気晴らしになり、明日からの活力が再生されるわけかな。英語でいえば「recreation(レクリエーション、元気回復、再生)」でしょうか。
●[は]「欧」という漢字は「と(く)」という訓読みがある(×)
正しくは「は(く)」だそうです。「欧」には「歌う」という意味もあるとのこと。「謳歌する」の「謳」とおなじなんですね。「(その声はいきんで、ものを吐くのに似ているので)はく」という意味もあるらしい。「嘔吐する」の「嘔」ともおなじなんですね。欧逆(おうぎゃく)という熟語があり、これは「もどす」意味だそうです。「欧血(おうけつ)」は「吐血」とおなじ意味とのこと。
●[に]「岸」という漢字は「かどだ(つ)」という訓読みがある(○)
岸は「.きし、がけ、山涯、きわだつ地形のところ、たかい」が第一の意味だそうです。人間の性質に転じて、「かどかどしい、おごる、ひたい」という意味が出たとのこと。「岸惣(がんこつ)」という熟語は「傲慢」を意味するらしい。漢和辞書「字通」によれば、「岸岸(がんがん)」という熟語もあって、「きわだつさま」だそうです。
●[ほ]「数」という漢字は「しばしば」という訓読みがある(○)
「数」という漢字は、常用漢字表には「かぞえる」と「かず」しか掲載されていません。でも、「しばしば」とか「しきりに」といった読みもあるそうです。一字だけで「しばしば」なら、「数数」と書いたらなんと読むのかしらん。これは「さくさく」と読んで「せわしくする、しばしば」という意味らしい。
◆参考::書籍「本試験型 漢字検定 準1級試験問題集 ’09年版」成美堂出版
◇辞書「字源」簡野道明、角川書店
◇辞書「字通」白川静、平凡社
◇Yahoo! J Dictionaries 大辞泉
◇Yahoo! J Dictionaries大辞林
◇*1HP「http://www.bunka.go.jp/kokugo/main.asp?fl=list&id=1000003929&clc=1000000068(常用漢字表)」
http://www.bunka.go.jp/kokugo/main.asp?fl=list&id=1000003929&clc=1000000068
◇*2HP「常用漢字 – Wikipedia」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B8%B8%E7%94%A8%E6%BC%A2%E5%AD%97

ぬけられます→日本語雑学クイズ一覧

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック