江戸時代に世界最先端犯罪者更生施設を創設したのは、時代劇で有名なあの人?

画像
★歴史★
問題:西暦1790年の今日、4月3日。旧暦では寛政2年2月19日。江戸の隅田川の河口に人足寄場(にんそくよせば)という施設が設置されたそうです。人足寄場という名前からは、現代でいう飯場(はんば、建築作業員の仮宿舎)のようなものが連想されます。でも、人足寄場は軽犯罪者が働き、社会復帰するための技術を学び、貯金をするための場だったそうです。いわゆる更生施設、自立支援施設です。この時代からすでに犯罪者の社会復帰を支援するという発想があったんですね。素晴らしい。
●人足寄場はテレビの時代劇でよく知られるある人物が考え出し、創設し、運営したそうです。その人物とは次の誰でしょうか?
[い]人形佐七(にんぎょうさしち)親分
[ろ]名奉行大岡越前(おおおかえちぜん)
[は]火付け盗賊改長谷川平蔵(はせがわへいぞう、鬼平)
[に]銭形平次(ぜにがたへいじ)親分
[ほ]名奉行遠山金四郎(とおやまきんしろう)
(答えはずっと下↓ スクロールして下さい)

























★歴史★
正解:[は]火付け盗賊改長谷川平蔵(はせがわへいぞう、鬼平)
説明:池波正太郎の小説「鬼平犯科帳(おにへいはんかちょう)」で知られる人物ですね。テレビでは、松本幸四郎や中村吉衛門が演じているそうです。
●平蔵は通称で、本名は長谷川宣以(のぶため)というらしい。家督を相続する前は銕三郎(てつさぶろう)と名乗っていたとのこと。延享(えんきょう)3(1746)年、旗本の家に生まれています。遠山金四郎の経歴にちょっと似ていて、若いころ放浪無頼の生活を送っていたらしい。「本所の銕(ほんじょのてつ?)」と呼ばれ、ちょっと恐れられたとのこと。
●天明7(1787)年、42歳のときに火付け盗賊改の長官に就任したそうです。松平定信(まつだいらさだのぶ)の寛政の改革では、人足寄場を提案し、実現します。
●あるとき、運営資金が不足したので、定信に予算の増額を願い出たそうです。でも却下されます。しょうがないので、幕府から預かっていた資金を銭相場に投じ、なんとか不足分を調達したというお話が残されています。もちろん、職務違反、違法行為でしょう。でも、目的は善です。
●こうした自由闊達ではありますが危ないやりかたは、当時の型にはまった役人たちには好かれなかったようです。松平定信の著書、「宇下人言(うげのひとこと)」には、「長谷川某(なにがし)」と書かれているとのこと。他の者との扱いの違いが大きく、かなりうとまれていた可能性があるようです。同僚からも、なんであんな者が重用されるのかという声があったとのこと。
●でも、火付け盗賊改としてはたいへん有能だったらしい。大盗賊真刀徳次郎(しんとうとくじろう)一味を一網打尽にして世間を驚かせたそうです。葵小僧(あおいこぞう)として知られる泥棒・連続強姦魔も逮捕し、逮捕後にすぐ裁判し、たちまち獄門にかけているそうです。被害者たちの感情に配慮したと言われます。こうした実績から、江戸の町民には、「本所の平蔵さま」、「今大岡」と呼ばれ、とても人気があったそうです。
●寛政7(1795)年、亡くなる直前に火付け盗賊改を辞します。時の将軍家斉(いえなり)から懇ろな言葉と特別に高貴な薬を頂戴したそうです。
●偶然のことですが、長谷川平蔵の住居のあとには、数十年後に遠山景元(とおやまかげもと、金四郎、金さん)が住んだそうです。明治を代表する文豪、森鴎外と夏目漱石もたしか同じ家に住んだことがあったと聞きます。ようするに似たような階級・所得・身分・志向の人だったということかな。
●人足寄場は江戸から明治へと受け継がれていきます。明治5(1872)年に法律顧問として招かれたフランス人ジョルジュ・ブスケという御雇外国人の法学者が見学したそうです。ブスケの書いた「日本見聞録」では、人足寄場の独創性と先進性に驚き、高く評価しているとのこと*3。少し長いのですが、引用してみます。
---「…労働にはきわめて僅かではあるが報酬が与えられ、給料を積み立てられて刑を終えてから免囚として職業を得るために用いられる。各受刑者はそこを出るときには職を身につけており、我々(フランスのこと)の被拘禁者の境遇よりも遥かによい境遇である。(我国では)企業者は労働者を養成することを心がけず受刑者の労働を搾取するのであり、その者が監獄を出るときには職をもっていないのである…」(「日本見聞録」ブスケ著・野田良之ほか訳)*3
●上司の松平定信や同僚の役人たちには気に入られなかったかもしれません。でも鬼平は困難を乗り越えて世の中の役に立つものを完成させた男です。因習にとらわれない自由さをもっていたようです。今までまるで関心がなかったけれど、今度テレビで「鬼平犯科帳」をやっていたら、観てみようかなと思いました。
◆参考*1:HP「長谷川宣以 – Wikipedia」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%95%B7%E8%B0%B7%E5%B7%9D%E5%B9%B3%E8%94%B5
◇*2HP「加役方人足寄場 – Wikipedia」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%BA%E8%B6%B3%E5%AF%84%E5%A0%B4
◇*3HP「コラムその意気や、壮!」
http://tkc.jp/kaze/backnum2004/0401/koramu.html

ぬけられます→歴史雑学クイズ一覧

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

alameda1313
2013年11月06日 08:57
初めて知りました。素晴らしい史実です。
alameda1313様<素町人
2013年11月06日 14:56
コメントをありがとうございます。

 どこかの国の真似というのではなく、自分の脳味噌で考えた施設というのが素晴らしいですね。
(^^;)

この記事へのトラックバック

  • 佃煮の日。落語「佃祭」にも登場する渡し舟はいつごろ終わったの?

    Excerpt: ●●●●●★歴史★● 問題:本日は佃煮の日だそうです。平成16年(2004年)に制定されたごく新米の記念日らしい。佃煮の日の由来は佃島(現在の町の名前としては月島?)の住吉神社に関係があるらしい。江.. Weblog: 町人思案橋・クイズ集 racked: 2009-06-29 07:54
  • 江戸の三大火事の1つ、目黒行人坂の火事は女犯の修行僧による放火なの?

    Excerpt: ●●●●●★歴史★● 問題:本日の日本語クイズでは温度の低い熟語・漢字の読み問題でした。歴史クイズでは、温度の高い事象について、火事を取り上げます。 ■江戸時代の江戸は火事ばやい土地だったらしい。.. Weblog: 町人思案橋・クイズ集 racked: 2009-08-17 07:25
  • 江戸時代の盗賊、五大小僧。畳の上で死ねたのは誰なの?

    Excerpt: ●●●●●★歴史★● 問題:こそ泥という言葉がありますね。「こそこそ盗む」ことに由来する言葉、という説があります。別にもう1つ、「小僧泥棒」がなまった言葉、という説もあるらしい。 ■江戸時代にはた.. Weblog: 町人思案橋・クイズ集 racked: 2015-08-01 09:08
  • 本所の津軽屋敷が嫌われたのはなぜなの?

    Excerpt: ●●●●●★歴史★● 問題:本所(ほんじょ、東京都墨田区)に過ぎたるものが2つあり、津軽屋敷に炭屋塩原。そんな俗謡があるらしい*2。 ■炭屋塩原は、落語や講談、歌舞伎などで知られる塩原太助ですね。.. Weblog: 町人思案橋・クイズ集 racked: 2016-03-23 08:27